就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬に赤ちゃんの手が冷たいのはなぜ?上手に対応して快適に過ごそう

冬に赤ちゃんの手が冷たいのはなぜ?上手に対応して快適に過ごそう

寒い時期に赤ちゃんの手を触って冷たくて驚いたことはありませんか?ちょっと前まで温かったのに、冷たく手が冷えるのはどうして?などと疑問や心配もでてくるのではないでしょうか。そこで、寒い時期によくある手の冷える原因や赤ちゃんへの対処の仕方についてご紹介します。

冬に赤ちゃんの手が冷たくなる理由

身体の末端の体温調節がまだうまくできない

小さな赤ちゃんは、手足の体温のコントロールが未熟なので寒い時期に、気が付くと手や足が冷たくなっているときがあります。赤ちゃんの身体を温める働きをする褐色細胞は、脂肪を分解して身体の熱を作りますが、肩や背骨などの身体の中心に褐色細胞があるので、赤ちゃんの身体が温めようと熱を作り出しても手足などの末端の温度調節はうまくできません。

赤ちゃんは身体についている脂肪も少ないので、身体でつくられた熱も逃げてしまい、体温調節がうまくできず手足が冷えてしまいます。赤ちゃんの手が冷たくなってしまうとママやパパは心配しがちですが、赤ちゃんの機嫌がよく、背中やお腹など、身体の中心部が冷たくなければ心配しなくても大丈夫ですよ。

手足を冷やすことで体温調節をしている

寒いと感じると体温を上げるために赤ちゃんは、手足の血管を細くして血流を低下させ身体の温度が下がるのを防いでいます。手足が冷たいからと、慌てて温めるのはちょっと待ってください。

赤ちゃんはまだ体温をうまくコントロールできないという話を先ほどお伝えしました。冷たいからといって、ミトンや靴下をすぐにつけることは、赤ちゃんのためになりません。赤ちゃんの体を温めすぎることが、乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクを高めるという説もあります。

温めなければならないのは、お腹や背中が冷たくなっていたり、太ももからふくらはぎまで冷えているときです。身体の中心部が冷えていると、体温調節がうまくいっていないので注意が必要になります。

寒いというストレスに対する防衛本能

寒さでストレスを感じると赤ちゃんの身体は、防御本能が働き身体を守るために、手足が冷たくなります。体温を上げるために自然と手や足の血管を収縮し、赤ちゃんは身体の中心に熱を集めだします。

そうすることで、手足は冷たくなり身体は温かい状態になります。逆に、熱いときは身体の中心の温度を下げるために、血管を広げて手足の部分から熱を放出しています。赤ちゃんの手足は、温度を感じる働きもしているので、手や足が冷たいからといって、ミトンや靴下を赤ちゃんにつけるのはやめましょう。

寒い温度を赤ちゃんが自分で感じることで、体温調節機能も発達していきます。赤ちゃんに自分で温度を感じとってもらうためにも、できれば手足は何もつけないで過ごしましょう。

赤ちゃんの手足が冷たいときの上手な対応

冷たいからといってすぐに温めなくてもOK

赤ちゃんの手が冷えてしまうと、ママはすぐに温かくしようとしてあげていませんか?温める前にまずは、赤ちゃんのお腹や背中の状態を確認しましょう。

手足の部分は冷たくても、お腹や背中の体温を保ち、機嫌もよければ体温調節ができているのですぐに温める必要はありません。赤ちゃんの身体は、寒いと感じると背中やお腹部分に熱を集め、手足は冷たくなり身体の温度を保っています。

暑く感じているときは、手足が冷たくてもお腹や背中に汗をかくので薄着にしてあげるなど対応しましょう。身体を温めなければならないのは、お腹や背中の身体の中心部分が冷えているときです。

身体の中心部で体温を確認した後で、温めてあげるかママが判断するのをおすすめします。

衣類や布団で赤ちゃんの体温を調節しよう

赤ちゃんの身体中心部分が冷たかったり、汗をかいていたりするときは、衣類や布団を使って体温調節のお手伝いをしましょう。手足が冷たくても、赤ちゃんの身体の中心部分が温かいときは体温調節ができているので問題ありません。しかし身体の中心部が、汗ばんでいたり冷たくなっていたりするときは体温調節がうまくいっていないということです。

赤ちゃんが起きているときは洋服で調節し、赤ちゃんが寝ているときは、身に着ける服でなく布団で温度調節すると、赤ちゃんに負担をかけずに体温の調節ができますよ。洋服を着せ過ぎたり、布団のかけ過ぎに注意しましょう。

赤ちゃんの温度調節機能が低下して交感神経が機能しなくなるようではいけません。赤ちゃんの様子をみながら対応しましょうね。

冬の室温は20~22度がちょうどよい

赤ちゃんが快適に過ごせる寒い冬の室温は、20度位から22度位が目安です。あまり温度が寒すぎても暖かくても、赤ちゃんは体温をコントロールできません。真夏や真冬の時期の室温を快適にするためにも、エアコンや暖房器具をうまく利用して温度調節をしてあげましょう。

部屋の暖かさはあくまでも目安です。赤ちゃんの様子をみて手足が冷たくお腹や背中が冷え切っていれば寒いと感じているし、手足が冷たくてお腹や背中が汗ばんでいれば赤ちゃんは暑がっています。

手足が冷たくても温める前に、赤ちゃんのお腹や背中の状態を必ず確認しましょう。寒暖差が過剰にあると、赤ちゃんの身体にも負担がかかります。

温度を気にしてあげることで、赤ちゃんは快適に過ごせますよ。

手が冷たい赤ちゃんに冬場も快適な睡眠を

布団から手が出ているのは体温調節のため

冬の寒い夜に赤ちゃんが布団から手を出していて、寝ている赤ちゃんの手が冷たくなってしまった…なんてことはありませんか?布団から手を出して赤ちゃんが風邪をひいてしまっては大変と思いがちですが、赤ちゃんの手が布団から出ていて冷たくなっていても問題はないので安心しましょう。

赤ちゃんは、体温調節が未熟で手や足から熱を発散して自分の体温を調節しています。寒い時期に布団から手を出していて手が冷たくなることが、風邪を引いてしまうことにはならないので、焦らないで大丈夫ですよ。

赤ちゃんのお腹や背中が温かくなっていれば、体温調節はうまくいっています。手足が冷たくても、赤ちゃんの身体が汗ばんでいれば、布団の掛け過ぎなので注意しましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事