就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

送り迎えに使う保育園バッグとは?最適なバッグを選ぶためのポイント

送り迎えに使う保育園バッグとは?最適なバッグを選ぶためのポイント

より快適に使うためのポイント!

入れる順番や場所を決めれば取り出しやすい

保育園バッグを大きくすれば荷物の収納がしやすく便利ですが、一方で大きすぎると持ち運びも大変ですし、中身も散らかりがちですよね。少し大きめがよい保育園バッグでも、収納方法を工夫することでサイズも小さくできます。

まずバッグに入れる衣類のたたみ方によってかなり収納場所を節約できます。スーツケースに衣類を詰め込むときにも、たたみ方によって収納力が変わりますよね。隙間を作らないように工夫をしてたたんでみましょう。

たたみ方を工夫するためには、バッグの中にどのように持ち物を入れていくかも考えておくとよいですね。保育園バッグから持ち物を取り出す順番を考えて詰めていけば後で取り出しやすく、おしたくにかかる時間も短縮できますよ。

洗える素材なら清潔を保てる

通園時はきれいな衣類を持っていくためバッグが汚れる心配は少なくなりますが、保育園から帰るときには、保育園バッグの中に入る着替えは汚れものが中心になります。どうしても保育園バッグ自体も汚れやすくなります。

最長で6年間使うのであればしっかりとした素材の保育園バッグがよいと思うママもいますが、しっかりとした素材のバッグは洗濯ができないことも多くなります。保育園バッグは汚れやすいということを考え、洗える素材のものを選んだほうが清潔に使い続けられますよね。

しっかりとした素材の保育園バッグは保育園のロッカーなどに入らないといったことが起こるケースもあります。程よく柔らかな素材のバッグのほうが、使いやすいケースも多いですよ。

もしもに備えて洗い替えがあると便利

汚れものを入れた際に保育園バッグが汚れるだけではなく、大きなサイズの保育園バッグは雨に濡れてしまうこともあります。夕方帰宅したときに濡れてしまった保育園バッグを、夜のうちに洗濯して翌朝乾いた状態で使えないケースもありますよね。

このようなもしもの事態に備えて、保育園バッグは洗い替えがあると便利です。もし手作りの保育園バッグを利用するというママなら、作るときに同じものを2個作っておくとよいですね。

子どもが赤ちゃんの頃に使ったママバッグを代用品として使うのもよいですね。ママバッグは保育園バッグと同じくらい収納力があります。子どもがある程度大きくなりママバッグが不要になった場合でも、保育園バッグの洗い替えにしてはいかがでしょうか。

まとめ

保育園に持っていく荷物を入れて歩く保育園バッグは収納力が必要です。荷物を多く持ち運ぶこともあるため、少し大きめのバッグを選ぶとよいですね。

ママだけではなくパパも利用するケースも考え、シンプルでパパも使いやすい色柄を選ぶようにすることもおすすめです。汚れやすい保育園バッグなので、汚れが目立たないものや、洗い替えを用意することも考えましょう。

保育園側で指定がある場合もあるため、保育園バッグを用意する前に一度確認することも必要ですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND