就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代のスキンケアは保湿が命!正しいケア方法と保湿力の高い化粧品

30代のスキンケアは保湿が命!正しいケア方法と保湿力の高い化粧品

30代になると肌が乾燥しやすくなり小じわも目立ってくるようになります。毎日のスキンケアでどうにか改善できればと思っても、育児や家事などで忙しいママには、なかなか余裕がないのではないでしょうか。保湿力を高めるためには、乾燥の原因や正しいスキンケアを知ることが大切です。

30代の肌が乾燥しやすいのはどうして? 

肌のターンオーバーが遅くなる

きれいな肌を保つには、肌のターンオーバーが正常であることが必要です。ターンオーバーは皮膚が新しく生まれ変わる新陳代謝のサイクルのことで、加齢により周期が長くなります。

20代のきれいな肌のときは28日周期ですが、30代になると40日、40代になると55日ぐらいにもなるようです。このようにターンオーバーが遅くなると、肌の表面に古い角質が残ってカサカサと乾燥しているようになります。

また、古い角質は毛穴を詰まらせ、いくら保湿をしてもなかなか潤いが角質層の奥まで浸透してくれません。その結果、肌が乾燥しやすくなることが多いです。

子育て中のママの場合は、子どもと公園で遊んで紫外線を浴びる機会も多いということも、ターンオーバーが乱れやすい原因となります。

肌の潤いやツヤを保つセラミドが減少する

肌の潤いやツヤを保つための体内にあるセラミドは、年齢を重ねるごとに減少していきます。とくに30代になると急激に減少するため、肌が乾燥しやすく感じるでしょう。セラミドには、肌のバリア機能を高める効果と水分を肌から逃がさないように保持する保湿効果があるからです。

乾燥して肌のバリア機能が低下していると、紫外線や摩擦などの外的ダメージを受けやすく、乾燥した状態が続いたり、さらに悪化したりしやすくなります。

セラミドが減少するのは、上記でご説明しましたように30代になるとターンオーバーが遅くなるためです。セラミドは肌のターンオーバーによってつくられますので、ターンオーバーが遅くなることでセラミドがつくられるのも遅くなり、乾燥が進みます。

生活の乱れや育児のストレスも肌にも影響

赤ちゃんのお世話で昼も夜も関係なく起きたり、なかなか落ち着いてゆっくり睡眠時間を確保できなかったりで、ママは睡眠不足になりやすいですよね。睡眠不足は成長ホルモンの分泌の妨げになり、肌トラブルの原因になります。

ほかにも、育児のストレスも肌の乾燥に影響しているのをご存知でしょうか。ストレスを溜め込んでしまうと、ホルモンバランスが乱れて肌の新陳代謝が悪くなることが原因です。肌が乾燥する以外にも、くすみや毛穴の開き、インナードライ、バリア機能の低下など、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

規則正しい生活をしたり、育児のストレスを溜めないようにしたりすることはむずかしいかもしれませんが、少しでも改善できるように気をつけましょう。

保湿力を高める30代の正しいスキンケア

保湿効果を上げるスキンケアの順番

保湿効果を上げるにはスキンケアの順番を正しくやることが大切です。基本的には以下のような順番がよいでしょう。

1.洗顔
2.化粧水
3.美容液
4.保湿クリーム
5.UVケアクリーム

化粧水や美容液などは化粧品のメーカによって順番の違うものがあるかもしれません。朝は洗顔料を使わず、水かぬるま湯で顔の表面についた埃を流すぐらいでもよいですよ。また、熱めのお湯で洗うと、より乾燥しやすくなりますので、冬でも32度ぐらいの温度のお湯にしましょう。

夜は、洗顔の前にクレンジングでメイクをしっかり落としてください。朝も夜も洗顔後にすばやく保湿することもポイントです。なにか用事をしてからと思っていると、どんどん肌が乾燥してしまいます。

肌質に合わせたスキンケアで保湿力UP

肌質を大きく分けると、普通肌・乾燥肌・混合肌・脂性肌の4タイプがあります。自分の肌質に合ったスキンケアをするためには、自分の肌質をしっかりと見極めることが必要です。肌質に合わせたお手入れ方法や、肌にぴったりなアイテムでスキンケアすることできれいな肌をキープできます。

乾燥肌の場合は、あまり洗浄力の強くない洗顔料を使ったり、洗顔のときに強く擦らないようにしたりして、肌に必要な水分や油分を取りすぎないようにしましょう。

意外に多いのが、肌がベタベタしているから脂性肌だと思ってしまうことです。肌の乾燥を抑えるために、皮脂の分泌量が増えているだけかもしれません。この場合は乾燥を予防するためにしっかりと保湿することが大切です。

保湿効果の高い化粧品を選ぼう

30代になるとセラミド以外にも、肌にうるおいを保つための成分が減少し乾燥しやすくなります。肌の乾燥を改善するためには、保湿効果の高い化粧品を使って毎日コツコツと保湿することも大切です。

【保湿効果の高い成分】
・セラミド
肌の隙間を埋めている角質細胞間脂質の約40%を占めていて、肌の水分保持には欠かせません。

・ヒアルロン酸
水分を保持する力が高いです。肌の弾力を与える効果もあります。

・コラーゲン
ヒアルロン酸と同じように水分を保持する効果があり、肌表面にとどまり乾燥を防ぎます。外部から刺激をやわらげる効果もあります。

・エラスチン
コラーゲン同士を結びつけてコラーゲンを維持します。肌の弾力維持にも必要な成分です。

保湿力に優れた30代の化粧品はこちら!

ベタつかずスッと浸透「オルビスユー」

オルビスユーは「洗顔料」「化粧水」「保湿液」のシンプルな3ステップで、おし返すようなみずみずしい肌に導きます。シンプルなので忙しいママにもぴったりです。

・洗顔料
モロッコ溶岩クレイ配合で毛穴の汚れや皮脂などすっきり落としつつ、角層の奥で水の巡りをよくし、化粧水の浸透感を高めるブースター洗顔料です。

・化粧水
オルビス独自の高保湿成分「濃密ウォータージェリー」が肌に触れた瞬間みずみずしく溶け出しスッと浸透します。手に取ったときはとろっとしていますが、肌もベタつかずしっとりとした仕上がり。また、肌の表面にも美容成分がうるおい膜を残してくれます。

・保湿液
もちっとした使い心地で湯上りのようなツヤのある肌に仕上げます。

エイジングとストレスのケア「アヤナス」

アヤナスのディセンシアはストレスが原因で起こる肌荒れのメカニズムに着目している化粧品です。ストレスを感じると、血行不良により皮膚の温度が低下し、正常な角層が生まれなくなります。その結果、肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすい肌になるようです。

仕事や育児、家事など、忙しい毎日を送っているママは、ストレスを感じたときに肌の調子が悪くなったという経験もあるでしょう。ジンセンX、パルマリン、ビルベリー葉エキスの3種の成分を複合化したディセンシアオリジナルの「ストレスバリアコンプレックス」が、ストレスに負けない肌に導きます。

また、コウエキスやCVアルギネート、ヴァイタサイクルヴェールなど、たくさんの美容成分を配合しエイジングケアも実現しました。

潤い抜群「SK-Ⅱピテラベーシックケア」

20代後半からなんとなく気になりはじめた目元の小じわも、30代になると目立つしわになってしまいます。SK-Ⅱピテラベーシックケアは、乾燥によるしわを防いで肌本来の健やかさを保ちクリアな肌に導きます。

フェイシャルトリートメントエッセンスは90%以上が天然成分SK-Ⅱピテラでできた化粧水です。ピテラは特別な酵母の自然な発酵から生まれる貴重な成分で、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など50種類を越える有用成分が含まれています。

ゆっくりスキンケアしたいけど、忙しさで保湿に時間をかけられないママには、スプレータイプのミラクル エッセンスがおすすめです。メイクの上からでも使えますので、持ち歩くことでいつでもどこでも肌のうるおいをキープできます。

まとめ

20代はたいした努力をしなくてもきれいな肌でいられますが、30代になると毎日のスキンケアで差がつきます。たるみやしわ、毛穴の開きなど、気になる悩みは増えますが、1番の原因は乾燥です。肌の乾燥は、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

30代で肌が乾燥しやすくなる原因を知って、保湿力を高める正しいスキンケアの方法を身につけましょう。また、化粧品に悩んだら今回ご紹介した保湿成分の高い化粧品もお試しください。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR