就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

人生設計アプリを使ってみよう!人生設計図の作り方やアプリを紹介

人生設計アプリを使ってみよう!人生設計図の作り方やアプリを紹介

みなさんは自分の人生設計図を描いて将来を見据えた生活をしていますか?漠然と考えていても…将来どのくらいお金が必要なのか不安になりますよね。子育てに忙しくて、将来のことまで考えられないママもたくさんいるのではないでしょうか?難しく考えなくても今はアプリで簡単に人生設計図を作ることができますよ。

将来に不安を持つママへ。人生設計のすすめ

将来に不安を感じる人は70%以上

みなさんは将来に不安を感じることはありますか?子育てに追われているママなら、目の前の家計に必死で、将来のために十分な貯金を蓄えることができているのか、不安に感じたことがある方もいるのではないでしょうか。

2017年4月にインターネットで15~64歳の労働者1,037人を対象に行われた、日本労働組合総連合会の「日本の社会と労働組合に関する調査」では、「将来に不安を感じることがあるか」という質問に「感じる」と答えた方は77.0%もいました。「どちらともいえない」は15.7%「感じない」と答えた方はわずか7.2%でした。

約7割以上の人が将来に不安を感じている現実をどう感じますか?不安を感じるからこそ、早くから準備が必要といえますね。

具体的に人生設計を考えているママは少数派

ほとんどの人が具体的に人生設計を考えているの?!と焦っているママでも大丈夫です。

ベビータウンというサイトの会員の方のアンケート調査によると「今後の仕事、趣味、老後など人生全般について具体的に考えて準備している」と答えた方は全体の16.2%でした。「具体的に検討しているが行動に移していない」と答えた方は13.2%でした。残りの約7割のママはまだ具体的に考えていないということになりますね。

でも、本当にこのままでよいのでしょうか?「備えあれば憂いなし」という言葉のように、老後までに必要な貯蓄、マイホームの購入、子どもの進学にかかる費用など大きな支出のときに困らないようにするためにも、少しでも早くから備えておく方がよいですよね。

人生設計とはどんなもの?

そうはいっても、「人生設計」とはどんなものでしょう?人生設計とは、結婚や仕事、住居、老後の暮らしなど、今後の人生において起こりうるイベントを、予測して計画を立てることをいいます。

平均寿命が昔より延びたとはいえ、どんな人にも人生には終わりがあります。限られた時間を有意義に満足して過ごすためには、事故や病気、災害などの想定外のリスクに備えておく必要があります。予期せぬことが起こったときに、それ相応の貯金や健康が無ければ乗り越えることは難しいでしょう。

あらゆるリスクを避けられればよいのですが、なかなかそううまくはいきませんよね。リスクに直面したときに少しでもダメージを減らすためにも、みなさん人生設計が必要なのではないでしょうか?

ママに作ってほしい!人生設計図

人生設計図を作るメリットについて

人生設計図を作っても、自分の夢や妄想ばかりで無意味だと思っていませんか?はたしてそうでしょうか?人生設計を図にすることで、自分の人生の道筋が見えるようになります。

例えば、ママが30歳のときに、パパは32歳、子どもは2歳だと、子どもが6歳で入学のときにママは34歳だな、子どもが10歳になったら海外旅行に家族で行きたいな、車も買い替えないと…じゃ、あと何年で貯金がいくら必要だな…など考えますよね。要するに、人生設計図はやりたいことの期限や目標などを明確にするものなのです。

また、万が一の事故や病気になったときのためにも自分に合った保険に加入することで、急な出費を最小限におさえられ、計画的に貯蓄を増やせますね。

人生設計シートを作ってみよう

どうやって人生設計シートを書いてよいのか分からないママもいますよね。何年という決まりはないのですが、一般的には人生の転換期から考えて、子育て世代の家庭は65歳の定年後までの約30年間をエクセルのシートに作ることが多いようです。子育て中と、子育て後の人生のイメージを考えるのに最適ですね。

タテ軸には家族の名前を書き、ヨコ軸には年齢を書きます。そこに、想定される人生の3大資金といわれる、住宅、教育、老後の資金と、ライフイベントを家族それぞれ記入します。

人生の3大資金を書き込めたら、保険の切り替えや車の買い替えなど、思いつくライフイベントを書き込み、修正や見直しを加えたら完成です。パパとママとで完成したものを見せ合うのもよいですね。

無料でダウンロードできる人生設計ツール

毎日忙しいのに、人生設計シートを手書きで30年以上分も記入するのはちょっと…と思っているママはいませんか?必要事項を入力するだけで35年分の人生設計シートが完成する「『Your LIFE』自動ライフプラン作成ツール」をご紹介します。

具体的にはまず、自分と家族の年齢、次に住居にかかる費用を書き込みます。例えば、2年後に3,500万円の戸建て住宅を購入…などです。その次に、子どもの教育費を記入し自家用車やその他のイベント支出を記入し、収入と支出を概算して、最後に資産の変動を把握します。

こんなにも記入したくない!と思う方には、簡単なアンケートに答えるだけで、試算してくれる優れたサイトもありますよ。

ママに使ってほしい!人生設計アプリ

将来必要なお金を診断「教えて!未来ゾウ」

人生には平均2億かかるといわれているそうですが、自分の稼ぎや年収が赤字収支なのか黒字収支なのか、また将来必要なお金がどのくらいなのか、人生設計に必要なお金を試算してくれる優れたアプリがあります。

「教えて!未来ゾウ」というアプリなら家族情報・収入資産・イベント支出のページそれぞれに、現在の世帯年収、資産、老後についてプルダウン形式のところから選択していくだけの簡単な診断テストになっています。

アプリの名前どおり、自分の未来像を知ることで、将来自分がどのような生活を送れるのか、現在の年収のままで大丈夫なのかを知ることができます。自分の将来の夢を叶えるためにも、また、マイホーム取得や、子どもにかかる養育費用など、将来必要なお金を簡単に把握するためにも、簡単な診断テストで今の自分を見直すよいきっかけになりそうですね!

老後の準備を今のうちからしておきたい方、毎月の収入や貯蓄をきちんと把握できていない方、現在の年収・将来の備えに不安がある方は、このアプリを使ってみてはいかがでしょうか?あなたの「未来ゾウ」が見えるかもしれませんよ。

お金の知識がつく「ライフプランスタディ」

ゲーム感覚で楽しく学びたいママは「ライフプランスタディ~今日から考えるお金の戦術~」というアプリはいかがですか?

かわいい3匹の猫が先生となって、学生生活から社会人生活、結婚、出産、老後といったライフステージを舞台に、金融・経済や生活設計・家計管理、資産運用や年金・贈与等、生活に必要なお金の知識を分かりやすく学べる、クイズアプリです。ライフプランや資産形成にまつわるクイズに挑戦していきます。

「ストーリーモード」
金融知識に関する会話形式のストーリーの中で、全5章にわたるライフステージを通じて、クイズに挑戦する

「フリーモード」
ジャンル別に分類されたクイズに1問ずつ挑戦できる

さらに学習を深めるための、全国銀行協会のウェブサイトへのリンクをまとめた「ヘルプ」ページもあります。

ストーリーモード終了後の「ライフプランシミュレーション」では今後の人生におけるお金のことがグラフで表示されます。クイズで学んだことを参考に、未来のビジョンをしっかりと描けるようになっています。ゲーム感覚で金融知識をつけられるなんて嬉しいですね。

まとめ

お金の出入りは、家族構成や環境など各家庭によってそれぞれ違いますが、どの家庭にも備えは必要です。

事故や病気、災害などの万が一のことがあっても大丈夫なように、どの家庭も将来への不安が少しでも軽減するような人生設計図を作っておけるとよいですね。

自分で記入しなくても簡単に作成できるアプリなどを活用することで、お金の管理に不安なママが、自分や自分の家族に見合った人生設計図を、前向きに無理なく作成できるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR