就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの冬場の肌着はどうする?適切な着せ方と気づかいポイント

赤ちゃんの冬場の肌着はどうする?適切な着せ方と気づかいポイント

赤ちゃんと過ごすはじめての冬を快適なものにするために、寒さ対策は欠かせませんよね。さまざまな防寒グッズを用意していく上で、多くの種類がある冬用の肌着選びに迷ってしまう方は多いのではないでしょうか?今回は、赤ちゃんに適した冬用の肌着の選び方や使い方についてご紹介していきます。

赤ちゃんにとっての肌着の重要性

未熟な体温調節をサポートしてくれる

寒暖差がはげしく大人でも凍えてしまいそうな冬の時期は、か弱い赤ちゃんにはつい分厚い服を着せてあたためてあげたくなるものですよね。

しかし、体温調節の機能が未熟な赤ちゃんはあたためすぎてしまうと冬でもすぐに汗をかいてしまいます。分厚くて吸水性の悪い化繊の服1枚だけを着せていた場合には、赤ちゃんが汗をかいても服が汗を吸水せず、体の表面に汗を残したままになってしまうのです。

これではかえって体が冷えて風邪をひく恐れがありますので、体と服の間に1枚肌着をはさむことで赤ちゃんの汗を吸収し、体が冷えてしまわないようにサポートしてあげることが大切です。肌着をはさむと肌着と服の間に空気の層ができ、保温性も高まるのでなおよいですよ。

汗っかきな赤ちゃんの肌を清潔に保つため

赤ちゃんは小さな体ではありますが、汗腺という汗を分泌する皮膚の穴は大人と同じ数だけあるといわれています。わずか身長50〜80cmほどの小さな体で大人と同様の汗をかいているという事実には驚きですが、それだけ赤ちゃんは汗をかきやすいともいえるのです。

冬の寒い日であっても、室内と外との寒暖差や暖房の設定温度、風邪を心配するあまり服を着せすぎてしまうことなどが原因で、容易に汗をかいてしまうことは多々あるでしょう。

もちろん部屋の温湿度に合わせて衣服の枚数の調整をし、汗をかかないよう工夫する必要はありますが、仮に赤ちゃんが汗をかいてしまっていたとしてもすぐに汗を吸収できるように吸湿性のよい肌着を着せ、肌を清潔に保つ工夫をすることが大切ですね。

赤ちゃんをさまざまな刺激から守る役割

赤ちゃんの肌はもちもちとしていてやわらかいイメージかもしれませんが、とてもデリケートで荒れやすいものです。とくに授乳時や寝入るときには汗をかきやすく、肌の表面に汗を長時間とどまったままにしておくと、あせもなどの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるのです。

赤ちゃん用の肌着は汗の吸湿性の面だけでなく、デリケートな赤ちゃんの肌に刺激を与えないようにさまざまな工夫が施されています。赤ちゃんの肌に縫い目やタグが直接あたらないように外側についていたり、体を締め付けないようデザインされていたりするのです。

赤ちゃんのデリケートな肌を清潔で快適な状態に保つために、冬でもぜひ肌着を活用してみてくださいね。

冬場に適した赤ちゃんの肌着の着せ方

通気性と吸湿性の高い綿素材の肌着を選ぶ

体温の調節をしたり汗を吸い取ったりと、赤ちゃんが快適な状態で過ごす上で欠かすことのできないベビー肌着。しかしあまりにも素材やデザインの種類が多すぎて、どれを選べばよいのか困ってしまうこともあるでしょう。

赤ちゃんのための肌着を選ぶときにはついデザインのかわいらしさに目がいってしまうかもしれませんが、まずこだわりたいのが機能面です。赤ちゃんは一年を通して汗をかきやすいため、通気性や吸湿性にすぐれた綿100%の素材のものがおすすめですよ。肌の敏感な赤ちゃんにはオーガニックコットンのものもよいでしょう。

一口に綿素材といってもさまざまな生地がありますので、季節やお住まいの地域の環境に合ったものを選んでみてくださいね。

冬は短肌着の上に丈の長い肌着を重ねる

暖房の効いた室内で過ごすのであれば「肌着1枚+ベビーウェア1枚」で十分かもしれませんが、冷え込む日にはさまざまな防寒対策が必要ですよね。

「赤ちゃんが風邪をひいてしまわないように」と、もこもことした分厚い服をつい着せてしまいたくなるのが親心ですが、赤ちゃんは汗っかきのため、厚着は控えたほうが無難です。薄手の通気性のよい肌着やウェアを重ね着し、赤ちゃんの様子に応じて脱ぎ着させるとよいですよ。

とくに肌着に関しては、腰までの丈の短肌着に長肌着やコンビ肌着を重ねて着せるのがおすすめです。肌着と肌着の間に空気の層ができて保温性が高くなりますし、丈の長い肌着のおかげでお腹や脚もあたためてあげることができますね。

赤ちゃんの成長に合わせ適した肌着を選ぶ

赤ちゃんの肌着には主に以下のような形があります。季節や月齢に合ったものを用意してあげましょう。

・短肌着
腰までの丈で、重ね着する場合は1番下に着せます。汗を吸い取りやすい素材、肌にやさしい縫製のものにしましょう。

・長肌着
丈が長く足先まで覆えます。おむつ替えの回数が多く、足の動きの少ない新生児向けです。

・コンビ肌着
長肌着の裾が2股に分かれたもの。裾の内側にスナップがついているためはだけにくく、足の動きが活発になるころから重宝します。

・ボディー肌着
寝かせたままでのおむつ替えがしやすい前開きタイプと、腰がすわったころから使えるかぶりタイプがあります。足が出るため赤ちゃんの動きを妨げないようデザインされています。

冬場の肌着を選ぶ際の気づかいポイント

肌着は生地の織り方による違いに注意する

新陳代謝が活発で冬でも汗をかきやすい赤ちゃんには、吸湿性や通気性にすぐれた綿100%の肌着がぴったりです。一口に綿素材といっても織り方や編み方、糸の太さによって生地の厚さや特徴は異なるため、冬場には以下のような保温性のあるものを選んであげるとよいでしょう。

・フライス
横方向への伸縮性が高く、やわらかい生地です。季節を問わず、赤ちゃんの肌着に使われます。

・スムース
両面がリブ編みのため、表も裏もやさしい肌触りなのが人気のポイントです。肌着の素材としてはやや厚く、肌寒くなる秋冬に適しています。

・パイル
タオル地のことを指し、ループタイプと表面をカットしたシャーリングタイプのものがあります。分厚く保温性が高いため、冬の時期によいですよ。

暖房の効いた室内では重ね着をしすぎない

冬場の赤ちゃんとのお出かけの際には、厚手のカバーオールやベビーポンチョ、ジャンプスーツなどでの防寒対策が欠かせませんよね。冬用の帽子やマルチケープ、フットマフなどの防寒グッズも使用して、冬の冷たい風から赤ちゃんを守らなければなりません。

しかし、暖房の効いた室内で過ごすときには汗っかきな赤ちゃんに厚着は禁物です。「汗を吸い取るための短肌着」+「温度調節のための丈の長い肌着」+「ベビーウェア」程度の重ね着で十分でしょう。

赤ちゃんの背中がじんわりと汗ばんでいれば1枚減らしたり、ほっぺたがひんやりと冷たく肌が少し白っぽいようでしたらベストや腹巻き、レッグウォーマーなどで調整してあげてくださいね。

すぐ着替えができるよう肌着は多めに用意

一般的に、出産準備の段階で短肌着を5〜6枚、長肌着とコンビ肌着を合わせて5〜6枚程度用意しておけばよいとされています。しかし赤ちゃんの成長スピードはとてもはやいため、すぐに着られなくなる小さなサイズの肌着を何枚も購入することをついためらってしまうママもおられることでしょう。

たしかに夏の時期と比べると汗をかかないため肌着を着替えさせる頻度は少ないかもしれませんが、寒さ対策のために肌着を重ねたり、母乳やミルクを吐いてしまったりするときなどに着替えが必要となるケースは多々あります。

季節や洗濯の頻度、赤ちゃんの成長スピードによって必要となる肌着の枚数は異なりますが、少なくとも基本的な枚数分は必要なときにすぐに着替えられるように用意しておきましょう。

まとめ

朝晩の冷えこみが厳しい季節になると、赤ちゃんが風邪をひいてしまわないようにと防寒対策のためのものを買い足していきますよね。アウターや帽子などのもこもことした防寒グッズもたしかに必要ですが、赤ちゃんが寒い冬を快適に過ごせるようにするためには素材や機能面にこだわった肌着選びが大切です。

寒い冬を乗りきれるようにするための選び方や使い方についての上記の記事を参考にしていただき、冬用の肌着の準備を万全に整えていってくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR