就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

車のガラスの拭き方を伝授!外窓や内窓の拭き掃除のポイントをご紹介

車のガラスの拭き方を伝授!外窓や内窓の拭き掃除のポイントをご紹介

車の窓ガラスは、外側に限らず内側も汚れやすい部分。子どもを乗せているなら、なおさらでしょう。きれいにしようとしても、汚れが落ちにくかったり拭きムラができてしまったりして、困っている人もいるかもしれません。今回は、車の外窓や内窓の拭き掃除のポイントを紹介します。コツを押さえてピカピカにしてみましょう。

車の窓ガラス拭きについていろいろ知ろう

窓ガラスの汚れの原因を知っておこう

知らないうちに、気づけば汚れている車の窓ガラス。原因は、一体なんでしょうか?

外窓は、排気ガスや泥、塵やホコリ、鳥のフンや雨などが汚れの主な原因です。内窓では、手あかや皮脂汚れ、乗り降りやエアコンの使用によるホコリ、タバコを吸う場合はタバコのヤニなどが、汚れの主な原因となります。

これらの汚れは水に溶ける「水性汚れ」と、洗剤などで落とす「油性汚れ」に分けることができ、特に外窓は頑固な油性汚れがつくことが多いです。窓ガラスをきれいにするためには、それぞれのタイプに合った拭き方をしましょう。特に油性汚れは間違った拭き方をすると汚れが広がり、視界を悪くしてしまうこともあります。安全運転のためにも、正しい拭き方をすることが大切ですね。

運転中にフロントガラスが曇ったときは

寒い日や雨の日など、車の窓ガラスが曇ることがあります。これは、車外と車内の湿度・温度の差によるもの。特にフロントガラスが曇ると、運転に支障が出て危険です。

ガラスが曇ると、とりあえず乾いた布で拭いていませんか?即効性はあるものの、これだけだとまた曇り始めてしまいます。そのため、ほかの方法とあわせて車の曇りを取り除いてみましょう。いくつか紹介します。

一つ目は「窓を開ける」。一番簡単な方法で、車内と車外の湿度・温度差を無くします。

二つ目は「A/C(エアコン)をつける」。エアコンの除湿効果を利用します。

三つ目は「車のデフロスターを使用する」。温風により曇りを取り除くもので、風量を最大にしてA/Cとあわせて使用するとより効果的です。

先輩ママたちの体験談

車の窓ガラス掃除はなかなか大変ですよね。ガラス掃除経験者である先輩ママたちはどのように掃除をしているのでしょうか?体験談をいくつか紹介しましょう。

【車の中に、掃除道具を常備している】
車内にハンディワイパーやウェットティッシュを置いておき、気になったときにすぐ掃除ができるようにしている。

【車専用のガラスクリーナーを利用している】
洗車のタイミングで、窓ガラスをクリーナーで拭いている。

【雨が降った次の日はガラスを拭くようにしている】
水滴跡が残って落ちにくい汚れになる前に、濡れ雑巾やウェットティッシュで拭くようにしている。

いずれも頑固な汚れになる前に、こまめに掃除をすることがきれいを保つ秘訣のようですね。

車の窓ガラスの拭き方や掃除するときのコツ

親子で一緒に!最初に洗車しておこう

ここからは、実際に車の窓ガラスの拭き方や、掃除をするときのコツを紹介します。まず最初は、窓ガラスに取りかかる前に、車全体を洗車しておきましょう。いきなりタオルで窓ガラスを拭くと、付着している砂やホコリによって傷がついてしまうことがあります。また、洗車により大まかな汚れが取り除けるので、ガラス拭きがずっと楽になりますよ。

子どもがお手伝いできる年齢であれば、親子で一緒に洗車に挑戦してみるのもおすすめです。汚れてもよい服を着せて、熱中症や寒さに気をつけましょう。スポンジやタオルは、子どもの分も用意しておくとよいですよ。

汚れ具合に合わせて、カーシャンプーを利用してください。洗車が終わったら水分を拭き取り、ガラス掃除に取りかかります。

油性の汚れには専用クリーナーがよい

外窓の水性汚れは、洗車をすることで大体落とすことができます。水性汚れをきれいにしたら、次は油性汚れを落としていきましょう。

油性の汚れには、洗剤やエタノールなどを利用する方法もありますが、外窓についた油膜や撥水剤の劣化による汚れはとても頑固。そのため、研磨剤が入った専用クリーナーを使用するのがおすすめです。

「窓ガラスに研磨剤?」と思う人もいるかもしれません。しかし、専用クリーナーに含まれる研磨剤は、ガラスに使用しても大丈夫です。ガラスを傷つけることなく、汚れの油膜や撥水剤を取り除いてくれますよ。ゴシゴシなんどもこすらなくても、しつこい油汚れが落ちるので助かりますね。新たに撥水剤を利用する前の下処理としても使用できます。

子どもの小さな手が役に立つ!内窓は水拭で

今度は、内窓を掃除していきましょう。内窓は水性汚れが多く、水拭きでもきれいにすることができます。しつこい汚れには、ぬるま湯とマイクロファイバータオルがおすすめです。

フロントガラスの下部分などは、狭くて大人では拭きづらいですよね。そんなときは、子どもの小さな手が役に立ってくれますよ。水拭きなら、子どもにお願いするときも安心です。きれいにするポイントは、濡れ拭きをした後は、乾ききる前に乾いたタオルで乾拭きをすること。水拭きの拭きムラや水滴跡を防ぐことができます。

内窓にも油汚れがある場合は、「無水エタノール」を利用してみましょう。エタノールを使用するときは大人が行い、拭き終わった後は十分な換気をしてくださいね。

車の窓ガラス拭きに重宝するアイテム

「SOFT99ガラココンパウンドクロス」

車の窓ガラス拭きには、様々な商品が販売されています。種類が多すぎて、どれがよいのか迷ってしまいますよね。そこで、おすすめアイテムをいくつか紹介しましょう。まずは「SOFT99ガラココンパウンドクロス」です。

しつこい油膜や劣化撥水剤など、油性汚れに適した外窓専用クロスとなっています。光学レンズ磨きに使われる研磨剤を使用し、窓ガラスを傷つける心配がありません。シートタイプなので、タオルを用意する必要がなく、とても手軽に掃除ができます。かさばらないので、気になったときにすぐ使えるよう、車に1パック積んでおくとよいですよ。

雨の後や洗車後など、濡れたまま使用すると適切な効果が出ないため、乾いたガラスに使用するようにしましょう。
28 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj