就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

母乳育児の食事の負担を減らそう!ポイントや簡単にできる献立を紹介

母乳育児の食事の負担を減らそう!ポイントや簡単にできる献立を紹介

母乳と赤ちゃんのアレルギーの関係

赤ちゃんに食物アレルギーが疑われたら

まだ離乳食を開始していない授乳中の赤ちゃんの肌に、じんましんや湿疹が出たら、食物アレルギーを疑うママもいるでしょう。

ごくわずかですが、母乳にはママが食べたものの成分が含まれますから、実際、母乳を介してアレルギー物質を摂取した赤ちゃんが、アレルギー症状を起こしたという事例もあります。

しかしアレルギーの要因は様々で、一概に食事が原因とも言い切れません。ハウスダストや大気汚染など、生活環境が原因の場合もあるからです。

ですから赤ちゃんの肌にアレルギーのような症状が出た場合は、自己判断せず早めに小児科やアレルギー科を受診しましょう。一般的にまずスキンケアや塗り薬で治療を行い、赤ちゃんの様子をみながら原因を探っていくことが多いようです。

除去食にアレルギー予防の効果はあるの?

では母乳にアレルギー物質が含まれないように、ママが卵や小麦などアレルギーを引き起こす可能性がある食べ物を口にしなければ、赤ちゃんの食物アレルギーは防げるのでしょうか?

このような研究は世界中で行われていますが、残念ながらすべての研究で、アレルギー疾患を予防する効果は見つかっていません。

確かに妊娠中から授乳中に渡って、ママが卵をまったく摂取しなかった場合、卵アレルギーを防ぐことはできますが、そのためには微量でも卵を含む食品は、すべて完ぺきに除去する必要があります。

そしてこの方法では、卵アレルギーは防げても小麦アレルギーは防げません。かといってすべてのアレルギー物質を除去してしまうと、今度は栄養が偏り健康を害する危険性があります。

このような理由から、現在日本を含む世界のほとんどの国で、アレルギー予防のために除去食を行うことは推奨されていません。

皮膚の炎症を早期に治療することが大切

赤ちゃんの食物アレルギーを防ぐためには、ママの食事内容よりも、赤ちゃんの肌に正しいスキンケアを行い、肌のバリア機能を高める方が重要だといわれています。

バリア機能が低下した肌にアレルギーの原因物質が触れると、肌を通してこれらが吸収され、食物アレルギーを発症する原因になると考えられているからです。

特にアトピー性皮膚炎を起こしている肌は乾燥し、肌のバリア機能が弱い状態です。アトピー性皮膚炎の原因はまだはっきりしていませんが、これを発症している人は「アレルギーを起こしやすい体質である」といわれています。

肌の治療は早期に開始するほど、食物アレルギーの発症リスクが低くなるという研究結果もありますから、早めの治療を心がけてくださいね。

忙しいママも簡単にできるおすすめ献立

作り置きにもぴったり「豚汁」

にんじんや大根などの根菜をたっぷり入れた豚汁は、ビタミンやミネラルが豊富で授乳中のママにおすすめの一品です。たくさん作って冷蔵庫で保存しておけば5日間ぐらいは食べられますよ。

作り方は簡単です。まずは豚肉を炒めます。あとは切った野菜を順番に入れて炒めてから、だし汁、味噌などを追加して煮込むだけです。お鍋一つで作ることができるので、洗い物も少なくて済むのも嬉しいですね。時間のあるときに野菜を切って冷凍しておくとあっという間に作ることができますよ。

何日も同じ味で飽きてきたら、練りゴマや豆乳、豆板醤などを加えて味を変えたり、うどんやラーメン、カレーなどにアレンジしたりもできますよ。根菜は女性に嬉しい抗酸化作用も期待できますから、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

魚の缶詰でお手軽「煮物」

煮物は出汁をとって具材を煮込むだけのシンプルな料理ですが、日ごろから作っていないと毎回「味がしっくりこない」と感じるママもいるでしょう。

そこでおすすめなのが缶詰です。魚の缶詰を活用することで、味つけで失敗しにくくおいしい煮物ができますよ。また、骨までやわらかくなっており魚を丸ごとたべられるので、豊富な栄養を手軽に摂取できるのの嬉しいですね。

たとえば、サバやイワシの缶詰には良質なたんぱく質やカルシウムのほか、脳の発達に欠かせないDHA、EPAが豊富に含まれています。

保存期間が長く常温で保存できるのも嬉しいポイントです。子どもが増えて冷蔵庫がいっぱいで困っているママも、いつでも使えるようにいくつか常備しておくとよいでしょう。缶詰は調理や後片づけの時間短縮にもなる便利なアイテムです。

ほったらかしで大丈夫「炊き込みご飯」

炊き込みご飯はお米と具材を炊飯器に入れれば、できるまでほったらかしで大丈夫なお手軽メニューです。炊き込みご飯の定番といえば、鶏肉やにんじん、干ししいたけ、ごぼう、こんにゃく、油揚げなどが入った五目炊き込みご飯ですが、ほかにも使う材料や出汁によって色々な味を楽しめますよ。

たくさん作っておにぎりにしておくと、授乳しながらでも食べやすいですね。また、時間のない日にレンジで温めて食べられるように冷凍しておくのもよいでしょう。

サバ缶やツナ缶を使った炊き込みご飯もおすすめです。どちらも栄養バランスがよく、炊き込みご飯にすれば栄養を無駄なく摂取することができます。具材を追加してもしなくてもよいので、忙しいママにぴったりですよ。

まとめ

赤ちゃんにおっぱいを与えている間は、普段より規則正しく食事することや栄養バランスの整った食事を摂るよう心がけたいですね。しかし、慣れない赤ちゃんのお世話で生活リズムが不規則になりがちで、毎日きちんと料理をするのは大変でしょう。

あまり頑張り過ぎるとストレスになりますので、今回ご紹介した手軽に栄養補給ができる簡単な料理も参考にして、少しでも時短してくださいね。またたまには好きなものを食べる日を作って、食事を楽しむことも大切ですよ。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND