就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳の子どもは転ぶと頭を打ちやすい?ケガの対処法と予防方法

1歳の子どもは転ぶと頭を打ちやすい?ケガの対処法と予防方法

転んでも頭をケガしにくくする予防方法とは

子どもが転ぶのを前提に対策をとるのが大切

子どもがケガをしてしまったときの対処法だけでなく、ケガをしないために予防することも大切です。子どもが転んでも頭をケガしにくくするために、事前に対策をとりましょう。

子どもはバランスを取ることがまだ難しく、大人と比べ転びやすいです。さらに、転んだ先に机や棚などの家具があると、そこで頭を打って大きなケガに繋がってしまいます。そのため、家具を配置するときは子どもの動線を考えましょう。

また、屋外では階段などの段差のある場所で頭を打って、大きなケガになってしまうことがあります。このような場所では転ばないようにママと手を繋いで歩いたり、走らないように約束をしたりしておきましょう。子どもが歩く環境にも気を遣ってくださね。

床にクッションマットを敷きケガを防止

子どもが転倒したときのために、安全な環境作りをしていきましょう。床にはクッションマットを敷くとよいですよ。

これはクッション性があり、室内で子どもが転んだときに衝撃を和らげてくれます。リビングや子ども部屋など、子どもが多く出入りする部屋に敷いておくと安心ですよ。また、厚みのあるものは音も吸収してくれるので騒音対策にもなりますよ。

クッションマットには、さまざまな形状のものが販売されています。例えば、好みの形にカットできるタイプやパズルのようなジョイントタイプがあります。

ジョイントタイプは取り外しが簡単にできるのが特徴です。子どもがおねしょや嘔吐をしたとき、汚れた箇所だけ付け替えができるので常に清潔を保つことができるのも嬉しいですよ。

家具の角をコーナークッションで保護する

コーナークッションを使うと、家具の角で頭を打ってケガをすることを予防できます。これは子どもが頭を打ったときの衝撃を吸収してくれますよ。

机や棚、テレビ台などで頭を打ったときの衝撃は硬くとがったものの方が集中しやすいです。床に頭を打ったときより角で打った方が重症になりやすいので、クッションをしっかりつけておきましょう。

クッションはベビー用品店やホームセンター、100均で購入することができます。厚みや色など、さまざまなものがあるので家具に合わせて選んでくださいね。

つかまり立ちが始まると、転倒する機会が増えてきます。クッションマットやコーナークッションなどによる安全対策は、子どものつかまり立ちが始まる前に済ませておくと安心ですよ。

まとめ

1歳の子どもは発達が未熟だったり、靴のサイズがあっていなかったりすると転倒しやすいです。子どもがよく転ぶようであれば、原因を見極めてみてくださいね。

子どもが転んでしまったときは、ケガや意識の確認などを落ち着いて行っていきましょう。慌てて判断を誤ると手遅れになることもあるので注意してください。

また、子どもが転ばないようにすることは難しいため、子どもが転ぶことを前提に安全な環境になるよう整えることが大切です。今回ご紹介した頭のケガの予防法を参考に、子どもの成長を見守っていきましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND