就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの寝汗がすごい量!少しでも快適に寝てもらう方法

赤ちゃんの寝汗がすごい量!少しでも快適に寝てもらう方法

赤ちゃんは大人に比べて、寝ているときでもたくさんの汗をかきます。ときには頭が水をかぶったようにびっしょりしていることも。なぜ赤ちゃんは大量に汗をかくのでしょうか?また、赤ちゃんが快適に寝るにはどうしたらよいのでしょうか?汗をかく理由や具体的な対策をご紹介します。

赤ちゃんは大人よりもたくさんの汗をかく

どうして赤ちゃんはたくさん汗をかくの?

赤ちゃんは汗っかきです。どうして大人よりも汗をかくのか、主な理由は二つあります。

一つ目は汗腺の密度。じつは赤ちゃんと大人は、汗腺の数がほぼ同じです。ただ、体の大きさが違います。皮膚の面積を比べると、赤ちゃんは大人の1/6程しかないのです。

このように、小さな表面積に対して大人と同じ数の汗腺があるため、赤ちゃんは大人より汗腺の密度が高いのです。密度が高いと、例えば大人と同じ量の汗をかいたとしても表面積に対して大人よりたくさんかいたように見えます。

二つ目は、体温調節機能の未熟さです。体温調節機能が未発達な赤ちゃんは、汗をかくことで体温を調整しています。暑さを感じると大量の汗をかいて、体の表面温度を下げようとするのです。

赤ちゃんの頭は睡眠時に一番寝汗をかく

眠っている赤ちゃんが、驚くほど頭に汗をかいていることがあります。少し心配になりますが、赤ちゃんは頭に汗をかきやすいもの。熱がなく、嘔吐などの異常がなければ大丈夫です。

頭でなくても眠るときに汗をかきやすい赤ちゃん。それは赤ちゃんの体温が、眠るときに下がるためなのです。

人間は、眠るとき体温を下げて代謝を低下させます。赤ちゃんも眠るときに体温を下げるのですが、体温調節が未発達なため下げた体温を上げようとして汗をかいてしまうのです。

さらに頭は、起きていても眠っているときでも赤ちゃんがとくに汗をかきやすい場所です。頭に汗をかきやすいのは、赤ちゃんの頭の温度がほかよりも高めで、頭皮に血流がたくさん流れているからです。

汗による寝冷えに気を付けよう

赤ちゃんはよく眠ります。眠っているときたくさんの寝汗もかきますが、寝汗を放っておくと、汗が冷えて寝冷えをする恐れがあります。冷えると免疫が弱まって風邪をひきやすくなるので、赤ちゃんが眠っているときは頭や背中の寝汗に注意してあげてください。

寝冷え対策は、まず大量に汗をかかせないことが大切です。必要以上に服を着ていると、暑くて汗をかいてしまいます。赤ちゃんは体温が高いので、大人より1枚少なめくらいでちょうどよいです。

また眠っているときにかく汗を放っておかないよう、赤ちゃんを観察してあげてください。汗をかいていたら着替えさせたり、頭皮であれば柔らかいガーゼなどでふいてあげたりすると寝冷え防止になります。

季節ごとに睡眠時のスタイルを考えよう

寒暖差がある春秋のパジャマや布団の選び方

赤ちゃんの眠るときの服装で大切なのが、お腹を冷やさないこと。特に春と秋は日によって寒暖の差が激しいので、お腹周りを守りつつ、服装や布団で調整してあげます。

服装の基本は長袖のパジャマ。お腹を出さないためには腹巻タイプや、ボタンでパジャマの上下を繋ぐタイプが便利です。月齢が低い赤ちゃんなら、おむつ替えのしやすいカバーオールの長袖タイプがおすすめです。寒い日にはパジャマの内側にロンパースなどの肌着を着せて調節します。

布団は基本、夏布団を1枚用意してください。肌寒い日には夏布団にガーゼケットやブランケットを足して暖かくします。逆に暑い日にはガーゼケットやブランケットだけをかけてあげてください。

暑い夏のパジャマや布団の選び方

夏は汗の対策が重要です。そのためパジャマの生地は、汗をしっかり吸収して通気性のよいものをおすすめします。例えば天竺素材やガーゼなどです。

過ごしやすい初夏や晩夏では、肌着にロンパースを着せた上に、夏用の半そでパジャマを着用します。夏でもお腹を冷やさないほうがよいので、腹巻タイプなどのお腹が出ないパジャマやロンパースを着せると安心です。

寝具は、夏の暑いときは布団を蹴ってしまう可能性が高いので、吸収性のよいタオルケットやバスタオルなどをお腹にかける程度で充分です。

敷布団の選び方も大切です。ガーゼ生地やイグサシーツなど、熱のこもらない通気性のよい敷布団カバーなら、赤ちゃんが快適に眠るお手伝いができますよ。

寒い冬のパジャマや布団の選び方

寒い冬、赤ちゃんにはつい厚着をさせてしまいがちです。体が小さいため大人よりもたくさん着せてあげたくなりますが、厚着をすると赤ちゃんは大量に汗をかいてしまいます。

冬の赤ちゃんのパジャマには、肌着(ロンパースなど)の上に長袖パジャマ、またはロンパースがおすすめです。パジャマはお腹が出ないものを選んでください。パジャマの生地は保湿性の高いもので、スムース生地やキルティングが人気です。

布団はあまり暖かいと、寝ている間に蹴り飛ばす可能性があります。しかし室温が低くて薄手の布団では寒くて風邪をひいてしまうので、この時期の赤ちゃんにはスリーパーがおすすめです。羽毛やソフトボア、フリースなら軽くて暖かいですよ。

パジャマや布団以外の寝汗対策ポイント

室内温度を適温にして快適な睡眠に

赤ちゃんの快適な睡眠には室温管理も大切です。快適に眠るための室内温度は夏場で26~28℃、冬場は20~23℃、また適湿は年間通して約60%です。温湿度計を利用して快適な環境をキープしてあげましょう。

室内温度を快適に保つために、エアコンや扇風機、また冬場は加湿器などの家電製品を上手に利用してください。エアコンや扇風機などの風は直接赤ちゃんに当たらないように気を付けましょう。

またお昼寝をするときは室内の窓辺にも注意が必要です。いくら室温に気を配っても、赤ちゃんに太陽が当たる日向で寝かせていては体温が上がって汗をかいてしまいます。カーテンで直射日光から守ったり、赤ちゃんを日光の当たらない場所で眠らせてあげてください。

汗取りパッドを合わせて活用してみる

ぐっすり眠った赤ちゃんがたくさんの寝汗をかいていたら着替えさせないといけません。するとせっかく眠っている赤ちゃんを起こさなくてはいけないハメになってしまいます。

眠っている赤ちゃんを汗のせいで起こさないためには、汗対策が大切です。そこで汗対策に便利なグッズ、「汗取りパッド」を紹介します。

使い方は簡単で、汗取りパッドを素肌と肌着(ロンパースなど)の間に差し込むだけ。赤ちゃんが寝汗をかいても、汗取りパッドが吸収してくれます。あとは汗を吸収した汗取りパッドを、眠っている赤ちゃんの背中から引き抜くだけ。

ガーゼでも代用できますが、より汗を吸いやすく肌触りがよく、さらに背中に挟みやすい形状をしています。何枚か持っていると便利です。

真夏で寝苦しいときにはアイスノンを活用

真夏の夜、近年は熱帯夜になることも増えました。気温も湿度も高い夜にはやはりエアコンを使ってほしいのですが、「なるべくエアコンを使用したくない」という人にはアイスノンの活用をおすすめします。

活用するといっても、直接アイスノンを肌に当てて冷やすわけではありません。大人がするようなアイスノンをタオルに巻いて首を冷やす行為は、赤ちゃんにとって不快です。

赤ちゃんにアイスノンを活用する方法は、アイスノンの冷気を利用します。アイスノンをタオルなどで包んで赤ちゃんの寝ている側へ置き、周囲の温度を下げるのです。

アイスノンに扇風機を当てて赤ちゃんに冷気を送る方法も効果的です。脱水症予防のために、眠ったら扇風機を止めてくださいね。

まとめ

赤ちゃんが汗をかきやすいのは、汗腺の密度や未発達な体温調節機能が原因です。頭などにびっくりするほど汗をかいていても、機嫌がよかったり熱などなければ病気の心配はしなくて大丈夫です。

ただ、大量の汗をかいたまま放っておくと、体が冷えて風邪をひきやすくなります。汗をかいたら着替えるようにしましょう。

また赤ちゃんは眠っているときも汗をかきやすいです。就寝時にはパジャマや布団、また対策グッズを活用して、寝汗をかきすぎないよう快適な睡眠環境を整えてあげてください。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018