就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

よく泣く赤ちゃんには特徴があるの?泣くことのメリットや性格の違い

よく泣く赤ちゃんには特徴があるの?泣くことのメリットや性格の違い

我が子が泣いてばかりいると、機嫌がよくていつもニコニコしている赤ちゃんのママが羨ましいと感じるかもしれません。よく泣く赤ちゃんをあやすのは大変でママは自信をなくすこともありますが、よく泣く子にはよい点もありますよ。ここではよく泣く子の特徴やよく泣くことのメリット、対処法などについてご紹介します。

赤ちゃんにも性格がある!よく泣く子の特徴

感受性が強く些細なことが気になりやすい

赤ちゃんは体調不良や暑さ寒さなどで不快を感じて泣くほかに、ちょっとした環境の変化による不安でも泣く場合があります。言葉をしゃべることができない赤ちゃんは、泣いて不快感や不安感を表現しているのですね。

赤ちゃんにも生まれつきの性格に違いがあり、ひとりで機嫌よく遊んでいたり眠っていたりしてあまり泣かない子もいます。一方ひとりで遊ぶことが少なくかったりあまり眠らなかったりして、すぐに泣く子もいますよね。

よく泣く赤ちゃんは感受性が強い子が多いです。感受性が強い子は些細なことが気になりやすいために、ほかの子ならば泣かないようなことでも泣く場合があります。また、ママの気持ちを敏感に感じているような子も多いですよ。

周りの環境に神経質になっていることも

周りの環境に神経質で赤ちゃんが泣いてしまうとき、特に音に敏感になっています。赤ちゃんは視力よりも聴力の発達が早いために音に反応しやすいのですね。

赤ちゃんが寝た後になるべく静かにしていても、小さな生活音がする場合もあります。たとえばガスコンロをつけたり袋を開けたりしたときの音です。大人はコンロを使っている、なにかの袋を開けていると分かりますが、赤ちゃんはなんの音か分からないので驚いたり不安になったりして泣く子がいるのですね。

自分を守ってくれるママが近くにいないというのも、感受性が強い子には不安材料となります。周りの環境に神経質になっている子は、少しのことでも不安を感じてすぐに泣いてママを呼んでいるのかもしれませんね。

自己主張や喜怒哀楽がハッキリしている

アメリカの精神科医トーマスとチェス夫妻によると、赤ちゃんの気質は三つのタイプに分かれるといわれます。その中の一つが「扱いにくいタイプ」です。

このタイプは環境に順応するのに時間がかかり不機嫌なことが多く、泣き声や笑い声が大きいなどの特徴があります。また、思い通りにいかないとかんしゃくを起こすといった物事に強く反応する傾向がありますよ。

自己主張や喜怒哀楽がはっきりしている赤ちゃんなのですね。泣いてばかりいる赤ちゃんのママは泣いている理由をいつも探すようになります。

けれども思いつく限りのいろいろなことをしても、赤ちゃんが泣き止まない場合がありますよね。するとママはイライラし、ときには自信を失ってしまうことがあるかもしれません。

泣くことは悪くない!可能性やメリットも

泣くことで不安や不快がママに伝わる

もしも赤ちゃんが泣かなかったら空腹やお尻のかゆさなどに気づかずに、赤ちゃんの脱水症状やお尻の炎症などを見逃す可能性がありますよね。赤ちゃんは泣くことでママに不快を伝えているのです。

ただ、体の不快感以外の理由で泣いているケースもあります。たとえば外出するようになった赤ちゃんは、外で見た光景を思い出して怖さや不安を感じて泣く場合があります。

6カ月くらいになると自我が芽生えるために思い通りにならずに怒りを感じたり、急にさびしい気分になったりして泣く子もいますよ。ママはお世話が大変ですが、言葉にできない気持ちをママにたくさん伝えてくれているともいえます。

赤ちゃんの不安やさびしさなどの気持ちにも、なるべく寄り添えるとよいですね。

よく泣く子は感情豊かな子に育つ可能性も

よく泣く子は少しのことにも敏感に反応しますが、そのときにたくさんのことを感じているはずです。たとえば赤ちゃんのイベントで楽しく遊べる子もいますが、ひたすらママにしがみついて大泣きしている子もいます。

楽しく遊べない赤ちゃんは「知らない子がいて不安だ」「大きな音楽が鳴っていて怖い」などと見知らぬ環境に不安を感じています。そのときに「あの子たちは自分と同じようにハイハイしている」「あの音楽はママが歌っていた」などと観察しているかもしれませんよね。

不安を感じやすい子は、大丈夫かどうかを見極めるためによく観察します。観察力はほかの人の気持ちや環境の変化を察する力を高めやすいために、感性が豊かな子に育つ可能性もありますよ。

ママとの信頼関係を築いている証

乳児期は自分ではなにもできないためにママに頼るしかありません。赤ちゃんは空腹などの不快感を取り除いてくれたり、さびしいときに慰めてくれたりするママをだんだんと信頼するようになります。

赤ちゃんがたくさん要求してママがそのたびに答えるという繰り返しは、赤ちゃんとママとの信頼関係を深くするのですね。赤ちゃんが「困っているときやつらいときはママが助けてくれる」という信頼感は、大きくなったときの人間関係にもよい影響を与える場合が多いですよ。

ママに放置されてばかりいる赤ちゃんは「泣いてもママは助けてくれない」と学ぶ可能性もあります。これでは信頼関係は築きにくいですよね。赤ちゃんはママを信頼しているからこそ思いきり泣けるのかもしれませんね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版