就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもがなぜ泣いてるのか知りたい!年齢別よくある理由と対処方法

子どもがなぜ泣いてるのか知りたい!年齢別よくある理由と対処方法

子どもが泣く理由がわからず、どう対応したらよいかわからないと、ママは焦ってしまうことがありますよね。幼いきょうだいが一緒に泣いていれば、ママはお手上げかもしれません。ここでは年齢ごとに子どもが泣く理由と、ママのイライラを少なくする方法をご紹介します。泣く子に対応するための参考にしてくださいね。

0歳から1歳までの泣く理由と対処方法

お腹がすいた、おむつなど生理的欲求で泣く

赤ちゃんが泣くときは、お腹がすいたり、おむつが不快だったりするなどの、生理的欲求で泣くことが多いといわれます。げっぷが出なくてつらい、眠いのに眠れない、痛みやかゆみがあるなど、慣れないと少しわかりづらい欲求もありますよね。

授乳後に泣いたら、背中をトントンしてげっぷを出す手伝いをするなど、見当を付けながら一つ一つ可能性を潰していくことも必要です。いろいろ確認しても泣く原因が見当たらないこともあります。

赤ちゃんは不安やさびしさから、また、ママのイライラを感じ取って泣くこともあるそうです。私たちも部屋に入ると緊張した雰囲気がするなど、言葉以外のものを感じることがありますよね。赤ちゃんは大人以上に敏感なところがあるのかもしれませんね。

部屋の温度や明るさを変えてみよう

体温調節の機能が未発達な赤ちゃんは、暑さや寒さを敏感に感じ、眠たいのに眠れなくて泣いている場合もあります。赤ちゃんの手足が冷えていないか、背中に汗をかいていないかを確認して、部屋の温度や服を調節しましょう。

部屋の明るさは、お昼寝では暗くせず、赤ちゃんが寝たらカーテンを閉めるくらいがよいといわれます。夜は夜間授乳で点ける小さな灯り以外は、できるだけ暗くすることが昼夜の区別を付けるために大切です。赤ちゃんの生活リズムが整うと、寝かし付けが楽になることが多いですよ。

眠れない原因には、意識が薄れる感覚が怖いのではないかという説もあります。いろいろな方法を試しても泣いているときは、抱っこして赤ちゃんの不安を取り除くことが必要かもしれませんね。

黄昏泣きならゆらゆら抱っこやバウンサー

原因がわからないけれど、夕方くらいから機嫌が悪くなり、泣き止まなくなることを「黄昏泣き」といいます。赤ちゃんによりますが、早ければ生後2週間くらいから始まり、一般的には6カ月くらいで治まることが多いといわれます。

「黄昏泣き」の原因ははっきりしていません。お腹にガスがたまっている、昼間受けた刺激が多くて疲れていることなどが原因ではないかといわれています。

「黄昏泣き」のときは、抱っこやバウンザーでやさしくゆらゆら揺らしてみましょう。赤ちゃんは気分転換ができたり安心したりして、落ち着くことがあります。お風呂やお散歩も効果があるかもしれません。

ただし、泣き方が普通でない場合や、ほかに気になる症状がある場合は小児科を受診することをおすすめします。

1歳から2歳にかけて泣く理由と対処方法

言葉を覚え始めて自己主張が始まるとき

1歳過ぎくらいでは、自分でやりたいのにできない、自分の気持ちが伝えられないという理由から泣くことが多いそうです。自我が芽生え始める1歳半過ぎ頃からは、イヤイヤ期に入り、自分の意思を通せずに泣くことが増えます。

この頃は、常識や大人の事情が理解できません。ママは「夕方だから帰る」と考えますが、子どもは、「遊びたいのを邪魔される」としか思えないのです。

小さな子特有のこだわりもあります。「このシャツしか着ない」などという感覚は大人にはわかりづらく、そのシャツを洗ってしまい、子どもが着られずに泣くことがあります。

この時期はまだ、脳の衝動的な欲求を抑える部分が未発達で、感情のコントロールができずに泣いて感情を爆発させることがあるのです。

泣いている理由を聞いて代弁する

子どもが泣く理由をママが代弁できるとよいですね。それは子どもの気持ちに共感し、言葉で気持ちを表すお手本になります。

家で自分が座る位置など、この頃はマイルールがある子が多く、それを崩されて泣くこともあります。そんなときは「あそこに座りたかったんだよね」と、子どもの気持ちを代弁し受け入れます。

そして「お友だちもそこに座りたいんだよ」と相手の事情を説明し、思いどおりにならないことがあると知ってもらいましょう。さらに「一緒に座らせてもらう?」などと、解決策や代替え案を提案できるとよいですね。

イヤイヤ期はなるべく子どもの意思を尊重したいですが、できないことも多いですよね。そんなときは、子どもの気持ちを代弁し、寄り添うようにしたいですね。

よいこととダメなことをはっきりさせる

子どもには、してよいこととダメなことをはっきりさせて注意することが大切です。人によって、または日によっていうことが違い、一貫性がないと子どもに定着しづらいからです。

欲求を抑えるのが難しいこの頃は、1度の注意では聞けないことが多いです。短い言葉で簡潔に注意し、言い続けることに重きを置いた方がよいかもしれません。

たとえば食事中に遊ぶとき、端的に「ご飯はお口に入れるものだよ」と注意し、遊び続けるようなら時間が来たらママは淡々と片付けます。1度で身に付かなくても、それを根気強く続けると子どもは遊ばずに食べられるようになるでしょう。

危険なことや迷惑なことは、抱っこしてその場から離れるなど、物理的に子どもを止める必要が出てくるかもしれません。

3歳から4歳にかけて泣く理由と対処方法

友だちとのケンカなど社会性が育つ場で泣く

3歳くらいは、ひとり遊びの段階から、ほかの子に興味を持ち一緒に遊ぼうとする時期に入る頃です。今まではママとの関わりの中で、愛情をたくさん受け、いろいろな配慮をされてきた子どもたちは、幼稚園などに入り、集団生活の中で子ども同士の容赦のない関係を体験します。

しかし3歳くらいでは、まだまだ適切に自分の気持ちを伝えたり、相手の気持ちを考えることは難しいことが多いです。すると自我と自我のぶつかり合いで、子どもは泣くことが多くなるのです。

口が達者な子は、ママをイラっとさせる発言をすることもあります。しかしママが感情的になると、子どもは怒ったときの表現方法はかんしゃくを起こすことだと学ぶ恐れがあります。なるべく冷静な態度で対応できるとよいですね。

泣いている理由を聞き、気持ちに寄り添う

3~4歳くらいの子が泣いているときは、ママはやさしく理由を聞けるとよいですね。言葉で気持ちを伝える練習は、友だち同士の関係によい影響を与えます。理由を言えないときは、いくつか思い当たる理由をママが言って、選んでもらってもよいですね。

泣いているときの気持ちをママが受け入れると、子どもは大きなかんしゃくを起こしにくくなります。十分に気持ちに寄り添った後で、解決方法や代替え案を提案すると、子どもは素直に話を聞けることが多いですよ。

子どもの気持ちに寄り添っても、子どものいいなりにはならないことが大切です。ママはしてはいけないボーダーラインを決めたら、それを超えなければ目をつぶる代わりに、超えたときは許さないやり方をすると、ブレにくいでしょう。

まだまだママやパパに甘えたい

3~4歳くらいでは、言葉もしっかりして、ひとりでできることが増えます。幼稚園生活になじんでくると、決まりを守ったり、少しずつ我慢をしたりすることもできるようになります。

けれども、子どもによっては大人しい性格で、自分から甘えられないことがあります。ママも聞き分けのよい子だと安心して、手のかかる下の子を優先していることがあるかもしれません。

しかしこの頃は、まだまだママやパパにたくさん甘えたい時期です。心の容量を超える我慢が続くと、子どもは少しのことで泣いたり、かんしゃくを起こしたりしてママを困らせるようになることがあります。

スキンシップを増やしたり親子2人で遊んだりして、子どもが甘えられる時間を作ることができるとよいですね。

5歳から6歳にかけて泣く理由と対処方法

泣く理由が多様化!声かけをしっかりしよう

5~6歳になると、周りの状況を理解することができるようになり、ほかの子を思いやりながら、一緒に遊べるようになります。ママの事情も理解して、下の子のお世話が大変なんだな、体調が悪いんだなどと察するようになります。

ですから、自分の意思を通したいという理由だけではなく、状況を考えすぎて自分の気持ちを言い出せずに泣くこともあるのです。もちろん、この時期でも天真爛漫に自分がしたいことができなくて泣く子もいます。発達段階だけでなく、子どもの性格によっても泣く理由が違ってくるかもしれませんね。

たった5~6年とはいえ、この時期になると体験を積み重ねて、以前ほどすぐには泣かなくなります。しかし泣いたときは、ママはしっかりと向き合えるとよいですね。

泣く理由やどうしたいのかをしっかり聞く

5~6歳くらいで泣くときは、いろいろな気持ちがあふれ出していることがあります。単に意思を通したい頃よりは、泣く理由が少し大人に近づいているのかもしれませんね。

一般的にはかんしゃくが落ち着くことが多く、ママは、もう大きいからと思うこともあるでしょう。しかし、この時期にもしっかりと泣く理由を聞いて気持ちに寄り添うことが大切です。

幼児期に大切なのは、ママやパパから愛されていることを感じることです。会話がきちんとできるこのときこそ、ママは子どもの言い分に耳を傾け、子どもがなにを思っているのかを把握しておくとよいですよ。

そして、ママが解決策を教えるというよりは、子どもがどうしたいのか、どうしたらよいと思うかを聞いて、一緒に話し合いましょう。

気持ちが落ち着くまで泣かせておく

5~6歳くらいだと、以前よりも無邪気に大声で泣けない子が多くなります。「もう赤ちゃんじゃない」と子ども自身が感じていることがあるからです。

しかし、5歳の子どもでも赤ちゃんのように、思いきり泣いてママに受け止めてもらいたいこともあるのです。また、泣くことはストレスを発散し、負の感情を昇華する役割もあるといいます。

ママは子どもが泣くと、かわいそうに感じすぎたり、うんざりしたり、自分を責めたりすることがあり、すぐに泣き止ませたいと思うかもしれません。しかし、素直に泣き感情を出せることは心が健康な証拠だといわれます。

ママは、子どもの気持ちが落ち着くまで、ハグしたりその場で見守ったりして「たくさん泣いていいんだよ」と受け止められるとよいですね。

イライラしてママも泣きたくなったら

別の部屋へ行き、子どもから離れる

ママはイライラしたら、子どもの安全を確保したうえで別の部屋に行って一息おくとよいかもしれません。頑張って子どもの相手をし続けて子どもを怒鳴りつけてしまうより、いったん休憩をしましょう。

やることが多すぎてイライラする場合もあります。子どもがご飯を食べないときは、ママがあれこれしなくてもお腹が空けば食べるでしょうし、お風呂を嫌がるときは、1日入らなくても命に別状はないですよね。

ママがつらいときは最低限のお世話で大丈夫です。ママが子どものお世話をしなくなると、子どもが自分でやり出すことも多いですよ。

どんな仕事にも休憩時間があります。育児も同じではないでしょうか?ママが自分の心と体も大切にできると、子どもにより一層、愛情が湧いてきますよ。

ママ自身の気持ちを人に聞いてもらう

人に話して自分の気持ちを表に出すのと、自分だけで抱え込むのは大きく違います。ママは自分だけの視点から物事を考えがちですが、ほかの人は客観的に見られるからです。

パパや母親など、心を許せる人にママの気持ちを聞いてもらうとよいかもしれません。しかし、身内の場合はかえって、「みんな頑張っている」「子どもが1人ならそれほど大変なことはないはず」など、否定的な意見を言われてしまう場合があります。

子育て支援センターなどで行われている地域の育児相談であれば、専門的知識を持つ人が適切に話を聞いてくれるでしょう。教科書どおりではなく実践的な育児の知恵を教えてもらえることもあります。

ママがつらいときには、頼れるものには頼る気持ちで相談してみてくださいね。

ママがひとりで楽しめる時間を作る

子どもの生活リズムを整えるとママは自分の時間ができます。子どもが21時までに眠る習慣が付くと、その後2~3時間自由時間を作れます。一緒に眠り、4~5時頃起きて朝に時間を作ってもよいですね。

その時間は、趣味に没頭したり、ゆっくりDVDを観たり、資格の勉強をしたりして自分の好きなことを楽しみましょう。子どもの世話をする母親ではなく、一人の人として過ごす時間が必要です。

子どもが早寝するには早起きになることです。7時頃には起きて、日中はなるべく外で体を動かし遊び疲れると、自然に早く寝られることが多くなります。昼寝は午後4時までがよいですよ。

最初は大変ですが、生活リズムが付くとママが楽になるだけでなく、子どもの健康や成長にもよい影響を与えます。

まとめ

赤ちゃんのときは主に生理的欲求で泣き、1~2歳のイヤイヤ期は自分の意思を通せずに泣きます。ママは大変ですが、3歳くらいまでの場所や順序などへのこだわりは、モンテッソーリ教育という教育法では「秩序感」といい、大事にしたいことなのだそうです。

3~4歳はお友だちとのぶつかり合いが多く、5~6歳では自分の意思を素直に出せなくて泣くこともあります。どんな年齢でも子どもの気持ちに寄り添うことが大切ですが、完璧にできるママはいません。

心や体が疲れたときは休み、ママの気持ちも大切にできるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR