就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児の食事は悩み満載!おやつの与え方や好き嫌い対策もご紹介

幼児の食事は悩み満載!おやつの与え方や好き嫌い対策もご紹介

幼児期の子どもにとって、バランスの取れた食事で栄養を取ることはとても重要です。でも実際は好き嫌いが多いとか、気分次第で食べないとか、バランスよく食べてもらえずに悩んでいるママは多いと思います。そこで今回は、食べ物の好き嫌い対策や、おやつの与え方について紹介してきます。

幼児の親が抱える食の悩みとは?

食べ物の好き嫌いがあること

幼児を育てているママにとって、食に関する悩みはつきものですね。離乳食を始めたころは大抵のものが食べられていても、味覚が発達してきて、自我が芽生える2歳前後からは、食べ物の好き嫌いを主張しはじめるでしょう。

幼児が嫌いな味は「苦味」「酸味」「青臭さ」など。味だけでなく、「硬い」「どろどろ」「噛み切れない」などの食感が嫌で食べない、ということもあります。知恵がついてくると、一度「嫌い」と思った食材は、目視しただけで拒否するでしょう。

逆に、気に入ったものばかり食べてしまう、ということも悩みの種ですね。ママとしては色々な食材を食べて欲しいのに、同じものばかり食べ続けてしまう…。たとえそれが体によい食材でも、食べ過ぎはよくありません。

食が細くてあまり食べないこと

好き嫌い以前に、そもそも食が細いという子どもも少なくないですね。そのような子の場合、食べることにあまり興味がないということが多いようです。食べるよりも遊ぶことに夢中で気が散ってしまい、食べるのが遅くなってしまいがちです。

成長とともに活動量が増えるので、徐々に食べられる量も増えていくでしょう。幼児期に食が細くても、子ども自身が健康でしっかりと活動できていれば、あまりナーバスにならなくてもよいかもしれません。

ある先輩ママの話では、赤ちゃんの頃からずっと食が細いのが悩みだったのに、幼稚園3年間、一度も休まず「皆勤賞」をもらうほど健康優良児だったそうです。「食べなさい!」といい続けてストレスを感じるよりも、子どもに合った量を理解するようにしたいですね。

遊びたがり落ち着いて食事をしないこと

「食事中に席を立ってしまう」「食べ物で遊んでしまう」など、落ち着いて食事をしないという子どもも多いと思います。食事中のマナーを教えたいと考えるかもしれませんが、2、3歳頃までは難しいかもしれません。

テレビを消して、静かな中で食べていても、おもちゃや壁に飾った絵などが目について、そちらに意識が奪われてしまうこともあるでしょう。気が散るようなものが食事中の子どもの視界にないか、確認してみてください。

幼い頃は、おもちゃと食べ物の区別があまりつかずに、食べ物で遊んでしまうことも多いですね。せっかく作った料理を手でぐちゃぐちゃにされたり、投げられたりしても、「そういう時期だから」と割り切りましょう。

幼児によくある食の悩みの解決方法

好き嫌いは成長の証!気楽に考えて

食べ物の好き嫌いは個人差が大きいですよね。大人でも「しいたけは絶対に食べない!」「トマトだけはムリ!」という人もたくさんいます。子どもなら好き嫌いがあるのが普通、と思ってあまり悩まない方がよいかもしれませんよ。

逆に、好き嫌いがあるということは、それだけ味覚が発達してきたという証拠でもあります。また、主張ができるだけの自我が芽生えたということ。子どもの成長の証と思って、気楽に考えてみてください。

自分が子どもだったときを思い出してみると、意外なきっかけで苦手な野菜が食べられるようになった、という経験はありませんか?幼児期にあまりガミガミいうよりも、そのうち食べられるようになると、気長に接してみてはいかがでしょうか。

食への興味と生活リズムを見直して

最近では「食育」という言葉が盛んに聞こえてきますね。食育とは、食に関する正しい知識と、望ましい食習慣を身につけて、健康な身体を作ること。食育の考え方を積極的に取り入れて、子どもに食への興味を持たせるのも、一つの方法です。

「食べ物を大切にする感謝の心」「家族揃っていただきますをいう」など、基本的なことができているか、改めて見直してみてもよいと思います。

また、一日三食決まった時間に食事をとっているか、ということも重要です。特に最近は朝食を抜いてしまう家庭が増えているといいます。規則正しい生活リズムが、子どもの食習慣、そして成長には欠かせないものなのです。早寝早起きと食事のリズムも、一度見直してみましょう。

食事の時間は集中して短くするのがコツ

食べることに興味が無かったり、すぐに飽きてしまったりする子どもの場合、食事の時間を短くしてみるのもよいですよ。子どもの集中力はせいぜい10~15分程度。よほど好きな食べ物が食卓に並んでいるとき以外は、どうしても途中で気が散ってしまいがちです。

「ダラダラ食べ」はクセになりやすいので、いつも食べるのが遅いという場合は、食べている途中でも思い切って食事を下げてしまいましょう。その際は、いただきますの前に「時計の長い針が3になったらごちそうさまだよ」などと伝えておきます。

20~30分くらいを目安に、食事の時間に集中してもらうように習慣づけましょう。全部食べ切れず、後で子どもが「お腹すいた」といってきても、心を鬼にして次の食事まで我慢させるのがコツです。

幼児のおやつの悩み、解決のポイント

甘いものや油分の多いものは控えよう

幼児期は食事の悩みとならんで、おやつに関する悩みも多いですよね。「美味しいから」「楽しむため」などの理由で、クッキーやアイスなどを食べさせることもあると思いますが、幼児期のおやつには、食事で足りない栄養を補うという「補食」の意味もあるのです。

幼児期に不足しがちな栄養は「鉄」「カルシウム」「ビタミン」です。これらを含んだ食べ物をおやつとして出すことが理想です。例えば「シラスおにぎり」や「ヨーグルト」「フルーツ」などがよいですね。

大人が食べたいからといって、甘いものや油分の多いおやつばかり与えることは控えたいところです。また、子どもと一緒におやつを手作りするのもよいと思います。自分で作ったものなら、子どもも興味を持って食べてくれるかもしれませんよ。

食べる量は親が調節しよう

食事のときはぜんぜん食べないのに、お菓子となると際限なく食べる…という子どもは多いと思います。好きなお菓子なら、放っておくと一袋全部食べてしまう、ということもあるかもしれません。

おやつの量は、親がある程度調節する必要があるでしょう。子どもの食事量を把握したうえで、次の食事に影響がない程度の量を分けて出すことが大切です。

お友達と一緒に食べるときなどは、特に注意したいですね。楽しい雰囲気にのまれて、つい食べ過ぎてしまいがちです。ママもお友達のママとおしゃべりに夢中で、気づけば子どもたちがびっくりするほど食べていた、ということもあるでしょう。おやつは「補う」ための間食、と考えて、食べさせ過ぎないようにしたいですね。

決まった時間に食べさせよう

先ほども少し触れましたが、規則正しい食習慣は、子どもにとってとても大切です。もちろん大人にとっても。家族の健康を守りたいママとしては、ぜひおやつのリズムもしっかりと整えたいですね。

1~2歳くらいの子どもは、一度の食事で食べられる量が少ないので、補食の意味で一日二回、10時と15時におやつを食べさせるとよいとされています。3歳以降になると、しっかりと食事が食べられるようになるので、一日一回15時のおやつだけでよいでしょう。

「3時になったらおやつだよ」と伝えることで、時計に興味を持つ子どもも多いですね。また、「おやつの前にお片付けして手を洗ってね」と約束事を決めておくと、早く食べたい一心から、守れるようになるかもしれませんよ。

まとめ

子どもの成長には個人差がありますが、食事に関しても「大いにある」といえそうです。周りの声を聞くと、「子どもが食べ過ぎて困る」というママもいれば、「うちの子、ぜんぜん食べなくて困っている」というママもいます。

子どもの数だけママの悩みもあるということでしょう。しかしそれも子どもの個性だと思って、あまり神経質になりすぎない方がよいかもしれません。幼児期の子どもには、「食事は楽しいもの」と伝えることが、一番大切なのではないでしょうか。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018