就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

「ママ怒るから嫌い」いわれて傷つく。子どもの成長の証と親の対処法

「ママ怒るから嫌い」いわれて傷つく。子どもの成長の証と親の対処法

子どもに「ママ怒るから嫌い」といわれ傷ついた経験はありませんか?何度も「ママ嫌い」といわれてショックで「どうしてそんなこというの?」と怒りたくないのに怒ってしまい、悪循環におちいる方も少なくないと思います。今回は「ママ嫌い」という言葉から見えてくる子どもとママの気持ちの両方をまとめてみました。

かなり傷つく子どもの「ママ嫌い」の言葉

子どもの言葉で凹んだり子育てに不安になる

「ママ嫌い!」といわれてしまうと、胸になにか刺さったような衝撃を受けるほど傷ついてしまいますよね。

最初は嫌いといわれても、「どうしてそんなこというの?」や「ママは〇〇ちゃんのこと大好きだよ」と答えられるのですが、何度も何度もいわれると、段々と辛くなってきます。

「嫌いなんていわないで!」と怒ってしまったり「じゃあママも〇〇ちゃんのこと嫌い」と大人げない返しをしてしまったりして、後悔する方もいるのではないでしょうか。

嫌いという言葉は否定、拒絶の言葉ですからいわれる方は辛いですよね。「どうして嫌いっていうの?」と悩み、「もしかして今までの育児は間違っていたの?」と不安になり、思わず涙がこぼれてしまうこともあるかと思います。

子どももママを試している「ためし行動」

なぜ、子どもは大好きなはずのママを嫌いといってしまうのでしょうか?それには、子どもの「ためし行動」が関係してきます。

ためし行動とは、子どもがわざと親に怒られる、嫌われるような行動をして、親の反応を観察する行動です。「こんなひどいことをしても、ママは自分のことを好きでいてくれる?」と愛情を試しているんですね。

このようなまわりくどい行動を子どもが取る理由は、ためし行動以外の方法を知らない、パパやママが自分のためし行動に反応してくれるので嬉しくてやっている、という場合が多いのです。

「嫌い」といわれたら感情的にならず、「嫌いといわれると悲しい」「ママは大好きだよ」と何度も繰り返し伝えるようにしてくださいね。

子どもの言葉をそのまま受け止めないで

「ママ嫌い」がためし行動だと頭で分かっていても、それでも自信がなくなってしまうことがありますよね。そんなときは「ママ嫌い」の見方を変えてみましょう。

「ママが嫌い」はママ自身が嫌いなのではなく、「怒ること」や「叱ること」が嫌いなのだと受け止めてください。自分が嫌われたと考えてしまうと、ママ失格なのではと落ち込んでしまいますね。

けれども「怒ること」や「叱ること」が子どもは嫌いなのだと考えれば、誰だって怒られたり叱られたりすることはよい気分ではありませんから、「嫌い」という気持ちも落ち着いて考えることができますよ。

子どもからいわれた言葉をそのまま受け止めず、見方を変えることで、自分の気持ちを冷静に保つことができますね。

我が子に怒るママの気持ちの原因を知る

最初の「期待」を裏切られたように感じる

心理学的に「怒り」とは第二の感情であるといわれています。つまりは怒ることは、なんらかの原因やきっかけがあるということなんですね。

では、「怒り」が第二の感情なら、第一の感情はなんでしょうか?第一の感情には「期待」が深く関係しているようです。

たとえば、人がなにかを「期待」し、その期待が裏切られたとき、なにかしらの感情、「悲しい」や「辛い」などを感じるかと思います。この感情が、「期待」によって引き出されたのが第一の感情になります。

人は第一の感情が心にわき起こった結果、第二の感情「怒り」を感じてしまうようです。ママが子どもに対して怒ってしまうのは「期待」が裏切られて「悲しい」「辛い」という気持ちが隠されているのかもしれません。

子どもに「期待」する気持ちの原因を知る

大きく健康に育って欲しい、いろんな経験をたくさんして想像力や知識力を身につけて欲しい…誰しも一度は、我が子に対してそんなふうに思ったことがあると思います。

子どもがよい環境で成長できるように自分はいろいろと頑張っているのに、子どもは思ったとおりに行動してくれませんよね。そればかりか、第一の感情「悲しい」や「辛い」などの不快な感情を増やす行動ばかり…。

こんなとき、人は「気持ちをないがしろにされている」「気持ちを分かってもらえない」と思うのだそうです。だからこそ、その感情が「怒り」につながってしまうんですね。

子どもに怒ってしまう前に、自分は子どものなにに対して「期待」しているのかを考えてみるとよいですよ。

ママの気持ちを伝えることでよりよい関係に

「期待」の裏に隠れた第一の感情を、子どもにうまく伝えてみましょう。

たとえば、「ママは〇〇ちゃんに大きくなって欲しいから、ご飯を食べて欲しいな」や「道路は車がたくさん来て危ないよ。心配だからママと手をつなごうね」というように、自分はこう思っている、こう感じている、だからこうして欲しいということを伝えてください。

「怒り」とは非難や命令になるそうです。たしかに「どうしてそんなことしたの!?」「謝りなさい!」と怒ってばかりでは、なにに対して怒られているのか分からないことが多いですよね。

その点、自分の気持ちを伝えるということは、相手に受け入れてもらいやすいのです。ママの隠れた気持ちを子どもに伝え、よりよい関係を作っていきましょう。

「ママ嫌い」で傷ついた感情をどうする?

子どもが素直に感情表現するのは素晴らしい

子どもが素直に感情を表現することは、今後のコミュニケーションに役立ちます。今はママやパパなど、大人がいつも側にいて、お友達との間をサポートしていますが、小学生になると全部1人でしなくてはなりません。

子どもが素直に感情を表現するためには、普段から親のかかわり方が大事です。子どもの怒りと同じような怒りで対応し、厳しくいい聞かせていませんか?この状態では、子どもは自分の気持ちを理解してくれないと、親を信用しなくなってしまうかもしれません。

子どもの気持ちに共感し、受け止め、できるかぎり話を聞くようにしましょう。そして思いっきり褒めましょう。子どもが自分で感情をコントロールするには時間がかかります。長い目で見守ることが大切です。

怒りが増えるのは考えられる枠が少ないから

イライラしているときは、体のどこかに不調をかかえていたり、寝不足だったりした経験はありませんか?そういうときは「思考系」のキャパシティが少なくなっているのです。

それゆえ、考えられることの少ない枠の中に、新しい課題がどんどん入って来てしまうと脳はパニックを起こします。「分からない!」「対処できない!」となり、それが「怒り」に変わってしまうのです。

要するに、「怒り」とは「自分が分からなくて困っている」というサインなのです。子どもの怒りも同じです。ママのいうことがよく聞けて、理解できれば嫌がることもないそうです。

「怒り」は目の前のできごとのせいではないことが多いのです。生活を見直し、怒りのきっかけとなるものを解消しましょう。

怒りを上手にコントロールしよう

「怒り」は大切な感情の一つ。本当はどんどん怒っていいのです。怒りを我慢してしまうとストレスになりますし、新しい怒りの原因になりかねません。

けれども、怒りの出し方を間違えると「なんであんな言い方してしまったんだろう」と後で自己嫌悪におちいるのです。怒りにはよいも悪いもありません。よい出し方か悪い出し方しかないのです。

怒りは上手にコントロールして付き合っていきましょう。

怒りのスイッチが入りそうになったら、その場を離れてみる、または1~10までの数字を数えながらゆっくり呼吸をする、相手の話をじっくり聞いてみるなどの方法をためしてみましょう。ほかにも相手(子ども)が怒る理由を考えてみることもおすすめです。

まとめ

「ママ嫌い」と子どもがいうのには、子どもなりの理由があるのです。ママから怒られることが嫌いだったり、「嫌い」といった後のママの反応が見たくて」やっていたりします。

子どもからいわれたことをそのまま受け取るのではなく、一度深呼吸して落ち着いてみましょう。怒る前に冷静になる習慣をつければ、それは怒りをコントロールすることにもつながります。

なぜ自分は怒っているのか原因はなんなのかを考え、自分の気持ちを伝えるとよいですよ。怒りと上手に付き合いながら、子どもとよい関係を築いていってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018