就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママには朝のジョギングが最適!注意点や走れないときの運動を紹介

ママには朝のジョギングが最適!注意点や走れないときの運動を紹介

ママになると、子どもたちのお世話でなかなか自分の時間を持つことができませんよね。産前まで運動していたけれど、子どもと一緒だと運動する時間もないと思っている方も多いのではないでしょうか。子どもと一緒でも運動できる上手な時間の使い方、さらにはダイエットも期待できる!方法をお話ししますね。

朝のジョギングがママにピッタリな理由

多忙なママでも朝なら時間が作ることができる

子育て真っ只中のママは、とても忙しいですよね。片付けたと思った途端散らかされ、料理を作ったら洗い物、掃除機をかけたら子どもが汚す…などエンドレスに家事は続きます。子どもを寝かしつけた後、ようやく自分の時間だと眠い目をこすりながら頑張る毎日は、ストレスをためてしまう一方です。

ではいつだったら自分の時間をとることができるのでしょうか。「朝」です。ちょっと早いかなと感じられる4時ころに起きると、家族の起きだす6時から7時まで2~3時間も時間ができます。家の中も静まり返っているので、仕事や勉強、家事をするのには最適な時間帯です。

夜は子どもと一緒に寝て、翌朝はみんなより早く起きる生活をすると、心に余裕ができるのではないでしょうか。

朝のジョギングはダイエットにも効果的

朝、ジョギングをしてみるのはいかがでしょうか?朝の時間帯にジョギングをすることは、体の機能を目覚めさせ、消化機能も動き出します。すると朝ご飯をおいしくいただくことができます。

また朝ジョギングすることはダイエットに効果的です。有酸素運動をするときに最初の20分までは糖分からエネルギーが生まれます。そしてその20分を境にそのあとは脂肪からのエネルギーに変わっていきます。この時最後の食事は前日の夜となっていますよね。それらはすでに体に吸収されているので、朝起きた時点では糖質からのエネルギーではなく体に残っている脂肪になります。

脂肪からのエネルギーによって体を動かすことになりますので、朝のジョギングはダイエットに効果的といえるでしょう。

朝のジョギング効果で家事や仕事もはかどる

脳科学者の茂木健一郎氏やベネッセホールディングス、日本マクドナルドの社長を歴任した原田泳幸氏、元アメリカ大統領のバラク・オバマ氏やウォルト・ディズニーカンパニーのロバート・A・アイガー氏など、朝のジョギングを日課とされている著名人が多くいます。多忙なはずの方々がなぜ朝ジョギングをするのでしょうか。

朝日を浴びることで生体リズムが整い、昼間は活動的に夜はぐっすり眠れるというよい循環を作ることができます。走った後は血流が増えるため、脳の活動スイッチが入り、やる気を起こさせることができます。

体で四季折々の変化などの刺激を受けると、脳はニューロンを伸ばして新しい神経回路を作ります。新しい回路は発想力を豊かにさせると考えられています。

朝のジョギングをママが行うときの注意点

朝の早起きで睡眠不足にならないようにする

朝早く起きてジョギングをすることの最大のデメリットは、昼間に眠くなってしまうという点です。睡魔に襲われ、昼間に居眠りなどして仕事ができなくなってしまう、なんてことになってしまうと大変です。しかし、これは生活リズムが整うにつれて解消される問題です。それを乗り切るまでが最初の難関ですね。

この期間を乗り切るまでは、ジョギングではなく散歩気分のウォーキングに変えたり、またヨガをするのもよいでしょう。徐々に呼吸を整えて、一歩一歩ジョギングのできる体に近づけていきましょう。

また早起きすることで、睡眠不足に悩まされる方もいます。睡眠時間を削ることで不調が続くようであれば、朝早く起きるのをやめておいたほうが無難です。

子どもを見てくれる人がいるときに行う

ママがジョギングしているあいだ、子どもが1人になってしまうなどということもあるかもしれません。危険を察知し、回避できる年齢になっている場合を除いては、やはり大人に見ていてもらうのがよいでしょう。

乳児のお留守番の危険
・近くに置いてあるおもちゃなどの誤飲
・ベッドやソファからの転落
・うつぶせ寝になり、窒息

幼児のお留守番の危険
・ベランダの柵を乗り越え、間から転落
・玄関から出て行ってしまう
・コンロのスイッチを入れてしまう
・浴槽で溺れる
・誰もいないことでパニックになる
・不審者が訪ねてきたときに出てしまう

少しだけなら大丈夫と過信せずに、パパが横で寝ているときなど、子ども1人だけで置いていかないようにしましょう。

ジョギングの注意点を把握してからはじめる

朝目覚めたときは血液中の糖分が少なくなっている、いわゆる「低血糖」の状態です。そのまま走るとさらに血糖値が下がり続け、低血糖症を引き起こす恐れがあります。走る前に糖質を補給してあげましょう。もちろん食べすぎは禁物です。おなかが痛くなってしまいます。

このような軽食はいかがでしょうか。
・バナナ1本
・オレンジジュース1杯
・エネルギー補給ゼリー1本

おすすめはバナナです。マラソンの大会でもバナナは定番です。多くのランナーがエイドステーションでバナナを食べ糖質を補給し、ゴールを目指しています。

オレンジジュースは糖質を補給するとともに、ビタミンCやクエン酸、水分補給もできます。朝のジョギング前の最適な軽食といえるでしょう。

朝のジョギングができないときはどうする?

家事や仕事に運動を取り入れて生活する

天候によってジョギングができないときや、家にいなくてはいけないときなど、必ずジョギングができる環境にあるわけではないと思います。そんなときは家事をしながら、ゆるっとエクササイズなどをしてみてはいかがでしょうか。

・ 床に膝をつけずに雑巾がけをする
片足を後ろに伸ばし、膝を付けないようにすると股間節の柔軟運動になります。腕も遠くに伸ばすと脇のストレッチもできます。

・ 料理中にスクワット
料理中、ちょっとした時間を見つけて、スクワットをしてみましょう。スクワットをする際は、膝がつま先よりも前へ出ないように気を付けましょう。

・ 子どもと一緒に一生懸命遊ぶ
子どもを背中に乗せて腕立て伏せをする。負荷かがかる分カロリー消費量も増えます。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC