就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れ旅行で紅葉を見に行こう!おすすめのスポットや宿をご紹介

子連れ旅行で紅葉を見に行こう!おすすめのスポットや宿をご紹介

秋になると次第に色づいてくる木々たち。暑さも過ぎてお出かけするのにぴったりの季節は、色とりどりに染まる紅葉を見に行きませんか?今回は紅葉の名所のほか、子連れ旅行におすすめの宿をご紹介します。家族みんなで素晴らしい景色に触れてみてくださいね。

旅行をする前に知っておきたいこと3選

紅葉のシーズンはいつ?

カエデやイチョウなどの落葉樹は、朝の気温が6~7℃になると葉が色づきはじめます。紅葉は寒い地域から始まっていくため、日本では北から南へと次第に紅葉していきます。

例年、北海道は10月半ばころから紅葉が始まり、とくに札幌や知床半島、函館などが代表的なスポットとしてあげられます。11月中旬~下旬になると、東北、関東、中部・北陸、中国・四国、九州の各地域で紅葉も見頃になります。

シーズンとして一番遅いのは関西地方で、12月上旬ころが見頃です。紅葉は気象条件の影響を大きく受けるため、秋の気温が低いと早まり、高いと遅くなります。

そのため、その年によって例年どおりだったり、例年よりも早い(遅い)などといったように予想されるのです。

子連れ旅行の費用の相場は?

宿泊費や交通費、食費など、旅行をするにはなにかとお金がかかりますが、家族の人数や子どもの年齢などによっても必要な費用は大きく異なりますよね。調べによると、一度の旅行でかかった金額は3万円未満~30万円以上とさまざまですが、おおよそ10~15万円が平均的な相場のようです。

せっかくの家族旅行だから、自分たちのためになるものにお金をかけたいですよね。しかし、交通費もばかになりません。

飛行機を利用したり、新幹線を利用したりと場所によっても必要経費の差はあるものの、なんとか節約したいところ。そこで、マイルを利用して交通費を安く済ませたり、新幹線+宿泊代のセットプランで費用を抑えるなど、パパ・ママたちは賢くやりくりしているようです。

子連れ旅行に必須な物は何?

まず、赤ちゃんと一緒に旅行する場合、おむつは忘れずに持っていきましょう。また、ビニール袋やレジ袋があると、使用済のおむつを入れたり汚れた衣類を入れたりするのにも便利です。

おやつや絵本などを持っていけば、移動中に子どもが飽きてしまったときにとても役立ちます。おやつを食べる際には、ウェットティッシュや除菌シートなどもあると、手洗い場がない場所でも手拭きの代わりに使用できますね。

また、宿によっては子ども用の歯ブラシや寝巻きの用意がない施設もあるので、持参するとよいでしょう。ほかにも、冬場の上着はもちろんですが、夏場は移動中の車内や宿泊施設内など、冷房が効きすぎてしまうこともあるので、薄手の羽織ものを持っていくのもおすすめです。

各地にある紅葉のおすすめのスポット

東日本のおすすめスポット

東海から北海道にかけて、東日本は西日本よりも早く紅葉が始まります。また、東日本には緯度の高い場所や標高の高い山が多くあるので、美しい紅葉を見ることができるのも特徴の一つです。

東日本のおすすめスポットとして、まずは長野県にある「竜ヶ沢湖」や栃木県にある「五十里湖(いかりこ)」などがあげられます。山一面に染まる紅葉と、それを映し出す水鏡の幻想的な景色は、ため息がでるほどの美しさです。

また、宮城県にある「秋保大滝」など、紅葉の合間から流れ落ちる滝はまさに絶景といえるでしょう。一方、東京都の「日比谷公園」や埼玉県の「月の石もみじ公園」のように、公園という意外と身近な場所でも紅葉を楽しむことができます。

西日本のおすすめスポット

西日本のなかで紅葉といえば、誰もが京都というでしょう。盆地である京都市は、秋の寒暖の差も激しく、紅葉がとても色鮮やかな場所なのです。

特におすすめのスポットは「東福寺」や「常寂光寺」。ほかにも「宝厳院」や「天授庵」などは、ライトアップされた紅葉を見に行くのがおすすめです。

また、兵庫県にある「最上山(さいじょうさん)公園もみじ山」は、自生するもみじに加え、世界中のもみじが植林されている場所のため、全山紅葉するのだとか。色とりどりの紅葉に包まれながら山を散策すれば、心が洗われそうですね。

ほかにも、熊本県にある渓谷「五家荘(ごかのしょう)」では、吊り橋の上から紅葉を眺めることができるというスリリングな体験も楽しめます。

海外のおすすめ紅葉スポット

日本だけではなく、世界各国でも紅葉を楽しめる場所がたくさんあります。まずは、カナダ・ケベック州にある「ローレンシャン高原」です。ここは、紅葉が世界一美しく見られるスポットといわれています。

また、紅葉というと主に赤い色を連想する方も多いかと思いますが、オーストリアにある「アホルンボーデン」では、あたり一面が鮮やかな黄色に染まった美しい紅葉を目にすることができます。

ほかにも、世界遺産の一つである中国・四川省の「九寨溝(きゅうさいこう)」は、中国随一の紅葉の名所として知られています。エメラルドグリーンの湖に映し出される紅葉が独特の雰囲気を醸し出し、中国の人々にとっても一度は訪れてみたい憧れの地なのだとか。

子連れもOKな紅葉シーズンにおすすめの宿

東日本でおすすめの宿

子連れ旅行は、できるだけ設備やサービス、コストパフォーマンスに優れた宿を選びたいですよね。ここでは、ファミリーにおすすめの宿をご紹介します。

東日本でおすすめの宿といえば、まずはじめに箱根・強羅にある「ゆりとろ庵」。ここは全室マウントビューなので、部屋からゆっくり紅葉を楽しむことができます。さらに、子ども用の浴衣があるほか、ゲームやぬりえなども用意されているところが嬉しいポイントです。

また、山梨県・河口湖にある「富士ビューホテル」は、富士山と紅葉の見事なコラボレーションを堪能できる場所。親子3世代で楽しめるファミリープランも用意されているので、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に旅行を満喫することもできます。

西日本でおすすめの宿

兵庫県の有馬温泉にある「月光園 鴻朧館(こうろうかん)」は、六甲山にも神戸市にも近く、自然も都会もどちらも楽しむことができます。食事は朝夕ともに部屋食なので、小さな子どもがいるパパ・ママも気兼ねなく食事できるところが嬉しいですね。

また、前項でもご紹介したように、西日本なら京都はぜひとも訪れてほしい紅葉の名所。でも、紅葉シーズンだとどこもかしこも混雑していて、子連れには少々大変ですよね。

そこで、高雄にある「もみぢ家」なら、喧騒から離れてゆっくり過ごすことができます。部屋から眺める景色はもちろん、半露天風呂と露天風呂があり、湯船につかりながら京都の美しい紅葉をじっくり堪能できるのも魅力の一つです。

赤ちゃん連れでも安心できる宿

山梨県にある「星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳」では、赤ちゃん連れ専用の客室があります。寝室にはベビーベッドが置かれているほか、おむつやおしり拭き、さらには月齢にあわせた離乳食もあるので至れり尽くせりの宿です。

近隣には富士見高原リゾート花の里があり、自動運転カートに乗って標高1,400mの八ヶ岳を散策できます。赤ちゃんと一緒に色とりどりの紅葉を楽しむことができ、まさに贅沢な旅行となるでしょう。

ほかにも、栃木県・日光にある「鬼怒川温泉ホテル」、那須にある「ホテルエピナール那須」など、紅葉を楽しむだけでなく、赤ちゃんとのホテルステイを存分に満喫できる宿もたくさんあります。赤ちゃんと一緒に旅行をするなら、ぜひ赤ちゃんプランの充実した施設を選びましょう。

まとめ

涼しくて動きやすい秋は、旅行にもってこいのシーズンです。子どもと一緒にお出かけするなら遊園地などのレジャー施設もよいですが、せっかくですので美しい自然に触れてみてはいかがでしょうか。

色とりどりに染まった景色を眺めれば、子どもも大人もゆったりとした穏やかな時間を過ごすことができるでしょう。もし、どこに行こうか迷ったときは、子連れに嬉しいサービスやプランのある宿を検索するところから始めるのもよいかもしれません。

子どもも大人も楽しめる旅行を計画して、素敵な思い出を作ってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018