就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの靴下をキレイに収納したい!便利な整理アイテムを使う整頓術

子どもの靴下をキレイに収納したい!便利な整理アイテムを使う整頓術

汚れやすくて何度も履き替える日もある子どもの靴下は何足も必要ですが、引き出しの中で靴下が整理されていないと片方が行方不明になって困ることがありませんか?今回は100円ショップや家にあるもので作れる靴下の整理ができるアイテムや、効率よくキレイに収納できるたたみ方などをご紹介します。

気づけばバラバラになりがちな子どもの靴下

引き出しの中で片方の靴下が迷子に

子どもの靴下は土や食べ物などで汚れやすいので、たくさんあるおうちが多いです。多くの靴下の中で似たような色やデザインのものがあると、たたむときにペアが見つけにくいですよね。年の近い兄弟がいて足のサイズも近いと、ますます判別がつきにくくなります。

また、時間に余裕がないときにはつい、洗濯した靴下の左右を揃えずに引き出しに入れることがあるかもしれません。そうでなくても子どもが自分で靴下を履く時期になると無造作に引き出しから出し入れして、いつの間にか靴下がバラバラになっている場合もありますよね。

そうすると朝、家を出る時間が迫っているときに「靴下の片方がない!」と、焦りながら迷子の靴下を探す日が続くかもしれませんよね。

履き口を折り曲げるとゴムが伸びている

靴下の片方が迷子になるのを防ぐために、履き口を折り返して左右をまとめるたたみ方をする場合があります。この方法は簡単ですが、毎回やっていると履き口のゴムが伸びてゆるくなりやすいですよ。

ゴムがゆるみにくくキレイに収納もできるたたみ方を後でお話しますが、ここでは履き口のゴム部分が輪になっている靴下でゴムがゆるんだときの修復方法をご紹介しますね。それは「ゴムカタン」というゴムでできた糸を用意して、ゴムの輪の内側部分を2~3重に手縫いするやり方です。

少し細かな作業ですが、外側に糸が目立たないように注意しながら縫えるとよいですね。また、ゴムは濡れていると劣化しやすいです。洗濯したら履き口を上にして、できるだけ早く乾かしましょうね。

デザインが様々でかさばりやすい

冬と夏では靴下の生地やデザイン、長さが異なります。冬は厚手の靴下やハイソックス、夏は薄くて短い靴下を履く子が多いですよね。

靴下も衣替えをして季節外れのものはほかの場所にしまえればよいですが、そこまでできない場合もありますよね。そんなときは引き出しがいっぱいになり、よけいにごちゃごちゃしやすいです。

衣替えしても靴下の数が多くて引き出しの中が整理されていないと、片方が迷子になったり奥の方にしまわれたままになったりして知らない間にサイズアウトしていることもあります。もったいないですよね。

専用のかごに靴下の種類ごとに収納して、季節がきたらかごのまま引き出しに入れるなどの工夫が必要かもしれませんね。

気になる子どもの歯並びや予防。名古屋市の「おしむら歯科」を取材!

PR

お子さんの歯並び、気になりますよね。現代は食べやすい流動食などの発展で噛む回数が減り、スマートフォン等の普及で姿勢が悪化しやすくなる環境に囲まれています。歯列悪化の予防や矯正方法について知りたいママも多いのでは?今回は名古屋市中川区の「おしむら歯科・こども矯正歯科クリニック」でお話を伺ってきました!

靴下の収納には便利なアイテムを使おう

100均アイテムで仕切りを作る

靴下は引き出しにそのまま収納すると、どうしてもごちゃごちゃしやすいです。そこでかごと仕切りを用意して収納を工夫してみましょう。100円ショップで揃えることができますよ。

かごは底と上部が同じ大きさの直方体のものを選ぶと無駄なく収納できます。大きなかごにぴったりと合う小さなかごを複数入れて収納してもよいですが、仕切り板を活用してみましょう。

仕切り板はハサミで好みの大きさ切って使える商品が100円ショップにありますよ。そのような仕切り板では、子どもの靴下の種類や数などに合わせて仕切ることができるのですっきりとしまえて靴下の迷子も少なくなりますよ。

子どもが取り出すときも自分の収納場所が分かるので、美しい収納をキープしやすいですね。

ウォールポケットを使って壁掛けに

クローゼットの壁などにウォールポケットを取りつけて、靴下を収納するのはいかがでしょうか?引き出しから靴下を出し入れする子どもは、仕切りを作っても決められたところに入れてくれない場合もありますよ。

大人でも、だんだん所定の場所に入れなくなり仕切りがあいまいになるケースもあります。しかしウォールポケットなら、仕切りよりも一足づつ分けて収納しやすいですよね。

ただ、収納量が限られるので、よく使う靴下を選んで入れるとよいかもしれません。子どもの手が届きやすい下のポケットに靴下を入れておくと、子どもが積極的に自分で靴下を履いてくれやすいですよ。

家では裸足が多い子のために、靴箱にウォールポケットをつけているママもいますよ。

牛乳パックや紙コップも立派な収納アイテム

家にあるものも立派な収納アイテムになりますよ。たとえば牛乳パックです。500mlや1,000mlの牛乳や野菜ジュースの紙パックをそのまま乾かして保存しておきます。

たくさんたまったら1本のパックを靴下を収納したときの高さに切り、ほかのパックも同じ高さに切りましょう。そして収納ケースに合わせた数のパックどうしをセロテープでつなげると、細かく仕切られた収納ボックスになりますよ。

紙コップはコップに靴下を入れて、そのまま収納ケースにたくさん入れるだけです。収納かごは底のある紙袋や箱で代用できますよ。

紙袋は収納ケースに合う高さに切れば出来上がりです。指に当たってケガをしないように、カットした部分にマスキングテープを巻くとよいかもしれませんね。

バラバラにならない小さな靴下のたたみ方

四角く折りたたむ方法で見た目もスッキリ

靴下はできるだけ形を揃えてたたむと効率よくしまえますよ。以下の手順では四角くたためて靴下のゴムもゆるみにくいです。

【通常の長さの靴下】
1.左右の靴下を揃えます
2.つま先をかかとの部分くらいまで折りたたみます
3.履き口を折り、先ほど折りたたんだ反対側の端を履き口に差し込みます

【ショートソックス】
1.左右の靴下を揃えます
2.履き口をかかとの部分くらいまで折りたたみます
3.つま先を折り履き口に差し入れます

履き口を折り返して靴下のペアをまとめる方法は手軽ですが形が整わずに収納しにくく、先ほどお話したように何度も折り返し続けるとゴムが劣化しやすいです。できれば差し入れる方法がよいかもしれませんね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC