就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児期の赤ちゃんにぶつぶつが!湿疹の種類と対処法をご紹介!

新生児期の赤ちゃんにぶつぶつが!湿疹の種類と対処法をご紹介!

新生児期の赤ちゃんのお肌はとても薄くてデリケートなので、湿疹などの肌トラブルがとても起こりやすいのです。しかも、湿疹の種類やその原因はいろいろあります。最適な対処法を知って適切なケアをしてあげることが、改善への近道です。正しいスキンケアで早く治してあげましょう。

新生児の代表的なぶつぶつとその原因は?

頭や顔にできやすい乳児脂漏性湿疹

頭や髪の生えぎわ、頬やまゆ毛など皮脂腺の多い部分を中心に、赤い湿疹や黄色いかさぶたのようなかたまりができるのは「乳児脂漏性湿疹」です。ほとんどの新生児に見られる湿疹で、赤ちゃんによっては、おなかや背中に症状が現れることもあります。

これは、ママのおなかの中にいたときにもらうホルモンの影響によって、生まれたあとに皮脂分泌が盛んになることが原因です。多くは生後2~3週間ごろからできはじめます。

ケアの基本は、湿疹の原因である皮脂を丁寧に洗い落としたあとにしっかりと保湿をすることです。乳児の皮脂分泌量は生後3カ月くらいから急に減っていくので、適切なケアを続けていけば遅くても生後6カ月ごろまでには治っていくでしょう。

白いぶつぶつが出る新生児ニキビ

肌に白い芯が入っているような吹き出物が赤ちゃんの顔や頬、頭、おでこなどにできていたら、それは「新生児ニキビ」である可能性が高いです。新生児ニキビも生まれて間もない赤ちゃんによく見られる肌トラブルの一つです。

新生児ニキビも原因は過剰な皮脂の分泌です。赤ちゃんの未発達な皮脂腺に皮脂が詰まってしまうことでニキビができます。大人のニキビと同じような見た目ですが、悪化すると炎症を起こして膿んでしまうこともあります。症状がひどいときは、迷わず小児科を受診しましょう。

新生児ニキビも乳児脂漏性湿疹と同じように、皮脂をしっかり洗い流すことが大切です。赤ちゃんが使っている寝具や衣類をこまめに洗い、清潔な状態を保つこともポイントですよ。

多くの赤ちゃんが経験するおむつかぶれ

赤ちゃんと切っても切れない関係といえるのが「おむつかぶれ」です。おむつの触れている部分が赤く炎症を起こしてしまった状態をいいます。赤ちゃんのほとんどが一度は経験しているといっても過言ではありません。

特に新生児期は排せつの回数が多いので、必然的におむつ交換の回数が増えてしまいます。おむつかぶれは、排せつ物に含まれる老廃物や細菌、酵素などが肌を刺激してダメージを与えることが原因で起こります。

また、おむつの中は汗で蒸れやすいです。蒸れてふやけた肌がおしりふきなどの摩擦によって目に見えない傷がつき、炎症が起こってしまいおむつかぶれになります。このように、おむつかぶれというのは、いろいろな要素が絡み合うことで起きるのですね。

時期や特定の原因でできるぶつぶつの種類

夏に多いかゆみをともなうあせも(汗疹)

新陳代謝の活発な赤ちゃんは汗をかきやすく、特に汗をかきやすい夏はあせもに悩まされることも多くなります。

「おむつかぶれ」の部分でも述べたように、おむつの中は蒸れやすいので腰回りやおしりはあせもができやすいです。シワの間に汗が溜まりやすい首やうなじ、おでこもあせもができやすい部位です。新生児は寝ている時間が長いため、通気性が悪くなる背中も注意してあげましょう。

赤ちゃんの機嫌が悪いときは、あせものかゆみが原因の場合もあります。かゆくてかいてしまうと、炎症が悪化してしまうこともあります。あせものリスクが高まるのは気温の高い夏場ですが、赤ちゃんは基本的に汗っかきなので一年中気をつけてあげましょう。

遺伝でなりやすいアトピー性皮膚炎

アレルギーによる反応で皮膚に炎症を起こすのがアトピー性皮膚炎です。新生児期のアトピー性皮膚炎は、赤いぶつぶつした湿疹が体のほぼ左右対称の位置に出ます。特に、顔まわりや首、腕や脚の関節、おなか、背中などに見られ、耳たぶの下が切れることもあります。

年齢によっても状態が変わり、症状の改善や悪化をくりかえしながら長く続くというのが特徴です。アトピー性皮膚炎の子は肌のバリア機能が低下し乾燥しやすいので、こまめな保湿ケアが大切です。

アトピー体質は遺伝しやすいですが、発症しにくい環境や生活スタイルを意識することで、アトピー発症の抑制につながります。また、発症しても成長とともに体質が変化し改善していくケースもあります。

食物アレルギーの湿疹は母乳が原因?

「母乳で育った赤ちゃんは丈夫になる」という話を耳にしたことはありませんか?

母乳には、赤ちゃんを病気から守る免疫成分が含まれているため、母乳をたっぷり飲むということは、ママから免疫をたっぷりもらうということになるのです。そのため、アレルギーを起こしにくく、たとえ症状が出ても治りやすいといわれています。

しかし、母乳の質が悪ければ逆効果になることも。母乳にはママが食べた物が含まれるので、それが原因となって食物アレルギーになり湿疹を誘発する可能性があるのです。

実際に母乳に含まれるアレルゲン(アレルギーの原因となるもの)は微量ですが、ママがアレルゲンを含む食べ物を除去すると、赤ちゃんの症状が改善される場合もあります。

ぶつぶつができたときの対処法とは?

熱がなければ自宅で様子をみよう

赤ちゃんの体にぶつぶつの発疹ができても、熱がないようであればしばらくは自宅で様子をみましょう。発疹は、外部からの肌への刺激が原因のものと、体の内側から起こることが原因のものとがあります。

前述の乳児脂漏性湿疹や新生児ニキビの原因は過剰な皮脂分泌にありますし、おむつかぶれは敏感な肌がさまざまな刺激で炎症を起こしている状態です。このように、発疹の原因はいろいろありますが、熱が出ていないのであれば、適切なケアによって数日で落ち着いていくでしょう。

ちなみに、赤ちゃんの体温は一般的に37.0℃前後です。そのため、38℃よりも高い場合には病気であると判断してよいでしょう。熱が37.5~37.9℃くらいであれば病気による発熱の可能性もありますが、洋服の着せすぎや外気温の影響、水分不足で熱が高くなっているだけの可能性もあります。赤ちゃんは体温調節の働きが未熟なため、病気でなくてもこうした理由で簡単に熱が出てしまうのです。

病気による発熱や発疹かどうかを判断できるように、機嫌がよいときに体温を測り平熱を知っておきましょう。

発熱やぶつぶつが長引くようなら受診を!

湿疹の初期症状は赤や白色の小さなポツポツが肌に少しずつ見られる状態です。湿疹が出た範囲がそれほど広くなく、かゆがったり痛がったりする様子がなければ清潔な状態を保つことで改善していきます。乾燥が原因の湿疹であれば、ワセリンなどで保湿してあげましょう。

しかし、湿疹がなかなか改善せず、範囲が広がったり発熱したりするようであれば一度、小児科を受診しましょう。かゆみが強くて、掻きむしってしまう場合も同様です。強く掻くことにより、患部に傷がついて細菌が侵入しやすくなることで「とびひ」など感染症の原因になります。

発疹に発熱をともなう場合は、「はしか」や「風疹」などウイルスによる感染症の疑いがあるため、早めに小児科を受診しましょう。

受診するのは皮膚科でもよいですが、病院によっては新生児の診察をしていないところもあります。子どもの病気の専門である小児科なら、乳児湿疹の知識も豊富な医師が診察するので、湿疹の原因が早く見つかる可能性が高いです。

なお、発熱や発疹をともなう病気を防ぐため、予防接種はきちんと受けておきたいですね。

肌ケアをして新生児のぶつぶつを予防しよう

清潔な肌を保つのと保湿が基本!

乳児湿疹のケアの基本は、第一に肌を清潔にすることです。お風呂でしっかりと汚れを落としてあげましょう。お風呂のお湯の温度が高いと皮膚が温まってかゆみを感じやすくなってしまうため、お湯はぬるめの39℃前後に設定してください。

乳児脂漏性湿疹などは、皮脂がかさぶたのように肌に貼りついてしまうことがあります。つい力強くこすり落としてしまいたくなりますが、ゴシゴシと洗うことは避けましょう。摩擦による刺激で、症状が悪化してしまいます。ガーゼで優しくなでるように洗うことがポイントです。

赤ちゃんの肌は薄くて乾燥に弱いので、お風呂上がりには優しく水分を拭き取って、丁寧にローションやクリームで保湿してあげましょう。

肌に優しいせっけんや保湿剤を使おう

湿疹によって敏感な状態になっている赤ちゃんの肌には、肌を清潔にするためのせっけんでさえ刺激になってしまうことがあります。そのため、赤ちゃんに使うせっけんや保湿剤はお肌に優しい、低刺激のものであるかをポイントに選びましょう。

赤ちゃん用のせっけんや保湿剤を選ぶときは、合成化学成分や添加物、着色料、香料、アルコールなどが無添加のものがおすすめです。購入する前に、成分表示をしっかり確認してみてくださいね。

ただし、いくら成分にこだわったものを選んでも、せっけんの成分が肌に残るとそれが刺激になってしまいます。首や足のつけ根などのくびれた部分、腕や脚の関節部分などは特にせっけんが残りやすい部分なので丁寧に洗い流してあげてください。

衣類の洗濯洗剤にも気をつけて!

「残留洗剤」という言葉をご存知ですか?これは、衣類を洗濯してすすいだあとに衣類に残ってしまった洗剤のことをいいます。

一般的な洗濯洗剤には、界面活性剤という成分が入っています。この成分が入ることで汚れ落ちがよくなるのです。ですが、界面活性剤は肌の弱い赤ちゃんにとっては刺激が強すぎる存在。残留洗剤が赤ちゃんの肌を刺激して、ダメージを与える場合があることも知っておきましょう。とはいえ、普通に洗濯するだけで平気な赤ちゃんの方が多いので過剰な心配は不要です。

不安であれば、洗濯に使用する洗剤そのものを減らし、すすぎを多くしましょう。残留洗剤が残りにくくなります。肌に優しい赤ちゃん用の洗剤もあるのでそういったものを使うのもよいですね。

湿疹治療によく使われるステロイドについて

よく処方されるステロイド外用薬とは?

乳児湿疹の治療で小児科や皮膚科を受診すると、すばやく炎症を鎮めてくれる薬であるステロイド外用薬が処方されることがあります。ステロイド外用薬の種類はたくさんあり、赤ちゃんの月齢や湿疹症状の程度によって処方される薬が異なります。

■クロマイP軟膏…湿疹の炎症を抑える比較的弱めの薬です。

■ロコイド軟膏…乳児湿疹の代表的なステロイド外用薬で、皮膚のかゆみや赤みを抑えてくれます。

■キンダベート軟膏…体の湿疹やかゆみ、腫れの症状を抑えてくれます。

■リドメックス…軟膏とローションの2種類があります。

■リンデロン軟膏…湿疹による皮膚のかゆみや腫れ、赤みを抑えてくれます。こちらも乳児湿疹の治療に処方されることが多いです。

ステロイド外用薬を赤ちゃんに使うと、舐めてしまわないか心配になりますね。でも、万が一赤ちゃんが舐めてしまっても心配ありません。軟膏の中のステロイドは、基本的にワセリンなどの基剤に溶けています。ワセリンは成分の多くがパラフィンなので、体に入れても消化されることなくそのまま排出されますよ。

副作用を起こさないための注意点

ステロイドが処方されると副作用が気になるママも多いですね。ステロイドの副作用としてよく耳にする話に「皮膚が薄くなる」というものがありますが、これは継続して使用することで起こる皮膚萎縮によるものです。

副作用の起こりやすさはステロイドの効果の高さと比例するので、必要以上に強いステロイドを使い続けることはやめましょう。

また、ステロイドによって「皮膚が黒くなる」という話もよく聞かれます。これについては、ステロイドそのものの副作用ではなく、炎症が起きたあとの皮膚の正常な反応です。

炎症で赤みを帯びた皮膚は治癒の過程で炎症後色素沈着という反応を起こします。ステロイドを使用してもしなくても起こる反応ですが、これがステロイドによるものであると誤解されてしまったのです。

いずれにしても、ステロイドは保湿剤よりも短期間で炎症を抑えてくれるので、湿疹治療にはとても有効な薬といえます。副作用を起こさないために、医師の指導のもとで用法・容量、使用期間をきちんと守りましょう。正しく使用すれば、赤ちゃんの肌を守ってくれる力強い味方になりますよ。

まとめ

湿疹の中には病気が原因のものもあります。ケアしても湿疹がなかなか治らなかったり、発熱があったりと、いつもと違うなと感じることがあれば早めに小児科を受診しましょう。病院で薬を処方されたら、決して自己判断はせずに医師の指示を守って使用してください。

赤ちゃんの湿疹は、種類や原因がさまざまですが、多くの場合は適切に自宅でケアすることによって改善されていきます。日頃から「清潔&保湿」を心がけたスキンケアで湿疹を予防し、赤ちゃんの肌の健康を守ってあげることが大切ですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018