就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

入学準備に大切な幼稚園年長の過ごし方!成長の様子や練習したいこと

入学準備に大切な幼稚園年長の過ごし方!成長の様子や練習したいこと

もうすぐ年長さんだけれど小学校入学前に何か準備しておくべきものはあるのかな?小学生になったらいやでも勉強しなくてはいけないから、今のうちに遊ばせておいたほうがよいのかな?それとも勉強を始めておいたほうがよいのかな?そんな疑問を持つママに、年長さんのときにやっておいたほうがよいことをお話しします。

幼稚園の年長になる子どもたちの年齢や様子

年長クラスになるのは何歳の子ども?

子どもが幼稚園に入ることになると、年少や年中、年長といった言葉をよく聞くようになります。どうやって計算するのでしょうか?

「年少・年中・年長」の基準日は4月1日の時点での年齢です。例えば4月10日生まれで、4月1日の時点で5歳なのでしたら、今年度は年長さんです。

年齢の基準日は、誕生日前日の午後12時です。そのため4月1日生まれの子どもは、3月31日午後12時生まれの扱いとなることから、学年で一番遅く生まれた子どもとなります。

1月1日から4月1日までに生まれた子どもは「早生まれ」と呼ばれます。これは、同じ年の4月2日から12月31日までに生まれた子どもより早く幼稚園に入園するから、という意味合いです。

5歳児の体の成長について

自分の子どもが同年代の子どもと比べてどのように成長しているかなど、ママは気になりますよね。

あくまでも平均値ですが、5歳0カ月から6歳0カ月までに男の子の身長は平均6.2cm伸び、体重は18.3~19.4kgに、また女の子は身長は6.3cm伸び、体重は17.9~18.9kgに増えます。

5歳の終わりごろは、身長、体重の個人差がはっきりしてきます。運動機能の発達が正常で、健康であれば心配はありません。

筋肉が強くなり、体のバランス能力がアップします。また、音楽に合わせて速度を自由に調節できるようにもなります。ブランコを大きく振ることもできるようになり、ジャングルジムのてっぺんに上がったり、冒険を好んでしたりするようになるのもこのころです。

5歳児の知能や心の発達について


5歳児は相手の表情から、喜びや悲しみ、悔しさ、嬉しさなどの感情を読み取ることができるようになります。個人差もありますが、相手の気持ちに合わせた行動をとることができるようになることは、とても大きな成長です。

また遊びを通して集団ルールを学んでいきます。それらを理解することで自己のコントロールが身につき、野球のような複雑なルールのゲームなども少しずつできるようになります。

こうした友だちとのやり取りから、自分の意見が通らないときの対処方法を少しずつ学びます。

また年下の子やお年寄り、ハンディを持った人に対する思いやりの心が育つのも、このころです。親の対応を見たり自分で考えることで、優しい気配りを身につけていきます。

年長の一年は親子にとって大切な時間

年長は幼稚園の中で憧れの存在

年長さんは幼稚園の中で最もお兄さん・お姉さんです。ですので年下の子どもたちにとって憧れの存在です。行事では先生からも親からも期待され、ほめられ、幼稚園生活では年下の園児たちのお世話をしたり、先生のお手伝いをしたり、年長さんは特別という見方をされることで自信がついてきます。

年中までマイペースだった子どもが、自分のことは自分でやるようになったり、変化が現れるのもこのころです。

「さすがお兄さん(お姉さん)、すごいね」とたくさんほめてあげると、自信に満ちて、どんどん伸びていくことでしょう。「もう年長さんのお兄さん(お姉さん)なのだから、ちゃんとしないと!」としかるのは逆効果ですので、いい方に気を付けましょう。

運動会や劇、すべての行事が「最後」になる

幼稚園には毎年行われる運動会や劇、遠足、お芋ほりなどがありますよね。先生にいわれるがままに行っていた年少さん、お友だちと衝突しながらもなんとか仕上がった年中さん、自分のカラーを出しつつもみんなで力を合わせた年長さんと、一年一年レベルアップしていく子どもたちの成長に驚きを隠せません。

ランドセルを買い、学習机を用意し、1年生になる準備を着々と整えていきます。卒園式の歌を練習し始め、あと数日で幼稚園も卒園なのかと思うと、ママは手をつないで幼稚園へ行けなくなることがさみしくてたまらない気持ちになることでしょう。

子どもが大きくなることは喜ばしいことですが、もう少しこの可愛らしい時間が続けば…と心の底から思うのも、この時期なのではないでしょうか。

自己肯定感が育つ一年にしよう

子どもが安心して小学校をスタートできるように準備してあげたい、楽しく過ごせるようにルールに慣れる機会を作ってあげたい、勉強を辛いものと思ってもらいたくないから、今のうちにできることを増やしてあげたいなど、親心からくる願いは尽きません。

しかし、できることがどんどん増えているこの時期の子どもであっても「自分はできないんだ」と感じ、自己肯定感が下がっていく子どももいます。

完璧でなくてよいのです。少しずつ成長した子どもに「できたね、すごいね」と声をかけてあげましょう。自己肯定感はすぐにできあがるものではなく、小さな積み重ねです。「眠くても頑張ることができたね」や「今日は1文字書けるようになったね」と、一歩一歩大切に進んでいきましょう。

ママにとっても忙しい年長の一年

【春から夏】ランドセルは早めに予約しよう

数年前から話題になっている「ラン活」という言葉をご存知でしょうか?小学校の入学式は4月ですが、ランドセルを購入する時期は年々早くなり、前年の夏前に完売するところも出ているといった状況です。

「ラン活」が特に顕著なのは、高級ランドセルや工房系ランドセルです。これらのランドセルは性質上手作りで作られるため、人気が集中すると、需要と供給が追い付かなくなってしまいます。そのため5月から7月頃に新作発表され、注文の受付が始まります。

もちろん大量生産しているランドセルメーカー(セイバンやフィットちゃん)もありますので、入学ギリギリでも購入することはできます。それでも色やデザインで人気のあるものは売り切れる場合もありますので、ご注意ください。

【秋】学童保育の見学や申し込みをしよう

幼稚園や保育園を卒園しても、まだまだ幼い子どもを1人でお留守番させるというのは不安なことですよね。小学生を放課後みていてくれる学童保育がありますが、学童保育も様々です。費用はもちろんのこと、保育の様子や保護者の負担等、施設ごとにカラーがあります。入所する前に見学をおすすめします。

見学のポイントですが、学習・運動・小学生の生活にふさわしいかどうかを確認しましょう。指導者とは長い時間接することになりますので、子どもに多大なる影響を及ぼします。子どもが安心して過ごすことができるかどうか、パパやママが安心して預けられるかどうか、というのが見極めのポイントとなるでしょう。

説明会を行っている施設もあります。積極的に参加しましょう。

【冬】入学グッズの購入や名前付けをしよう

1月後半から2月にかけて、多くの学校で学校説明会が開かれます。ランドセルを始め様々なものを準備しなくてはならないので、説明会に出席し情報を入手しましょう。

購入する際に気を付けなくてはならないものを、ピックアップしてみます。筆箱は鉛筆がきちんと削られているかどうかを先生がチェックする場合が多いので、箱形がおすすめです。鉛筆は筆圧の低い1年生は6B~2Bを持っていくところが多いようです。先生によっても異なりますが、シンプルなものがよいでしょう。

道具を揃えたら今度は名前つけです。これが驚くほど多いのです。名前シールに書いたり、パソコンで作成したりと、それぞれ使いやすいものを選んで利用してみてくださいね。

小学校を見据えて年長から練習したいこと

鉛筆を正しく持てるようにしておこう

鉛筆の持ち方は、小学校に入学したら担任の先生が教えてくれると思っている方も多いと思います。もちろん声掛けはしてくださると思いますが、教科書を進めるのが精いっぱいの先生は、1人1人手取り足取りは教えてくれないというのが実態のようです。

では正しい鉛筆の持ち方を身につけるには、どうしたらよいのでしょうか。やはり近くにいるパパやママが、しっかりと一から教えてあげるしかありませんよね。

よくない鉛筆の持ち方を覚えてしまうと、それに慣れてずっとその持ち方で書くようになってしまいます。鉛筆に興味を持ちだしたら、子どものためにも早い段階で正しい持ち方を教えて、きれいな字が書ける準備を整えておいてあげましょう。

交通ルールを守って登校できるようにしよう

今まで外に出るときはママと一緒に手をつないで歩いていた子どもが、小学校に入学すると自分の足で登下校するようになります。そこでママが気になるのは交通事故に遭わないかというところでしょう。

19歳以下の子どもの歩行時の交通事故による死傷者数は、小学1年の7歳が突出して多いという調査結果が出ています。小学校に上がる前に、信号の確認や横断歩道の渡り方などの交通ルールをしっかりと学ばせましょう。そして学校までの道のりを何度か歩く練習をして、危険なところなどを確認しておきます。

それと同時にパパやママも通学路を把握しておき、工事などで迂回しなければならないときなどを想定して、臨機応変に対応できるようにしておきましょう。

和式トイレに慣れておこう

家に和式トイレがあるお宅はめっきり減ってきたように思いますが、和式トイレが主流の小学校も多くあります。

小学校で子どもたちが戸惑わないために、和式トイレを残している幼稚園もあります。和式トイレが嫌いな理由は、落ちてしまいそう、体勢がつらいなど様々あるようですが、小学校のような集団行動を行う場では、嫌いだから洋式だけ入るというスタイルをとっていては、時間内に間に合わなかったなんてことがあるかもしれません。

年長さんのときに少しずつ練習させてみましょう。例えば親が和式トイレの多い公園などで、使っているところを見せることや、また怖くないことを教えてあげるなど、出かけ先で経験させることでプラスのイメージに変わるかもしれません。

年長のうちに「勉強」は必要?

準備しておかないと学校嫌いの原因に

幼稚園は小学校とまったく別の世界です。やりたいことをやりたい時間にやってきた園児生活から一転、時間割で動く小学校生活になります。これになじめず、学校に行きたくないという一年生は意外と多いです。また、勉強についていけないことで劣等感を抱き、不登校になってしまう子どもがいるという話も聞きます。

年長さんになると幼稚園でもカルタをしたりして、字に興味を持たせる遊びをするところもあります。子どもは好奇心旺盛ですから、すぐにゲーム感覚で字を覚えていくでしょう。

入学式を終え、各教室に入ったとき、黒板に「ごにゅうがくおめでとう」と書かれているのを見たことはありませんか?学校側としてはすでに「字が読める」前提で迎えているのではないでしょうか。

ひらがなの読み書きはある程度できるように

入学前から勉強をしていた子どもと、しなかった子どもとでは、かなりの差がついています。

読み書きトレーニングをしてきた子どもは成績がぐんぐん伸び、先生からの評価も高く、親からも褒められます。すると、お勉強は楽しいもの、学校は楽しいところという感覚が宿りますよね。

一方勉強を一切してこなかった子どもは、劣等感を感じてしまうかもしれません。できないレッテルを背負ったままになってしまう可能性もあります。

また、わかる授業とわからない授業とでは、わかる授業が楽しいですよね。字が読み書きできないと、言葉の意味を理解するのに時間がかかります。その時間が少しでも短縮できるように、ひらがなの読み書きはできるようにしておくとよいでしょう。

時計や数を理解しておくことも大切

数は小学校で習うから今はまだ、と思っていらっしゃるママも多いかもしれませんが、数の理解は小学校へ行く前から深めておきたいものです。遊びを通して理解するのもよいでしょう。

もちろん最初からではありませんが、小学校では「◯時◯分までに着替えて体育館に集合」など、行動の指示が時刻で出されます。時計においては、短針はそのまま読めますが、長針の1は5分などと特別な読み方をします。数を理解した上でないと時計の読み方は子どもを混乱させてしまいますよね。

「◯時◯分に家を出るから、それまでに準備してね」や、「テレビは◯時◯分で消すね」など、子どもが時計を気にするようなことを伝えておくと、自然と目が時計にいき、自分から計算して動くようになりますよ。

まとめ

幼稚園児から小学生になると、自分のことは自分で準備できるようにならなければなりません。すべてのことをやってもらっていた幼稚園から、急に「小学生だからなんでもできるでしょ」という環境に置かれるのは、いくら順応性の高い子どもとはいえ、大変なことでしょう。

「かわいいからなんでもやってあげる」というのではなく、かわいい子どもだからこそ、子どもが困らないように、少しずつ手を放してあげるというのも、親心なのかもしれませんね。

年長さんの成長を見守りながら、入学前に身につけたいことは少しずつ練習しておきましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR