就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんと一緒に秋キャンプデビュー!失敗しないコツや必需品を紹介

赤ちゃんと一緒に秋キャンプデビュー!失敗しないコツや必需品を紹介

だんだんと涼しくなってきて過ごしやすくなる秋は、キャンプにちょうどいい季節ですね。赤ちゃんも事前準備をしっかりとしていけば、キャンプをすることは可能です。「必需品」と「失敗しないためのコツ」を事前に確認して、赤ちゃんと秋キャンプデビューをしてみませんか。

事前準備が大切な赤ちゃん連れの秋キャンプ

赤ちゃん連れキャンプで必要なもの

赤ちゃん連れのキャンプには、日々の生活の中でも欠かせない「おむつ・おしりふき・着替え」は必携ですね。キャンプは山中などのすぐに買いに行ける環境ではないことが多いので、必ず必要なものは多めに持っていくようにしましょう。

次に、「虫よけ・日焼け止め・帽子・保冷シート」などの夏の外出グッズです。秋のキャンプにも時期によっては意外と必要なときがあるので、持っておいたほうがよいでしょう。

そのほかには、防寒具や寝床を整えるための「マット」や、全開すれば添い寝用の敷布団として使える「封筒型寝袋」、もしものときに必要な「保険証」もあると安心ですね。ちょっとした作業や移動、寝かしつけに活躍する抱っこひも(おんぶがおすすめ)、湯煎できる離乳食もあると便利です。

赤ちゃんとのキャンプで注意するポイント

赤ちゃんとのキャンプでは、赤ちゃんの安全面や体力に常に注意を払いましょう。親子ともに「無理をしないこと」が、失敗がなく、安全で楽しいキャンプをするためのコツです。

赤ちゃんへの負担を考えて、キャンプ場は移動時間の少ない近場にするとよいでしょう。万が一に備えて、病院が近くにあるキャンプ場を選ぶと安心ですね。

夜泣きで周りに迷惑をかけないか心配しているママも多いと思います。夜泣き対策として、赤ちゃんがなるべく寝やすい環境(寝具や温度)を整え、お昼はよく遊ばせて夜にぐっすり眠れるようにしましょう。

泣いたときにはすぐ授乳をして泣き止ませたり、周りの人たちに事前にごあいさつしておいたりといった配慮をすることも大切ですね。

不安が残るならコテージ泊も検討しよう

キャンプといえば、テントを張ってその中で寝泊まりするイメージがありますが、テント泊だけがキャンプではありません。赤ちゃんの体力面や夜泣きなどの不安が残る場合には、コテージ泊という手段もあります。

コテージ泊なら場所によっては空調や浴室などの環境が整っているので、暑さ対策にも、反対に肌寒いときにも、室温や衛生面の管理がしやすいです。また、夜泣きをしてもテントよりは外に響きにくいという点も大きなメリットですね。

コテージ泊ならテントや寝袋などの大きな荷物を減らすことができ、テントを設営する手間も省けます。そのため、赤ちゃんの安全で快適な休憩場所を素早く確保でき、設営のためのママの負担も減ります。

赤ちゃん連れにおすすめ。時短のキャンプ飯!

とにかくなんでも串に刺して焼く

いろんな食材を串に刺して焼く料理は事前に下ごしらえをして持っていけば、あとは串に刺して焼くだけの簡単時短料理です。料理の手間だけではなく、串を持って食べるのでお皿やお箸などの洗い物を減らすこともできますよ。

なんでも串に刺して焼くとバリエーションも豊富で楽しめます。串に刺すおすすめの食材は、火が通りやすい肉やエビ、アスパラガス、キノコ類、生でも食べられるパプリカやプチトマトなどです。

火の通りにくいじゃがいもなどの根菜類、柔らかくて串から落ちやすいむき貝や魚の切り身、サイコロステーキなどの成型肉は少し難しいです。スーパーで買った唐揚げの串刺しや、生のまま食べられるきゅうりの浅漬けの串刺しなどは特に時短できるキャンプ飯です。

失敗しない!缶詰バーベキュー

缶詰を開けたらそのまま網の上で焼く「缶詰バーベキュー」は、簡単で失敗の少ないキャンプ飯です。コーンの缶詰は汁気をきったら、バターを入れてあとは網に乗せて焼くだけでバターコーンのできあがりです。

串刺しは難しいけれどお酒に合う貝類を食べたいなら、オイルベースの缶詰を選んでニンニクのチューブを絞りましょう。あとは、網に乗せて焼けば、簡単アヒージョのできあがり。アヒージョのオイルはバケットにつけて食べれば絶品なので、バケットを用意して軽く網であぶるのもおすすめです。ご飯をたくのは大変ですが、パンをあぶるだけなら簡単ですよ。

味付け済みの焼き鳥の缶詰にはチーズをのせて焼いてみるのもgoodです。自分流のレシピを考えるのも楽しいですよ。

鍋なら自宅で準備した具材を入れるだけ

鍋ならあらかじめ切ったり処理したりしておいた具を、お好みの鍋用のスープとともに煮込むだけで完成です。大根や玉子を茹でておいてから持っていき、ほかの具材とおでんの素で煮込めば、おでんも簡単にできます。

家での準備が面倒な場合は、鍋用の具材が一通りカットされてそろっている鍋パックを買って行くと便利です。鍋のシメに投入するのはご飯でもよいですが、手間いらずのうどんやラーメンがおすすめです。

自然の中で秋の味覚であるキノコをたっぷりと入れて、季節感を満喫するのもよいですね。鍋なら、一気に大量に作ることも可能なので、複数家族の大人数でキャンプをしても、みんなで一斉に食べられるところもメリットですよ。

秋キャンプで注意することトップ3

秋の夜は意外と冷える。寒さ対策を万全に

秋は残暑が厳しいことがあるので熱中症にならないために、日よけグッズを使ったり、なるべく日陰で過ごしたりする配慮が必要ですね。しかし、秋はお昼は暑いくらいでも、夜になると意外と冷えて肌寒く感じることがあります。

そのため、寒さ対策のための上着や長袖や長ズボンも用意しておきましょう。地面からの底冷えを防ぐため、テントにはグランドシートやテントマットを敷くと効果的です。毛布もあるほうがよいですよ。

街中と山中では気温が違うことも多いので、行く予定のキャンプ場の気温の推移をチェックしておくと参考になります。赤ちゃんは体温を調節する機能が未熟なので、温度管理には十分注意してあまり無理のないように環境を整えてあげたいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC