就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが見る動画を制限できる「YouTube Kids」とは

子どもが見る動画を制限できる「YouTube Kids」とは

YouTubeを子どもと楽しむためには

タイマーを過信せずに時間の制限を

YouTubeを見過ぎてしまうことを防ぐタイマー機能には、アプリを再起動するとタイマー設定がリセットされてしまうという抜け道が存在します。まだ見られるということは設定した時間を過ぎてはいないだろう、と思わずにどのくらいの時間視聴しているのかは把握しておいた方が安心です。

また、小さい子どもはYouTubeに夢中になりやすいですが同様にママやパパと遊ぶことも大好きです。家事の間、1時間くらいYouTubeを見ていてもらおうかなと思った場合でも、予定より早く家事が終わり子どもと遊ぶ時間ができたときにはたまには「YouTubeはおしまいにして一緒に遊ぼう」と声をかけてみてはいかがでしょうか。喜んでYouTubeを手放し、遊び始めるかもしれませんよ。

見ている動画を把握して適切なものを選ぼう

YouTube Kidsは子ども向けの動画しか配信されないから、と安心していても実はフィルタリングをすり抜けた不適切な動画が配信されていることがあります。

始まりは人気のキャラクターの動画と思いきや、話が進むにつれて暴力的、性的な内容の動画になっていることがあります。このような動画は「エルサゲート」と呼ばれ、YouTube Kidsのフィルタリングをすり抜けて配信されてしまうことがあります。

気づかないうちにこのような不適切な動画を見てしまうことがないように、定期的に視聴履歴を確認したりテレビで視聴するようにしたりと、子どもが見ている動画は把握しておきましょう。万が一不適切な動画を見つけた場合はブロック機能を使えば以後表示されなくなります。

動画を通して一緒に勉強や遊びを楽しもう

子どもにYouTubeで動画を見せることについて、子どもに悪影響ではないかと抵抗を感じるママもいるのではないでしょうか。確かに、1日中ずっとYouTubeで動画を見せ続けるとなると、よくはないかもしれません。

しかし、視聴時間や視聴内容をパパやママがしっかりと把握しうまく付き合うことができれば、動画を通してたくさんのことを学ぶことができます。例えば、童謡や英語の歌を聞いてたくさんの新しい歌を覚えることもできます。自然や科学についても楽しく学ぶきっかけになったり、生活のルールを学んだりすることもできます。

楽しみながら様々なことを学ぶ機会として、ときにはママが家事をする時間を確保するための手段としても前向きに付き合っていきましょう。

まとめ

子ども向け動画配信アプリ「YouTube Kids」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

YouTubeアプリにはないタイマー機能やブロック機能を活用することで、YouTubeで動画を見せるにあたってママたちが頭を悩ませがちな視聴時間や動画内容の問題の解決を手助けすることになります。

テレビやYouTubeなどの動画配信サイトの存在が身近な存在となり、避けることが難しくなっている今だからこそ、上手に付き合っていきたいものですね。
28 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND