就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが寝るときのエアコンはどう使う?快適な睡眠環境の整え方

赤ちゃんが寝るときのエアコンはどう使う?快適な睡眠環境の整え方

エアコンの掃除をこまめにしよう

エアコンの掃除はこまめにおこないましょう。エアコンのフィルターが汚れていたり、カビが生えていたりすると、エアコンを使用することにより空気中に汚れやカビをばらまいてしまうことになります。

特に抵抗力の弱い赤ちゃんにとっては、ハウスダストやほこりによって、アレルギーを引き起こしてしまったり喘息になってしまったりする可能性もあります。またエアコンが汚れていると、エアコンの効きも悪くなってしまい、余計な電気代がかかってしまうこともあります。

こまめにエアコンの掃除をし、あまりにも汚い場合には一度業者に掃除を依頼することも検討するのもよいですね。最近では自動清掃機能付きのエアコンも発売されているので、家のエアコンも自動清掃機能がないか確認してみましょう。

乾燥対策をとりましょう

特にエアコンの暖房機能を使用すると、気になるのは室内の乾燥ですよね。冬場は乾燥しやすい季節でもあり、その上エアコンを使用すると室内の湿度はさらに下がってしまいます。

赤ちゃんにとって最適な湿度は、40%〜60%程度といわれています。加湿器をお持ちの方は、部屋の湿度を保つように加湿器を使用しましょう。加湿器がなくても、赤ちゃんの枕元に濡れタオルを置いたり、濡れた洗濯物を部屋に干すだけでも簡単に乾燥対策ができます。

室内が乾燥していると、お肌が乾燥するだけでなく、喉を痛めてしまったりインフルエンザなどのウイルスに感染してしまったりする可能性が高くなってしまいます。特に赤ちゃんは病気などのウイルスの感染が心配なので、しっかりと乾燥対策をおこないましょう。

まとめ

赤ちゃんが快適に眠ることができるように、就寝時にもうまくエアコンを活用するとよいでしょう。しかしエアコンを使用する場合には、毎朝しっかりと換気をおこなったりフィルターの掃除をこまめにしたりするようにしましょうね。

また就寝時の赤ちゃんの服装にも気を配り、赤ちゃんが冷えすぎてしまわないように気をつけましょう。

冷房であっても暖房であっても、エアコンを使用するときには部屋の温度と湿度をこまめに確認し、赤ちゃんにとって快適な環境になるように整えてあげるとよいですね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND