就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママは趣味がないと損をする?育児と両立して楽しめる趣味の紹介

ママは趣味がないと損をする?育児と両立して楽しめる趣味の紹介

人生に色どりを加える「趣味」の世界。忙しくて趣味を見つける時間がないママも多いかもしれませんが、趣味がないことで大きな損をしているかもしれませんよ。これから趣味をみつけたいママ必見の、上手に育児と両立する方法と趣味を楽しむコツをご紹介します。

趣味を持つことの三つのメリットを知ろう

育児や家事、仕事の気分転換になる

毎日やらなければいけないことに追われる生活では、ストレスがたまり息苦しさを感じるようになってしまいます。育児や仕事の中にも楽しいことはもちろんありますが、ときには自分のためだけに時間を使う贅沢をすることも必要です。

そのもっとも有効な方法が「趣味」を持つことです。趣味は誰に強要されるものでもなく、好きな時間に自由に行える自分だけの楽しみです。趣味といっても学ぶ、作る、動くなどいろいろな種類がありますが、どんな趣味でも時間を忘れて取りくむことができれば素晴らしい気分転換になります。

読書や映画鑑賞はもちろん、一見時間を無駄にしているようなことでも、それですっきりした気分になるなら、それも立派な趣味ですね。

趣味によって人間関係の幅が広がる

趣味にもいろいろな種類がありますが、大抵の場合は教室に通ったりクラブに入ったり、共通の趣味を通して人間関係の幅が広がることが考えられます。1人で黙々と行える手芸や読書であっても、いつかは作品を発表したくなりますし、好きな本をきっかけに友達が増えることもありますね。

SNSなどがブームになっていますので、作品を多くの人にみてもらうことや同じ好みを持つ人を探すことも困難ではなくなってきました。実際に会うことなくブログやサイト内だけで交流を持つことも可能な時代です。

「○○ちゃんのママ」「○○さんの奥さん」と呼ばれることのない趣味の世界が、唯一自分自身に戻れる時間になることもあります。素の自分に戻って、趣味を楽しみたいですね。

子育てや仕事に活かせる

趣味には基本的に自分の好きなことを選びます。人は好きなことには時間もお金も惜しまない傾向にありますので、積極的に知識や経験を得ようと行動を起こします。

料理が趣味であれば子育てや家事にも大いに役立ちますし、英会話は日常生活だけでなく仕事にも役立ちそうですね。頑張れば免許や資格が取れる趣味もありますので、趣味が高じて仕事にすることができれば、日々の充実だけでなく達成感や収入アップにつながる可能性もあります。

なによりも、趣味に打ち込むママの姿をみることで子どもにもよい影響があります。ママの趣味に子どもが興味を持って、一緒に頑張るようになることも少なくありません。

親子で趣味を同じくすれば、絆も深まりそうですね。

育児と趣味の両立が不安なときは工夫しよう

時短家事で趣味の時間を作ろう

毎日の家事や育児も、計画性がないと余裕ある時間の使い方ができません。「趣味の時間を作りたい!」という目標があることで、テキパキと家事をこなす意欲がわくのも趣味を持つメリットかもしれませんね。

少しでも趣味に費やす時間を作るためにできるのが時短家事です。買い物時間を短縮するためにまとめ買いをする、買った食材は下処理をしてから小分けにして冷凍する、常備菜を作り置きするなどできることはたくさんあります。

日中はたくさん遊んで子どもの生活リズムを整え、子どもが寝てからゆっくり趣味を楽しむのもよいですね。ママは趣味に集中でき、子どもは正しい生活習慣が身につくので、双方にとってメリットのある方法になります。

パパに趣味について理解をしてもらおう

夜のクラスや週末の教室に通いたいけれど、子育て中は無理かも…なんて気持ちもママなら当然ありますね。ですが、ここで頼りになるのが、パパの存在ではないでしょうか。

パパの仕事終わりや休日に子どものお世話をお願いして、ママが趣味を楽しむことに罪悪感を抱くことはありません。ママだって家事や子育てに追われているのですから、パパの理解を得て自信を持って趣味に取りくみましょう。

パパに趣味があるときは、ママも理解を示すことがポイントです。夫婦お互いのスケジュールを確認し合って「今週はパパお願いね」「来週は出かけてもいいよ」など平等に趣味に打ち込めるように工夫します。

夫婦で助け合いながら子育て、家事、趣味を両立させましょう。

子どもと一緒に楽しめる趣味を始めよう

育児と趣味を両立させようと思うと、どうしても「子どもが寝てから」「子どもがいないうちに」と考えてしまいますね。ですが、もしママの趣味が子どももできそうなものであれば一緒にやってみませんか?

子どもと一緒に行けるダンス教室や、ヨガスタジオも増えてきています。絵を描いたり、ピアノを弾いたりすることも子どもは大好きです。

ママが「邪魔をされている」と感じてしまうとなかなか集中できませんが、一緒に取り組むことができればママだけでなく子どもの生活の充実にもなります。難しいこと、危険なことでなければ、ママと一緒に趣味を行うことは子どもにとって嬉しい経験になります。

これから趣味をみつけたいママは、子どもの興味のあることを選んでもよいですね。

簡単に始められて子どもと楽しめる趣味とは

四季が楽しめるガーデニングや家庭菜園

庭やベランダがあれば、季節の花やとれたての野菜が楽しめる家庭菜園を趣味にしてみましょう。これなら子どもも一緒にできて、四季や自然を学ぶ、食育にもつながりますね。

土いじりをすることには癒し効果があるので、日々の疲れを感じているママにはぜひチョイスしてほしい趣味です。もちろん、子どもも土いじり、泥遊びが大好きです。

繊細な作業はできないかもしれませんが、雑草を抜いたり水をあげたりすることは手伝ってもらえます。また、五感をフルに使って自然からさまざまな刺激を受け取ることができます。

ミニトマトや二十日大根などは育てやすく見た目も可愛いので、野菜が苦手な子どもでも自分で育てたことで興味を持って口に運んでくれるかもしれませんね。

産後ダイエットになるヨガやウォーキング

身体を動かすことは、ストレス解消、ダイエット、気分転換などよい効果がたくさんあります。運動が苦手でもできるヨガやウォーキングはママに人気のエクササイズです。

子どもがいると、ジムや教室に行くのが難しいと考えてしまいがちですが、最近では子どもと一緒に受講できるヨガクラスやダンスクラスが存在します。赤ちゃん同伴のママたちばかりのクラスなので、気がねなく自分のペースでレッスンを受けることができます。

動画サイトで「baby wearing yoga」と検索すると、海外で人気の子どもを抱っこしたままできるホームエクササイズを探すことができます。ベビーカーで赤ちゃんとウォーキングしても、はつらつと歩けば立派なエクササイズになりますよ。

子どもが喜ぶパンやお菓子作り

焼きたてのパンやクッキーの香りは格別です。手作りのお菓子は、子どもにとっての素晴らしいおやつになります。

自分で作ることができれば、美味しさもひとしおですね。子どもが喜ぶパンやお菓子作りを趣味にすれば、作る工程から食べる過程まで楽しめます。

ママと子どもで一緒に、パパへのプレゼントとしてクッキーやケーキを焼くのも素敵ですね。料理は、さまざまな工程を踏んで、手順を考えながら手際よく進めなければいけないクリエイティブな作業です。

できあがったパンやお菓子は作品としてもみることができ、食べてから家族で感想を伝えるのもよいコミュニケーションになります。子どもの成長とともに難しいレシピに挑戦できるようになるのも楽しみですね。

まとめ

どんなことが趣味になるのか、その制限はありません。自分が好きで夢中になれるものがあれば、それがママの趣味になります。

趣味は日々の生活の中のエッセンスになり、家事や育児のモチベーションをあげるのにも役立ちます。趣味の時間を捻出するために、テキパキと家事をこなせることがありますね。

「趣味がない」と嘆くことはありませんが、どんなことでも趣味になります。時間をみつけて、昔好きだったことや興味があったことに再チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018