就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

女の子を祝うひな祭り!当日を迎える前に読むべき初節句のあれこれ

女の子を祝うひな祭り!当日を迎える前に読むべき初節句のあれこれ

3月3日はひな祭り!今回は、ひな祭りの由来から、ひな人形の購入のことや当日の食事会のことまで、女の子のひな祭りに関するあれこれをご紹介します。昔から伝わる伝統行事の意味を理解して、子どもと一緒にひな祭りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

女の子の初節句「ひな祭り」は何する日?

3月3日「ひな祭り」の由来や意味とは?

3月3日は女の子の日として定着している「ひな祭り」ですが、この日は「桃の節句」とも言われています。

桃の節句は中国から伝わるもので、昔中国には川で身を清める厄払いの風習がありました。それが後に日本では草や藁で作った身代わり人形を川に流して厄を払う「流し雛」として定着していきました。

その後、貴族の女の子が豪華な人形で遊ぶ「ひいな遊び」が盛んになり、流し雛の行事と結びついて、豪華な人形を川に流すのではなく、家に飾る現代のスタイルになっていきました。

こうして、桃の節句は「ひな祭り」となり、子どもの身代わりとなって守ってくれるひな人形を飾り、子どもの健康と健やかな成長を願う女の子の行事となりました。

初節句のお祝いはいつするの?早生まれは?

初節句とは、子どもが「生まれて初めて迎える節句」のことで、女の子は3月3日の桃の節句(ひな祭り)、男の子は5月5日の端午の節句(こどもの日)です。生まれた時期によっては生後すぐに節句を迎える場合があると思いますが、必ずしも初めての節句にお祝いしなければならないという決まりはありません。

例えば、2月に生まれた女の子は翌月すぐにひな祭りを迎えてしまいますが、月齢の低い赤ちゃんや産後すぐのママに無理のないよう翌年1歳を迎えてから初節句をお祝いしてもOKです。

短期間で初節句のお祝いの準備をするよりも、お祝いは翌年にすることで、初節句にむけてゆっくりと計画をしてみるのも良いかと思います。あまり時期にこだわらず、各家庭の状況で判断してみましょう。

女の子の初節句って何をすればいいの?

女の子の初節句は子どもの健やかな成長を願う大切なイベントです。

まず用意したいのは「ひな人形」です。ひな人形は生まれてきた女の子の身代わりとなって、子どもが大人になるまで災いから守るとされている、ひな祭りには欠かせない節句飾りです。

初節句当日は、家族やおじいちゃんおばあちゃん、親戚などを招いて、お祝いの場を設けるのが一般的とされています。みんなで食卓を囲んでお祝いしましょう。

一生に一度の大切なお祝いの日を写真として残すのも人気です。無事にこの日を迎えられたことに感謝し、家族揃ってフォトスタジオで記念写真を撮るのも良いですね。節句の時期になると様々なフォトスタジオで節句撮影プランが登場するのでぜひ利用してみたいですね。

初めてのひな祭り!ひな人形はどうするの?

ひな人形は誰が買う?お返しのマナーは?

ひな人形を贈るのは母方の祖父母が一般的でしたが、最近では誰が贈るということに強くこだわられることはなくなり、両家の祖父母がお金を出し合って贈ったり、父方の祖父母が用意することもあります。

また、女の子と男の子がいる家庭では、母方の祖父母がひな人形を贈って、父方の祖父母が五月人形を贈るケースもあるようです。

初節句のお祝いのお返しは、一般的には必要がないとされています。とはいえ、何のお礼もしないのは心苦しいですよね。お祝いを贈ってくれた祖父母や親戚にはお返しの代わりにお祝いの席に招待しましょう。実家が遠くてなかなか招待するのが難しい場合は、お返しの品を贈るのもいいですね。

知人や友人からお祝いをもらった場合は、内祝いとしてもらった金額の約1/3~半額程度の品を贈りましょう。

購入前にチェック!ひな人形の選び方

節句人形のお店に出かけると、店内には様々な種類のひな人形がずらり!たくさんありすぎて迷ってしまう方に、ひな人形を選ぶ際のポイントをお伝えします。

まずは、「①お顔」をみて気に入るものを選びます。
次に、「②衣装」は豪華で艶やかなものにするか、シンプルで渋めのものにするかみていきましょう。
最後に、ひな人形や飾りや台座などの「③全体のバランス」を確認していくと選びやすいです。

また、飾る場所や収納スペースも考慮して適したサイズのものを選びましょう。ひな人形は子どもが大人になるまでの約20年間共にするものなので、万が一修理が必要になってもいいように、アフターサービスも忘れずチェックしておきましょう。

ひな人形を「飾る時期」と「しまう時期」

ひな人形を飾る時期は、立春(2月4日頃)から2月中旬までが一般的とされており、大安吉日に飾ると縁起が良いと言われています。

また、雨水(うすい)の日に飾り始めるのも良いとされています。「雨水」とは、空から降る雪が溶けて雨になり、春にむかい始める頃を言い、毎年2月19日頃となっています。雨水の日にひな人形を飾り始めると、良縁に恵まれると言われているので、この日もオススメです。

ひな人形をしまう時期は、3月3日を過ぎたらできるだけ早い方がいいとされていますが、あまり気にしすぎず、天気の良い日を選びましょう。人形は湿気にとても弱いため、湿気が少ない晴れた日がオススメです。

飾る時期、しまう時期にあまりこだわりすぎず、時間に余裕がある日に行いましょう。

お祝いの食事会や衣装はどうするべき?

家食派!ひな祭りに作るべき定番メニュー

初節句当日、お家でお祝いをする場合、食事はどんなものを用意すればいいのかお伝えします。

まずは、ひな祭りといえば色鮮やかな「ちらし寿司」です。ちらし寿司には縁起が良いとされている食材を使います。具体的には、背中が曲がっていることから長寿を意味する「えび」や、見通しがきくとされる「レンコン」、まめに働いて生きられるように願う「豆」などです。

ちらし寿司の他に欠かせないものといえば、「はまぐりのお吸い物」です。はまぐりの貝は2枚の貝が対になっていますが、他の貝では貝殻がぴったり合わないこと、ぴったりと相性の合う人に恵まれるように良縁を願う意味があります。

その他ひな祭りの代表的なメニューとしては、甘酒、ひなあられ、菱餅などがあります。

外食派!初節句にふさわしいお店はこんなトコ

最近では、初節句の食事会をお店で行うケースが増えてきました。外食であれば料理を準備する手間がなく、席を立たずにゆっくり食事ができます。そこで、食事会をより良いものにするために、おさえておきたいお店選びのポイントをお伝えします。

まず気にしたいのが席です。万が一赤ちゃんがグズってもいいように、広めの個室を選んだり、座敷席があるお店を選ぶと安心です。

初節句の食事会の相場は1人¥5,000以上になることが多いようです。相場を目安にお店の平均予算をチェックしておきましょう。

食事会の帰りに手土産を渡すことが一般的とされています。手土産を用意してくれるお店を選ぶと手間が省けますよ。

お店を選ぶ際には、料理やサービスを事前に確認し、予約の際には初節句の食事会の旨を伝えましょう。

着物?ドレス?初節句の衣装はどうする?

初節句の衣装は何を着ないといけないという決まりはありませんが、せっかくなら赤ちゃんに華やかな衣装を着せてあげたいですよね。オススメの衣装の種類をご紹介します。

【被布】
被布はベストやコートのようなものなので、普段着ているロンパースの上に羽織るだけでもお祝いの装いになります。着せるのも簡単なのでオススメです。

【袴風ロンパース】
ボタンを留めるだけで着替えが楽な上、着物を着ているような雰囲気に仕上がり、人気の衣装です。

【ドレス】
出産退院時やお宮参りの際に着る、セレモニードレスやベビードレスがあればそれを着せてもOK!

ちなみに親の衣装は、カジュアルすぎないセミフォーマルが無難です。ママならワンピースやカラースーツ、パパならジャケットスタイルやスーツがいいでしょう。

まとめ

今回はひな祭りや女の子の初節句についてご紹介しました。赤ちゃんの初めての節句は、家族みんなが「おめでとう」という気持ちと、これからの子どもの成長を願ってお祝いする大切なイベントです。

ひな人形の購入のことや、食事会のことなど、いろいろと準備が必要になりますが、あらかじめ家族で話し合って進めていき、当日は素敵な一日をお迎えください。お祝いの気持ちを大切にして、ひな祭りと初節句を楽しく過ごしましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

野々山 恭江

  • フリーペーパーテニテオ愛知版
  • フリーペーパーテニテオ宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • ハハノワ-ママに「ありがとう」を伝えるイベント