就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

おむつゴミ箱をしっかり消臭!ママたちおすすめの消臭剤や消臭対策

おむつゴミ箱をしっかり消臭!ママたちおすすめの消臭剤や消臭対策

毎日、大量に出るゴミの一つにおむつがありますよね。おむつの臭いが気になるので、どういう処分方法がよいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。おむつを捨てるにはどういうゴミ箱があるのか、臭いを減らすおむつの捨て方はどうしたらよいのか、消臭剤にはどういうものがあるのかについて調べてみました。

おむつ用のゴミ箱はどんなものがあるの?

専用カートリッジで使用する専用のゴミ箱

おむつ専用のゴミ箱ともいえるもので、コンビの「ポイテック」や「スマートポイ」、アップリカの「におわなくてポイ」などがあります。ゴミ箱本体に専用カートリッジを取り付ける必要があるので、一般的なゴミ袋などを使うことはできません。

一番大きなメリットは消臭や抗菌の効果が高く、臭い漏れが少ないことです。専用カートリッジを使うゴミ箱には、おむつをそのまま入れるタイプと、おむつを入れたあと回転レバーを回すものとがあります。回転レバーがあるタイプは、おむつを一つずつくるむので、より高い消臭効果がありますよ。

しかし、カートリッジがなくなるたびに専用品を購入する必要があるので、ランニングコストが高くなってしまうというデメリットがあります。

市販の袋で使用する専用のゴミ箱

一般的なゴミ袋を利用するゴミ箱は、専用カートリッジが必要ないので家計に優しいのがメリットです。ピジョンの「らくらくおむつポットン片手でポイ」、アスベルの「おむつ用プッシュペール」などがあります。

デザインがおしゃれなものもあり、おむつを使わなくなったあとも、普通のゴミ箱としても使うことが可能です。一般的なゴミ袋を使っているので、ゴミ捨てのときに手軽なことも魅力の一つですね。

ただし、ゴミ箱のふたを開けたときやゴミ袋を捨てるときなど、臭いが気になるというデメリットがあります。なかには消臭剤を入れることができるポケットがついたものや、密閉性の高いゴムが使われたものなど、独自の対策がとられていますよ。

生ごみ用のフタつきバケツで代用

おむつ用のゴミ箱は使わずに、生ゴミ用のゴミ箱を使う方法もあります。デザインやサイズも豊富で、インターネット通販でもたくさんの商品を見ることが可能です。ホームセンターでも取り扱いがある商品になるので、近くに赤ちゃん用品店がない場合などでも、手に取って実物を見やすいのもよいですね。

ふたを開けている時間が短くなるように、ワンプッシュ式やペダル式のものもあります。ゴミ袋も脱着しやすいような工夫がされていますよ。

ゴミ箱本体のお手入れがしやすいように、内側を取り出して洗えるようになっていたり、パッキンやふたが取り外しやすくなっていたりするものもあります。ゴミ箱用の消臭剤を一緒に使用することで、より臭いが気にならなくなりますよ。

臭いを軽減できるおむつの捨て方

取れそうなものはトイレに流そう

少しでも臭いを軽減させる方法の一つが、うんちはトイレに流してからおむつを捨てることです。少し手間はかかりますが、うんちをトイレに流さないときに比べて臭いは軽減します。

生まれてからしばらくはゆるめのうんちなので、トイレに流すのは難しいですが、離乳食が始まるとうんちの臭いも少しずつ大人と同じ臭いになっていきます。少しまとまったうんちになってきたときは、トイレに流すようにしましょう。

子どもと一緒にトイレへ行き、「うんちはトイレでするんだよ」と教えることが、トイレトレーニングの一つにもなりますよ。紙おむつのパッケージにもうんちを流すことが書かれていますし、お住まいの自治体からうんちは流すように回覧が回ってくるところもあるようです。

ビニール袋や新聞でしっかりくるむ

紙おむつを新聞紙でくるんだり、ビニール袋に入れて密封したりすることで臭いを抑える方法もあります。捨てる前にひと手間必要ですが、自宅にあるものを利用することができますね。

新聞紙には消臭効果があります。新聞紙だけでも消臭効果はありますが、新聞紙にくるんだうえで、ビニール袋にいれるとより効果がありますよ。ビニール袋に空気が入っていると、ゴミ収集のときに袋が破れてしまう可能性があるので、しっかり空気は抜くようにしましょう。

新聞紙が自宅にない場合は、食品用ラップを使う方法もあります。原材料がポリ塩化ビニリデンの食品用ラップは目がこまかいので、臭いのつぶを通しませんよ。食品用ラップだとおむつをぴっちりくるむこともできますね。

ゴミ箱自身もしっかり消臭

とくにプラスチック製のゴミ箱は臭いが移りやすく、なかなか染みついた臭いを取ることができません。定期的にゴミ箱の洗浄をおこないましょう。

水洗いだけでは臭いが取れない場合は、重曹を使ってみてください。重曹はアルカリ性なので、酸性のうんちの臭いにはぴったりです。重曹をゴミ箱に入れお湯を注ぎ、30~60分ほどそのままにします。時間が経ったら水を捨て、一度水洗いをしてから天日干ししましょう。

おむつをまとめて捨てるときに、200mlのお湯に小さじ1の重曹を溶かした重曹スプレーを作っておき、中にスプレーをしてから拭き取るのもおすすめです。重曹のほかに、クエン酸や塩素系漂白剤も漬け置き洗いには利用できますよ。

おすすめの消臭剤をつかってしっかり消臭

消臭効果のあるゴミ袋

「おむつが臭わない袋BOS」は圧倒的な防臭力が特徴です。うんちのついたおむつを入れてから7日経っても、80%以上の人がにおわないと回答したデータもあります。元々医療用向けとして開発された商品で、2012年に完成しました。色付きの袋なので中身が見えにくい配慮もされています。

ポリエチレン袋の加工メーカーが開発した「ウィズベビー」は、ティッシュ感覚で袋を取り出すことができるのでお出かけに重宝します。通常タイプはヘッダーが付いているのでフックに引っ掛けておけますし、携帯タイプはマチ付きになっていますよ。

消臭効果だけでなく抗菌効果があるものも多いので、自宅での利用はもちろん、外出先でおむつを捨てることができない場合などにとても便利ですね。

ゴミ箱に貼るタイプの消臭剤

専用カートリッジを使うおむつ用のゴミ箱を使わない場合、ゴミ箱に消臭剤を貼ることで消臭効果を高めることができます。おむつ専用の消臭剤もありますが、生ゴミなどのより臭いの強いものに対応できる消臭剤を使ってみるのもよいでしょう。

ふたの裏に貼ったりして固定するタイプは、効果を実感しやすく、上から下に向かって消臭するのでゴミ箱を開けたときの臭いを直接消すことができます。一度貼ればしばらくそのままにしておけるので、とても手軽です。

シールの粘着力が弱まるとゴミ箱の中に落ちてしまうことがあります。心配なときは強力な両面テープなどを利用するとよいですよ。また効果が薄れてしまうのが早いというデメリットもあります。

スプレータイプの消臭剤

貼るタイプの消臭剤を利用していても、臭いが気になることもあります。そんなときは臭いに直接噴射するスプレータイプを利用してみましょう。

スプレーをするだけなので、とても手軽です。効果も高く即効性があり、臭いの強さによって使う頻度や量を加減できます。スプレータイプにはさまざまな香りがついたものがあるので、好きな香りのものを選ぶことも可能です。

貼るタイプに比べて効果の持続性は短いです。数日効果が持続する商品もありますが、旅行などで長期不在にするときは注意が必要です。また香りが強く不快に感じる場合もあります。香りが心配な場合は無香料のものを選ぶと安心です。スプレータイプは一時的な対策と考えておくとよいですよ。

まとめ

臭いが気にならないおむつの処理の仕方にはいろいろな方法があります。ゴミ箱の置き場所も、家の間取りやそれぞれの家庭の生活パターンによって違ってきます。それによって、どういうタイプのゴミ箱が合っているのかも変わってくるので、パパとママでよく相談して選んでくださいね。

新聞紙やビニール袋など、自宅にあるもので消臭対策をすることもできます。臭いが気になるときはぜひ試してみてください。消臭剤も上手に利用することで、うんちの臭いも抑えることができますよ。 

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018