就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもを怒るママを卒業しよう!イライラしない子育てのコツ

子どもを怒るママを卒業しよう!イライラしない子育てのコツ

育児をしていると、子どもの言動や行動にイライラして怒ってしまうということは、多くのママが経験したことがあるのではないでしょうか?子どもを怒ったことを後で振り返り、自己嫌悪におちいるという負のスパイラルから抜け出すために、イライラしない子育てのコツをご紹介します。

ママが日常的に怒る理由と子どもへの影響

ママが怒ってしまう三つの理由

ママがイライラして感情的に怒ってしまうのには大きく分けて三つの理由があるといわれています。一つ目は子どもが自分の期待に反する行動や言動を行うため。二つ目は自分が被害者であるという意識。三つ目は自分が計画していた予定が狂うためです。

例えば、子どもが飲み物をコップに注ごうとしたとき、つまずいてこぼしたとしましょう。子どもは注意していても失敗することがあり、ついママはかっとなって「何やっているの!」と怒ってしまうことがあるかもしれません。

これは、一つ目の「子どもは細心の注意をして行うだろう」という自分の期待に反した行動をとり、飲み物を拭いたりすることで二つ目の被害者意識を感じ、三つ目の「飲み物をこぼさず注ぐ」という予定が狂ったからといえるのです。

怒りの裏に隠れている本音に気付こう

怒りの感情には思い通りにいかなかったから怒っているということだけではなく、その背景や裏側に隠れている本音があるかもしれません。なかなかその本音には自分でも気づいていないことが多いものです。

怒っていたり、イライラしたりている裏側には、育児や家事の忙しさによる睡眠不足や疲れはないでしょうか。社会から孤立しているような不安や孤独感はないでしょうか。

自分が感じていないつもりでも、そういった怒りの裏側にある本音が隠れている可能性があります。隠れた自身の本音に気づくことで怒りの根源を知ることができるかもしれません。

疲れているときによく休むことができれば、子どもにも優しく接することができるものです。隠れた本音を自問自答してみましょう。

子どもの自己肯定感が低くなる

頻繁にママに怒られていると、子どもにも悪影響が及ぶ可能性があります。子どもがママの顔色をうかがって行動するようになってきたら注意のサインです。

子どもは親から100%の愛情を感じ、自分が必要とされている、大事にされているという自己肯定感に包まれて成長するのが望ましいものです。自己肯定感を持つことで、周りに対して優しく接することができるのです。

ママから頻繁に怒られていると子どもの自己肯定感が低くなってしまうかもしれません。「自分はママから必要とされていない」「自分はいなくてもよいんだ」という気持ちになると、突然キレやすくなるなど、感情のコントロールが効かない子どもとなってしまうことがあるのです。

叱ると怒るの違いは似ているが違うこと

叱ると怒るの根本的な違いを知ろう

「叱る」と「怒る」は一見似ていますが、似て非なるもので根本的な違いがあります。根本的な違いを知ることで、自身が子どもにかけてきた言動は「叱る」だったのか、「怒る」だったのかを確認してみましょう。

「叱る」は相手の間違いや言動を注意して、正しく直したりよい方法を教えたりすることです。「怒る」は自身の怒りの感情を外に発散しぶつけることです。

子どもが室内でボール遊びをしてお皿を割ってしまったとしましょう。「叱る」は「家の中でのボール遊びは、ものにぶつかって危ないからもうしちゃだめだよ」と理由を説明し、諭すことです。

「怒る」は「なんで家の中でボール遊びをしたの!ふざけないでよ!」と怒鳴ることです。怒鳴られても何が悪いのかが子どもには分からないのです。

感情的に怒った後のフォローは?

ママと子どもがずっと一緒にいれば、ママは感情的に怒らないように気を付けていても、どうしても怒ってしまうことはあるものです。傷つけるような言葉をいってしまったり、手が出てしまうこともあるかもしれません。大切なのは怒ってしまった後のフォローなのです。

ママは冷静になってきたら、正直にママの気持ちを話してあげましょう。どこがママは嫌だったのか、なぜ怒ったのかを説明し、きつく怒りすぎたのであれば素直に謝ってもよいのです。そして、ぎゅっと抱きしめてあげましょう。

子どもはママの感情を知り謝られたら、大好きなママなのできっと素直に聞き入れてくれるはずです。ぎゅっと抱きしめられてママの体温を感じることで、子どもも安心できるはずですよ。

子どもを上手に叱るポイント

子どもの叱り方にもコツがあります。子どもが同じ失敗を繰り返さないようにするよう、上手に叱るポイントをご紹介したいと思います。

まず、その場ですぐに注意すること。後で叱っても子どもには伝わりませんので、何か危ないことをしたときなどは、リアルタイムで注意しましょう。

そして、長い時間をかけて注意しても子どもは何に叱られているのか分からなくなってきます。端的に要点を絞って叱ることが大切です。

叱るときには怒鳴ったり大きな声を出したりするよりも、普段と違う低めのトーンで冷静に話した方が効果があります。いつもと違うママの声に、子どもも言葉をかみしめるはずです。

最後に子どもの気持ちも聞いてください。一方的になりすぎないようにするのもポイントですよ。

怒らない、イライラしない子育てのコツは?

怒りをコントロールする方法を試そう

アンガーマネジメントという言葉もあるように、怒りをコントロールする色々な方法があります。自分の心はほかの誰のものでもありません。自分の心ですので自分でコントロールできるはず。怒りのコントロール方法を色々と試して、自分に合った方法を探してみましょう。

怒りの感情が込み上げてきたときには、瞬間的に言葉や態度が出てしまうものです。その怒りの感情が出てきたときに、時間を置くのも方法の一つです。その場を少し離れたり、10秒数えたりして少し時間をあけることで、怒りの感情が鎮まることが認められています。

また、怒っている自分自身を第三者として一歩引いて客観的に見るように考えると、だんだん冷静さを取り戻すことができますよ。

小さなことでも子どもができることを認める

子どもが自分の計画を狂わす行動をすると、子どもの過去の行動までも含めて悪い部分をついつい見てしまいがちです。いつも悪い部分ではなく良い部分を見るようにして、小さなことでも子どもができることを認めましょう。

例えば、片づけを普段なかなか行わなくても、片付けをしてくれたときには「今日はいわれたらすぐ片付けができてえらいね」とほめてください。ご飯を残しがちな子どもがきれいに食べたときには「残さず全部ごはんを食べてえらいね」と認めて、ほめるのです。

できないことを怒り続けてもなかなか改善はできません。できないときには「次はできるようにしよう」できたときに「えらいね」と認めると、うれしくなって子どもは継続するようになるものですよ。

完璧な育児を目指さず、ママは笑顔で!

育児に家事にママは毎日大忙しです。すべてをうまく完璧にこなそうとするママほど怒りやすくなる傾向があります。それは、育児では思い通りにならないことがたくさんあるからです。

段取りを考えて効率的に家事を行いたいのに、子どもがぐずったり、色々な要望をしてきたり、思い通りに家事ができないことはママなら誰しも経験してきたことではないでしょうか。「今忙しいから後でね」といったら、「今がいい」とぐずられて、つい怒ってしまうなどということも。

逆に育児は思い通りにいかないもの、予定通りにいかなくて当たり前だと思っておいたほうが、気が楽になるものです。完璧を目指さず、気楽に育児や家事をやっていると笑顔でいられるものです。ママが笑顔なら子どもも笑顔になりますよ。

まとめ

計画を立てて思い通りにいかないと人はイライラしてくるものです。育児は思い通りにならないことがたくさん起こりますので、それが怒りの原因となることが非常に多いのです。

「思い通りにいかなくて当たり前」と考えていると気楽にいられるものです。怒りの感情をうまくコントロールできるように、まずは色々な工夫をしてみましょう。

怒りの感情をコントロールできたら、子どもを注意するときは「叱る」という言葉の意味を思い出してみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018