就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬休みは幼児と楽しく遊びたい!子どもが喜ぶ室内、外遊びを紹介

冬休みは幼児と楽しく遊びたい!子どもが喜ぶ室内、外遊びを紹介

だんだん寒い季節になってきましたが、子どもはそんなことはお構いなしに外で元気いっぱいに遊びたい子が多いですよね。子どもが幼児期に体をたくさん動かすことは、脳や体の成長に大切です。それでも寒すぎる日は長時間遊ばせるのは風邪のもと。そこで、今回は外で遊ぶときの注意点や室内で子どもと遊ぶ方法をご紹介します。

冬休みは幼児と遊んで楽しく過ごそう

幼児期は遊ぶことが成長を促す

「遊び」と聞くと、単純に楽しむためだけの行動と思いがちですが、実は幼児期の脳や体の成長にとても大切です。

子どもは親が特に遊び方を教えてあげなくても自分でみつけて遊びだしますが、それは子どもの「やってみたい!」という興味から始まります。この興味が子どもの成長を促すために必要なようです。

子どもは興味をもったことをとことん探求します。自分が思うようにできなかったときは、次はこうしてみようと自分で工夫し、失敗を重ねることで解決策を考えます。また、それが成功することで自信がついたり、自ら考える力を身につけたりします。

これは「知育遊び」と「運動遊び」のどちらにも共通する点です。外でも中でも、幼児期は思い切り遊ばせましょう。

親との遊びから発見や好奇心が沸く

自分で遊びをみつけられる子どもですが、親が遊びに関わってあげることで、新しい発見や好奇心を高めてあげられます。

どんな遊びでもよいのですが、外だったら山登りがおすすめです。山にはいろんな植物や虫がいます。「これな~んだ?」と親が子どもに質問してあげると、答えられたときは自信につながります。答えられなかったときは親が教えてあげたり、一緒に図鑑で調べたりすることで、みつけて調べることの楽しさを感じることができます。

発見と知的好奇心がどんどん沸いてきて、いろいろなことに興味を持てるようになりますし、親子のコミュニケーションにもよいですね。

また室内だったら、動物が出ているテレビを一緒に見てクイズを出し合ってみましょう。

ルールや社会性を覚えることに役立つ

子どもは幼稚園や保育園などの集団生活に入ると、自然と友だちを作って遊び始めます。友だちと遊ぶことで人間関係を学び、さまざまなルールや社会性を身に着けていきます。

例えばゲームをする場合、必ずルールに従う必要があります。ルールに従ってゲームがうまくできるようになると、ゲームを楽しむためにはルールに従うことが大切だということを学べます。

また、おままごとをしているときは役の配分がうまくいかないことがよくあります。そんなとき子どもはおままごとを続けるために、今は自分のやりたい役を友だちに譲ろうと考えます。これは相手と平等の立ち場になり、やりたいこと続けるために協力するという社会性を覚えることにつながるようです。

冬休みに幼児と楽しむ遊び【室内遊び】

幼児がおうちで楽しめる遊び

寒い冬はどうしてもおうち遊びが増えてしまいますが、遊びが単調になってしまって困っているママも多いと思います。そこでここでは、幼児がおうちで楽しめる遊びをご紹介します。

お絵描きはおうち遊びの定番ですが、描いて終わりではもったいないですよ。ハサミを使って絵をくりぬき、お店ごっこで商品として並べてみたり、お金を作って遊んだりするのもよいですね。また、描いた絵をハサミでバラバラに切れば、自家製パズルが簡単にできます。

体を動かす遊びが好きなお子さんには、段ボールで秘密基地を作るのがおすすめです。四角い段ボールを縦や横につないで穴をあけたり、絵を描いたりします。できあがったら、その中にいるだけでわくわくして一日楽しめますよ。

ママとおやつ作りに挑戦してみよう

おうちでの過ごし方は工作だけでなく、簡単なおやつ作りを一緒にするのもおすすめです。ママのお手伝いをするだけで子どもは楽しめますよ。簡単なおやつのレシピを二つご紹介します。

1.あんこクロワッサン
冷凍パイシートを室温で解凍し、三角に切ります。麺棒でかるく伸ばし、三角の底辺側に缶詰めのあんこをのせます。あとはくるくる巻いて、200℃のオーブンで8分、170℃で13分焼き目をつけたら完成です!

2.チョコバナナ
バナナを一口サイズに切り、割りばしに刺します。湯せんで溶かしたチョコレートをボールの中でバナナにからめ、アラザンなどをふりかけます。深めの瓶に立て、チョコが固まるまで冷ましたら完成です!

お子さんも簡単にできそうですね!

帰省先の祖父母と楽しめる遊び

実家や義実家に帰省したときには孫の相手をしてくれる祖父母がいてくれて助かる反面、当の祖父母は孫が帰ったあとヘトヘトになってしまっていることも。そこでここでは、体をあまり動かさずにできる祖父母向けの遊びを二つご紹介します。

1.ブラックホール
1枚の新聞紙の真ん中に穴をあけます。もう1枚の新聞紙は穴に通る大きさに丸めます。穴の開いた新聞紙の四隅を2人で持って、丸めた新聞紙を穴に落とさないように転がすゲームです。穴の大きさを変えると難易度が変えられて面白いですよ。

2.この指何本?
祖父母の背中に子どもが指をあてて、何本の指を背中にあてているか当てるゲームです。座りながらできますし、孫の可愛い手の感触が感じられてほっこりしますね。

冬休みに幼児と楽しむ遊び【外遊び】

冬だから体験できる楽しい遊び

寒い冬は大人はできればおうちに居たいところですが、冬だからこそ体験できる遊びをお子さんと楽しんでみてはいかがですか?

冬になると地面にはいろんな形の落ち葉がありますよね。「この葉っぱはどの木から落ちてきたのかな?」と木を見上げてお子さんと一緒に考えてみましょう。拾った落ち葉は持ち帰って調べたり、工作にも使えますね。

また、寒さが厳しくなると土には霜柱ができていることも。土の上をお子さんと踏んで、ザクザクと音を鳴らしながら歩くのも楽しいですね。

夜にはバケツにお水を入れておいて、朝起きたらお子さんとバケツの水面をつついてみましょう。水面が凍っていて、お子さんもびっくり!お散歩で水たまりを覗いてみるのもいいですね。

雪が積もったら雪遊びを楽しむ

子どもは不思議と雪を見ると、とってもワクワクしますよね。雪が積もったら、ママもパパも童心に帰って、元気いっぱい雪遊びを楽しみましょう!

雪遊びの定番といえば雪だるま作りですが、子どもはうまく転がせなかったりしますよね。そんなときには、料理道具のボールに雪を詰めて丸い雪玉を作り、小さな雪だるまを作ってみましょう。葉っぱやペットボトルのキャップなどで顔を作ると楽しいですね。

雪は観察して楽しむのもおすすめです。よく冷やした黒い布を下敷きなどに巻き付け、降ってきた雪をキャッチします。その雪を虫メガネで観察すると、さまざまな形の雪の結晶を見ることができます。雪の結晶は同じ形のものは一つとして無いので、写真に記録しておくのもよいですね。

冬の日の外遊びで気をつけること

冬の日の外遊びでは、寒さ対策や怪我の防止など気を付けるポイントがいろいろあります。

まず寒さ対策には、服を重ね着をしてこまめに体温調節をすることが大切です。冬でも子どもは汗をかくので、厚着をさせすぎないようにしましょう。

そのほかに服装で注意したいのが、フードや紐の付いた服です。遊具で遊んでいるときに引っかかって首が締まってしまう危険性があるので避けましょう。

雪遊びをするときには、手袋や靴下の替えも持っていきましょう。雪で濡れた手袋や靴下を着けたままにしておくと霜焼けになってしまうことも…。手袋には防水スプレーをしておくのも効果的です。そのほかにも滑りにくい靴を履いたり、雪焼け予防に日焼け止めも塗っておくとよいですね。

まとめ

幼児期は遊びからいろいろなことを学ぶ大切な時期です。お友だちと関わってルールや社会性を学んだり、パパママと一緒に発見することで知的好奇心を高めたり…。遊びは子どもの成長を助けます。

冬にはどうしてもおうちで遊ぶことが増えてしまいがちですが、服装などに注意して外でも元気いっぱいに遊びましょう。寒すぎて外で遊べない日は、お子さんと一緒にお菓子を作ったり、工作したりと、親子のコミュニケーションがとれる遊びができるとよいですね。

パパママも息抜きしながら、楽しく遊んでよい思い出を作りましょうね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018