就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

まとめ買い献立のコツを知ろう!メリットやポイントと献立提案サイト

まとめ買い献立のコツを知ろう!メリットやポイントと献立提案サイト

共働きのママはもちろん、たとえ仕事をしていなくても子育てや地域、園の役員、何かと時間は足りません。買い物に行く回数は少しでも減らしたいもの。でもまとめ買いって使い切れずに損じゃない?ポイントを押さえて、上手に時間とお金を節約する方法をご紹介します。

まとめ買い献立を立てるメリットとポイント

まとめ買いで無駄な出費が減り食費の節約に

週1回買い物に行くとして、大量に買うから出費は何千円、ときには1万円を超えることもありますね。たくさんお金を使ってしまってドキドキしたり…でも、たとえば鶏ムネ肉1枚入りとお買い得パックで4枚入りと、1枚当たりの単価はどちらが安いでしょうか?店にもよりますが、4枚入りの方が安いことがよくあります。

残ったお肉は冷凍、そのときカットして下味をつけておくと、加熱すればすぐに食べられます。ここで時間を節約。下味にもひと工夫、残ってしまいがちなドレッシングも下味に使えば捨ててしまう無駄も防げます。

また、買い物に行くとついつい余計なものに手が出がち。毎日なら週に7回になりますが、まとめ買いなら週に1回、「ついで買い」が避けられ無駄遣いも防げますね。

献立を決めてからまとめ買いしよう

とはいえ、やみくもに買っていれば使い切れずに結局捨ててしまいます。これでは本末転倒。肉・魚類なら冷凍して最長1カ月、根野菜は2週間で使い切るつもりで、家族の好みや人数、その週の予定を考えて、ざっと献立を考えてから買い物に行きましょう。

献立が決まっていれば、購入してからの保存にも自然とひと工夫できるようになります。ひき肉なら半分はミートソース用に炒めて、残りはハンバーグ用に成形まで済ませて冷凍すれば、これであっという間に2日分のメインおかずの準備ができましたね。

ブロッコリーは固めに茹でて冷凍、葉物野菜は洗って茹でたら、お浸しなどにして冷蔵保存するのがおすすめです。生のまま冷蔵庫にいれているより長く保存でき、すぐにテーブルに出せますね。

使いやすいストック食材を購入しよう

毎日何かと忙しいママは1週間分をまとめて下ごしらえするのは大変です。手抜きだって必要ですね。

そんなときに便利なのが「ストック食材」。缶詰や瓶詰、レトルト食品は常温保存できるうえ、ちょっと手を加えるだけで立派な主食や副菜に、変化自在です。ツナ缶はマヨネーズで洋風、お醤油で和風に。カレーならそのままでも、ごはんとチーズでカレードリアに、お出汁で伸ばしてカレーうどんにもなります。

ローリングストックといい、災害時にも安心なこれらの食材は、置き場所をきめて使っては買い足し、賞味期限切れにならないように常備しておくとよいですね。いざというとき、食べなれた味は本当に心強いものです。普段から少しずつレシピのバリエーションを増やしておきましょう。

考えるのが面倒な献立の立て方のコツ

基本の献立は一汁三菜で主菜から決める

料理の献立を考えるのはなかなか億劫なママも多くいらっしゃると思います。悩んだときは、昔から和食の基本になっている一汁三菜で考えてみませんか?

汁物があって主菜があって、小鉢(副菜)が二つ。主菜は肉・魚類、ときには卵や豆腐もよいですね。ここで主菜を決めてしまえば、すでにあるご家庭のパターンで、副菜や汁物も自然と決まりやすいものです。

このとき、和洋中にこだわることはないと思います。メインがあっさりならお味噌汁と野菜の炒め物。家庭はレストランではないので、和も洋も中も、混ぜちゃいましょう。どんぶりものや具だくさん味噌汁なら、一汁二菜だってアリです。週の途中で急に外食なんてこともあり得ます。気負わずゆったりと考えましょう。

主菜は1週間でパターン化すると楽!

家族の好みにもよりますが、主菜で毎日お肉だと胃腸も疲れてきますよね。よく食卓に上るものは鶏・豚・牛・魚・卵・豆腐 たんぱく源だけでもいろいろあります。

月曜日は鶏肉の日、火曜日は豚肉の日という風に主材料を決めると、揚げる、炒める、煮る…など調理方法を変えることで、バリエーションが増えますね。1週目月曜日は「鶏×揚げる」で唐揚げ、2週目月曜日は「鶏×炒める」でキャベツと鶏の胡麻ドレッシング炒め…そこに副菜をあてはめていけば、まるでパズル。レシピサイトも参考に、考えるのも楽しいですよ。

さらに副菜は一度に1日分作るのではなく、2日分作ってしまいます。取り分けて冷蔵庫に入れておけば一度の手間で二回楽しめます。また時短、節約できましたね。

主菜と副菜は、味付けや調理法が違うものを

今日はお肉?お魚?メインがお肉で味が濃いものにしたら、副菜も濃い味だと食べていて疲れてきますね。椀物はあっさりとお吸い物やコンソメスープ、ポテトサラダよりはグリーンサラダで、ドレッシングはあっさりとノンオイルはいかがでしょうか?

濃い薄いだけでなく、塩味、醤油味、出汁味、味噌味…ほかにもカレー味やケチャップ味など様々な味付けがありますね。メインが塩味なら副菜は醤油味、お味噌汁にサラダは酸味がプラスできます。同じような味がいくつもあるより、いろんな味がある方が家族も飽きることなく食べてくれることでしょう。

また、2日分塩味で作る副菜なら、1日目はオリーブオイルでイタリアンに、2日目はごま油で中華風に仕上げると、またバリエーションが増えますね。

1週間の献立を提案してくれるサイト

時間とお金の節約に「ウィークックナビ」

パナソニック株式会社の運営するサイトです。ただレシピが載っているだけではなく、1週間のまとめ買いリストから、休みの日にどのように下ごしらえして保存し、食べる当日は何をしたらよいか、丁寧な手順つき。作り置きを念頭においているサイトらしく、作ってからの保存期間の目安も掲載されています。

一人暮らしさん用、ファミリー用のほか、まとめ買いの参考になる3日コース、5日コースと多くのレシピバリエーションがあるのも魅力です。レシピサイトって、いろいろあり過ぎてどれを選んでよいのか、材料が余ったらなんて心配もつきものですが、これなら安心できますね。

Facebookやtwitterにも対応していて、最新の献立やレシピ情報の配信サービスを受けることができます。

毎日のおいしいが見つかる「味の素パーク」

ご存じ「味の素」の運営するサイトです。同社の製品を使ったレシピはじめ、お弁当向き、時短、節約、おもてなしと、さまざまなキーワードからレシピを検索することができます。1週間分、1カ月分でカレンダー式の日々のメニュー提案もあり、使いやすいですよ。レシピでは一食あたりのカロリー・塩分量・炭水化物・野菜の摂取量や、おすすめ副菜も検索できるのが便利なところです。

献立の考え方や栄養UPのコツなど、いろいろな内容のコラムは管理栄養士さんや病院の先生が書かれたもので、病気のこと、体調や季節に合わせて摂取したい食品や体操まで、かなり充実しています。ご自身や家族の体調管理が気になるママにもおすすめです。このあたり、さすがは食品メーカーのサイトですね。

旬の食材を使った献立「E・レシピ」

たくさんの料理家の方々がレシピを提供されている、ウーマンエキサイトのサイトです。こちらもいろいろなキーワードでのレシピ検索はもちろん、季節や行事、トレンドに合わせた特集も組まれ、中でも昨今のヘルシー志向の逆をいく、「がっつりメニュー」や、「ハイカロリー」など、禁断のキーワードもあり、楽しく見ることができます。もちろん、今週の献立というコーナーで、1週間分の主食、主菜、副菜のレシピ提案もあります。

何より便利なのが、新着レシピが画面に流れていること。人気のレシピランキングや簡単レシピなど、検索タイトルに写真が多用され、視覚から探しやすくなっています。

また、専用アプリもありますので登録しておくとすぐに見られて便利ですね。

まとめ

まとめ買いのメリットやコツを紹介しましたが、いかがでしたか?献立や保存方法に悩んだときはレシピサイトを活用し、急な外食など予定が狂っても気にしないで、ゆったりのんびり構えていきましょう。最初は要領がわからなくても、きっとすぐに慣れますよ。

コツは賞味期限の短いものから使っていくこと。週半ばでちょい足しすることもアリです。買出しの車がない、冷蔵庫のキャパがないなどハードルが高いようなら、頑張りすぎずにまずは3日分、慣れてきたらもう1日分増やしてみるなど自分ペースで無理なく進めていきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018