就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもは車を汚すことが仕事!車内の汚れの防ぎ方や掃除の方法

子どもは車を汚すことが仕事!車内の汚れの防ぎ方や掃除の方法

移動や送迎、買い出しなど子育て中は車があると便利ですよね。でも小さな子どもを乗せると、すぐに車内が汚れてしまうという悩みもつきものです。毎日掃除できないからこそ、汚れの防止方法や掃除の仕方に悩むママも多いと思います。今回は今日からできる車内の汚れの防ぎ方や人気グッズ、車内の掃除の方法をご紹介します。

子どもが車を汚すのを防ぐ方法は?

防水シートカバー、フロアマットを使う

子どもを乗せていると車の中がすぐに汚れてしまう、こんな悩みはありませんか?

車の中の掃除は意外と大変で、細いすき間や凹凸があるので掃除機がけも一苦労してしまいますよね。お部屋の掃除のように毎日掃除することができないので、どうしても汚れが溜まってしまうこともあります。

お菓子のカスが散らばっていたり、飲み物をこぼしてしまって対処に困ったりすることもありますよね。車の中をできるだけ汚したくない、掃除を楽にしたいと思うなら事前に汚れを防ぐ対策をしておくのがおすすめです。

簡単な方法としては、車用の防水シートカバーやフロアマットを使用することです。車のシートに合うタイプを用意すれば見た目もキレイですし、汚れの対処もしやすくなりますよ。

車内で飲食をしないようにする

「車内の汚れや臭いが気になる」と感じたことはありませんか?

子どもが少し大きくなると車内で飲食をすることも増えてきます。乗車中に静かに過ごせるようにお菓子やジュースを与えることもあれば、中~長距離の移動中に車内で軽食をとることもありますよね。そうした飲食物をこぼしてしまうのも、子どもであればよくあることですが、その汚れが車内の汚れや臭いの原因になってしまいます。

汚れや臭いが気になるなら、できるだけ車内での飲食はしないようにするのも汚れを防ぐ方法の一つです。出かける前に軽食をとる、移動の合間にお店で食事をするなどの対策をしてみましょう。

どうしてもお菓子が必要なときにはスナック菓子は避け、ラムネなどの一口サイズのお菓子を用意するのもよいですね。

靴底の泥や砂を落とすか土足厳禁にする

飲食物の汚れ以外に、車内の汚れで気になるのが泥や砂の汚れではないでしょうか。

子どもを乗せているとフロアマットに泥が付着してしまう、繊維のすき間に細かな砂が入り込んでしまって汚れが取り切れなくなることもあります。

そして意外と多いのが、前の座席の後側に靴の汚れが付着してしまうこと。子どもは前の座席の後に足を当てることがあるので、気が付くと汚してしまっていることもありますね。

こうしたマットやシート、前の座席の後の汚れは、乗車前に靴底の泥や砂をしっかり落とすことで汚れを大幅に軽減できます。また土足禁止にするとほぼ汚れがつかなくなりますよ。

土足禁止にすることで、足元にも荷物を置けるようになる、子どももリラックスできるというメリットもあります。

汚れ防止や除去に役だつグッズ3選

セリアのシートバックプロテクター

車の汚れを防止するために、便利なグッズを使用してみるのもおすすめです。

汚れ防止グッズというと少々高いイメージがありますが、最近では100円ショップでも車用品の展開が増えています。ちょっと試してみたいという場合にも手軽に購入できるのでぜひ活用してみましょう。

100円グッズの中でも優秀だとして人気があるのが、セリアのシートバックプロテクターという商品です。子どもが前席の後側に足を当てたときに付着する汚れを防止できます。

取り付けも簡単で、シートの後側にプロテクターをセットし、シートの前側に紐を回して結ぶだけです。前席の背面と座面の境目、ヘッドレスト部分の2カ所を紐で固定できるのでずれにくくなっています。汚れがついたら拭き取るか、外して洗えますよ。

充電式ウエット&ドライハンディクリーナー

汚れがちな車内はできるだけ小まめに掃除するのが理想的。そのためにはハンディクリーナーがあるとサッと掃除をできて便利です。

子どもを乗せるファミリーカーでは、飲みこぼしや食べこぼしが汚れの主な原因なので、できれば固形物だけでなく液体の吸引もできるクリーナーが理想的です。

液体を吸引できる・パワーもそこそこ強い・コードレスなど、さまざまな機能を求めると高額な商品になりがちなハンディクリーナーですが、「フカイ工業・充電式ウエット&ドライハンディクリーナーFC-830」は2,500円以下で購入でき、低価格なのにお値段以上としてファミリー層に人気です。

500円玉も余裕で吸引できるパワーがあり、車内でも扱いやすいコードレスタイプで、液体も吸引できます。

水で簡単に洗える 車のフロアマット

ファミリーカーの車内の汚れというと、後部座席周りに集中していますよね。中でもフロアシートについてしまう汚れは、靴底の砂や食べこぼしがマットに付着する、雨の日に靴底の水分が付着して臭ってしまうなど悩みの種にもなりがちです。

こうした汚れを少しでも楽に掃除するために、フロアマットやシートの購入を検討している方や買い替えを検討している方には、継ぎ目のないロングタイプのフロアマットがおすすめです。

「ボンフォーム 防水バケットマット2列目用ロング」は、40×125cmで後部フロアを継ぎ目なくカバーし、ポリ塩化ビニル樹脂なので汚れの染み込みもなく、汚れの拭き取りも水洗いもできるので簡単に掃除ができます。裏面には滑り止め加工もあるのでずれにくくなっています。

子どもが車を汚した!掃除の仕方やコツは?

基本を知ろう!車内の掃除の仕方

車内の掃除はガソリンスタンドや洗車専門店で定期的に頼んでいるご家庭も多いのではないでしょうか。自分である程度の掃除を済ませて置けば、車内清掃の期間も伸ばせて節約にもなります。基本的な車内の掃除の仕方を覚えておきましょう。

子どもを乗せると汚れやすいマットは、定期的に布団たたきでホコリやゴミを払いましょう。湿っている場合には、できるだけ早く干して乾燥させます。

シートの食べカスなどの汚れは、まめに掃除機をかける、または粘着クリーナーを使用すると清潔が保てます。背面外面のすき間には粘着シートを折り、指で押し込むようにするとホコリやゴミがよく取れます。

指紋や汚れで曇ったガラスは、アクリル繊維の眼鏡ふきシートを使って磨くと簡単に汚れと曇りがとれますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC