就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3人家族の生活費の平均金額は?世帯年収に合った内訳や節約術を紹介

3人家族の生活費の平均金額は?世帯年収に合った内訳や節約術を紹介

何をするにも先立つものが必要ですが、若いパパやママであれば貯金が少ない場合も多いですよね。「貯金を増やしたいけど、子どもがいると難しいのかな?」「同じくらいの収入の3人家族でも貯金できている人はいるの?」と気になるママに世帯年収や生活費の平均金額と、おすすめの節約方法をご紹介します。

世帯年収と3人家族の生活費の平均金額とは

世帯年収とは生計をともにする人の合計年収

そもそも世帯年収とは何か、ご存知ないママも多いでしょう。世帯年収は、住居・生計をともにする集まりの合計年収のことをいいますが、これだけを聞くと少し分かりにくいですよね。

簡単にいうと、同じ家計で生活している人たちの合計年収です。これはパパが単身赴任で家にいない場合などでも、生活費をママが管理しているのであれば、世帯年収は同じです。また、世帯年収は手取り収入の年間合計ではなく、税金などが引かれる前の総支給額となります。

例えばパパの総支給額が400万円、ママが200万円の家庭では、世帯年収は500万円となります。家計が同じであれば子どものアルバイト代や、同居の父母の収入も世帯年収に含まれるため、思っているよりも世帯年収は多いかもしれませんね。

世帯年収の平均は約542万円

世帯年収を調べていると、「世帯年収の平均額はいくらくらいなのかな?」「自分と同じ世代はどのくらいの所得があるのかな?」といろんなことが気になってきますよね。

厚生労働省の調べでは、全世帯の平均世帯年収はおよそ542万円となっています。この調査では世帯主の年齢別にも集計されており、29歳以下では365.3万円なのに対し、30代で558.9万円と一気に平均値が上がっていき50代のピーク後、徐々に下降します。

気になる子育て世代の平均世帯年収はというと、18歳未満の児童がいる世帯では712.9万円と意外に高めです。とはいえ中央値が633万円と落ちるため、一部の高収入世帯によって平均値が引き上げられていることが考えられます。

3人家族の生活費の平均は月約27万円前後

平均の世帯年収を聞くよりも、実際の月収がいくらかと言われた方がイメージが湧きやすいですよね。3人家族の世帯月収は平均として、44万円前後です。

これはボーナスなどの賞与を含めた額であるため、月々の手取り収入より10万円ほど高めとなっています。また、小さな子どもがいるうちは専業主婦である家庭も多いため、ボーナスには関係なく44万円を下回る家庭も多いですよね。

その収入の中で、3人家族の一般的な生活費はというと、およそ月27万円といわれています。月数で掛ければ324万円となり、世帯の手取り年収が350万ほどあれば適度に貯金もしながら生活できそうですね。

もっともこれは平均値であるため、賢く節約できれば、年間300万円以内に収めることも可能でしょう。

3人家族のそれぞれの生活費の内訳例

【20万円】10カ月の赤ちゃんがいる家庭

まずは、パパが会社勤めで手取り20万円、生後10カ月の赤ちゃんと1LDKの物件で暮らす専業主婦のAさんのケースです。

住居費・55,000円
水道光熱費・15,000円
通信費・6,000円
保険料・0円
食費・40,000円
日用品費・10,000円
娯楽費・20,000円
パパのお小遣い・20,000円
教育費・0円
貯金・34,000円

赤ちゃんがいる家庭では、おむつやミルクなど必要なものが多く、日用品費がかさむ傾向にあります。しかし、Aさんは夫婦ともに格安SIMに変更したことで、通信費を以前の半額程度に抑えて節約に努めています。

とはいえ手取り収入は月20万円と決して多くないため、保険にはお金を割かずに貯金に充てているそうですよ。

【25万円】幼稚園に通う子どもが居る家庭

続いてはIT企業勤務のパパと、2歳の子どもと3階建物件の2LDKで暮らしているBさんのケースです。

住居費・65,000円
水道光熱費・15,000円
通信費・15,000円
保険料・20,000円
食費・40,000円
日用品費・5,000円
娯楽費・30,000円
パパのお小遣い・20,000円
教育費・25,000円
貯金・15,000円

Bさんは月に5〜6回外食する代わり、普段は毎日自炊して食費を節約しています。また娯楽費が同じ収入の世帯よりもやや高めなのは、週末は家族揃ってお出かけをして、子どもに好きなことをさせてあげるためだそうです。

子どもが幼稚園に通いだしてから月々の貯金額は減ったようですが、毎月しっかり貯金できているのはお見事。

【30万円】子どもが中学生の家庭

最後は区役所勤務のパパと公立中学に通う子どもと、3階建マンションに住んでいる専業主婦のCさんのケースです。

住居費・80,000円
水道光熱費・20,000円
通信費・20,000円
保険料・25,000円
食費・40,000円
日用品費・10,000円
娯楽費・20,000円
パパのお小遣い・20,000円
教育費・25,000円
貯金・40,000円

この記事で紹介する中ではもっとも高い所得帯ですが、中学生にもなると子どもも携帯を持つため通信費が増大します。部活などでかかる費用も増えますし、年に数回の外食以外は自炊していても、貯金を切り崩すこともあり総額はほとんど増えていかないそうです。

3人家族の生活費の節約方法を紹介

1週間分の予算を決めてまとめて買い物

「節約しよう!」と考えたとき、もっとも簡単に削ることができるのが食費です。3人家族の1カ月の食費は3〜5万円が一般的ですが、共働き家庭で外食が多い場合には、食費が膨らんでしまいますよね。

外食を減らして自炊する頻度を増やせば食費を削ることは可能ですが、外食の頻度が少なくても食費がかさんでいることもあります。このタイプのママは、頻繁に買い物に出かけることが多い傾向にあります。買い物の回数が増えれば、買うはずではなかった・必要なかった出費も増えます。

そのため、あらかじめ1週間分の予算を決めてまとめ買いすることをおすすめします。ネットスーパーなどを活用すれば、子どもにお菓子やオモチャをねだられることもなくなるため、より節約に有効ですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC