就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ガーデニングで草花を植えよう!季節別おすすめ草花、お手入れ方法

ガーデニングで草花を植えよう!季節別おすすめ草花、お手入れ方法

草花から季節の移り変わりを感じることは、ガーデニングの楽しみの一つですよね。いつも素敵な草花で花壇を彩りたいけれど、「手入れが大変そう」と難しく感じてしまうことも。しかし、初心者でもポイントを押さえれば、鮮やかな花壇を楽しむことができますよ。今回は、季節別のおすすめ草花とお手入れ方法を紹介します。

ガーデニング初心者におすすめの季節別草花

あたたかな春におすすめの草花

草花が芽吹く春。お店に並ぶ苗の種類も多く、ガーデニングを楽しむのにもってこいの季節です。あたたかな春に、おすすめの草花をいくつか紹介しましょう。

まずは、春を代表する花「チューリップ」です。色や花びらの形、サイズなど種類が豊富にあります。手入れも簡単で、初心者におすすめです。花が咲き終わっても、球根を正しく保管すれば、数年同じ球根で花を咲かせることができますよ。

また、連なった花が可愛い「すずらん」も人気です。ほかには、鮮やかな色の「マリーゴールド」、香りが特徴的な「ゼラニウム」、小さな蝶のような花びらの「ロベリア」、成長が早く丈夫な「ペチュニア」、心地よい香りの「ラベンダー」なども春らしく柔らかな色合いでおすすめです。

夏の日差しにも強い草花

夏は強い日差しと高い気温で、草花の世話も一苦労ですよね。そんなときは、耐暑性のあるものを植えることで、あまり手入れがいらず花も楽しむことができますよ。

まずは、夏を代表する花「ひまわり」です。最近では種類も豊富で、背が低く鉢植えにピッタリのひまわりもありますので、お気に入りをさがしてみましょう。

ほかには、鮮やかな青がきれいな「エボルブルス」、勲章のように色とりどりの花を咲かせる「ガザニア」、フワフワとかわいらしい「ケイトウ」、星形の花びらで直射日光に強い「ペンタス」、幾重にも重なった花びらが美しい「ダリア」などがあります。夏におすすめの花は、暑さに強いですが、蒸れに弱いものが多いので、水のやりすぎに注意しましょう。

成長めざましい秋に楽しみたい草花

実りの季節の秋。秋の花は、少し落ち着いた色合いのものが多く、秋らしさを草花で感じることができます。

花壇が寂しくなりがちな晩秋から、小さく可憐な花を咲かせる「ウィンターコスモス」や、濃い赤紫の花からほんのりチョコレートの香りがする「チョコレートコスモス」、小さな球状の花を咲かせる「センニチコウ」は、秋におすすめです。また、初心者でも育てやすく花が長く楽しめる「カランコエ」、白く細やかな花を咲かせる「スイートアリッサム」、園芸店では定番の「パンジー」や「ビオラ」も色の種類が豊富で、秋の花壇を鮮やかに彩ってくれます。

日ごと増していく寒さに負けず、きれいな花を咲かせる草花を見ていると、元気がもらえそうですね。

ガーデニング草花のお手入れ方法は?

購入したら早めに植え替えをしよう

草花を購入するとき、ポット苗を買う人が多いのではないでしょうか。ポット苗とは、直径10cmほどのビニール製のポットに入っているものをいいます。この苗をビニールポットから外してみると、ぎっしりと根が詰まっていることが分かります。

このまま置いておくと、
・根が吸い上げる水の量が多く、小さなポットではすぐ水分不足になってしまう。
・根が過密でこれ以上伸びることができず、枝葉も成長できない。
・苗に対して土の量が少ないので、栄養不足になってしまう。

など、元気に花を咲かせることができない状態に陥ってしまうのです。そのため、購入したら早めに植え替えをしましょう。鉢に植え替えるときは、苗より一回り大きなものに植え替えるとよいですよ。

草花の水やりのポイント

草花の水やりには、ポイントがいくつかあります。まずは、季節によって適した時間帯と頻度で水やりをしましょう。

【季節ごとの水やり】
春 1~2日に1回、朝に水やり。新芽の成長とともに徐々に水の量を増やします。
夏 1日2回、比較的涼しい早朝と夕方に水やり。たっぷりとあげます。
秋 1~3日に1回、9時~12時ごろ水やり。夏のペースから徐々に減らしていきましょう。
冬 週に1~2回、朝9時ごろ。地植えの場合は水やり不要のことも。

また、土に触って渇いていたら、根元の土にたっぷりとあげることもポイントです。鉢植えなら下から水が出てくる量を目安にしてください。その際、根腐れを防ぐためにも受け皿に溜まった水は捨てましょう。

環境によって違う、草花の育て方

草花に適した環境かどうかは、元気に育つためにはとても重要です。ベランダ一つとっても、北向きか南向きか、手すりがコンクリートか格子状かによって、日照条件や風通しに大きな違いが出てきます。

例えば、北向きや壁に囲まれたベランダの場合、日陰や半日陰になることが多くなります。そのため、半日陰でも成長する植物を選ぶようにしましょう。逆に南向きの日差しが強いベランダの場合は、強い日差しでも平気な野菜、果樹などが向いています。

また、風通しも草花にはとても大切です。塀で囲まれて風の流れがないような場所は、湿気や淀んだ空気が溜まってしまい、蒸れによる枯れが起こりやすくなります。吊るしたり鉢台を利用したりして、風通しをよくしてみましょう。

日当たりが悪くても大丈夫!日陰に強い草花

グランドカバープランツに最適なアイビー

日当たりが悪い場所しか、ガーデニングスペースをとることができない場合もありますよね。ここからは、日陰に強い草花を紹介しますので、ぜひ取り入れてみてください。

まずは、這うようにツルが伸びるグランドカバープランツに最適な「アイビー」です。英名の「ヘデラ」と呼ばれることもあり、日陰でも枯れにくく1年中みどりの葉をつけます。

手間いらずの強い植物なので、ガーデニング初心者におすすめですよ。小さな手のひらのような可愛い葉っぱを持ち、色や模様など種類が豊富です。長く伸びるツルの特徴を生かして、グランドカバーだけではなく、ハンギングして育てるのも人気です。動きのあるツルのカーブが、素敵なガーデニングを演出してくれますよ。

耐陰性で次々と花を咲かせるインパチェンス

次は、たくさんの小さな花を咲かせる「インパチェンス」です。花付きをよくしたい場合は、半日陰で育てるほうがよいですが、耐陰性があるので日陰でも大丈夫です。代表的なピンクや白、赤だけではなく、花びらに二色混じったものからバラのような花びらを持つものまであります。

こんもりと株が成長するので、鉢植えにインパチェンスだけ植えて育てるのもよいですよ。全体が丸い花束のようになり、可愛らしい鉢植えになります。

インパチェンスは、種からでも育てやすい種類です。種から育てることで、花が咲いたときの感動をより味わうことができますよ。種まきから開花も早く、60日ほどです。インパチェンスは乾燥が苦手なので、水枯れには注意しましょうね。

アンティークな色合いのクリスマスローズ

最後は、アンティークな色合いが素敵な「クリスマスローズ」です。クリスマスという名のとおり、耐寒性が強く冬に花を咲かせます。日陰でも育つ丈夫な花なので、冬枯れしてしまうガーデニングを、シックに彩ってくれますよ。

種類が多いのが特徴で、花の色だけでなく、花弁に斑点や網目状の模様があるなど個性豊かです。また一重咲や八重咲など咲き方にも違いがあり、同じ花でも可憐に見えたり清楚に見えたりします。自分のお気に入りを選ぶ楽しみがある花といえるでしょう。

苗を買うときは、10月頃に市場に出る若い苗は、花が咲くまで1年以上かかるものが多くなります。すぐに花を楽しみたい場合は、1~3月に開花済みか、つぼみのある開花見込みの株を買うようにしましょう。

まとめ

初心者には、こったガーデニングはとても難しくハードルの高いものです。しかし、育てやすい種類を選ぶことで、ずっと簡単にガーデニングを楽しむことができることがわかりましたね。

草花は季節の訪れを教えてくれるだけでなく、その青々とした葉や鮮やかな花で私たちを癒してくれます。また、ガーデニングのよいところは、広い庭がなくても、自分の好きな場所に素敵な庭を作れることではないでしょうか。ふとしたときに眺められる場所に、ガーデニングスペースを作って楽しんでみましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018