就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

退職せず、子育てと仕事を楽しもう!うまく両立するコツを紹介

退職せず、子育てと仕事を楽しもう!うまく両立するコツを紹介

育児と仕事をがんばっていると、大変さのあまり「仕事、辞めようかな」と思ってしまう瞬間もあるかもしれません。でも続けてきた仕事を辞めるのはもったいないですよね。そこでほかのママはどんなときに仕事を退職したいと思ったのか、その体験談や子育てと両立するためのコツについてお話しします。

仕事を退職したいと思ったきっかけは?

子どもがパパにふとこぼした言葉

ママが仕事を退職したいと思うきっかけは、ふとしたとき突然やってくることもあります。ここで一つ、ママの体験談をご紹介しますね。

Sさんは独身時代から仕事をバリバリとこなし、子どもが生まれた後も保育園に夜20時まで預けて仕事をがんばるママでした。パパも協力的で、彼女が遅番の日などは子どものお迎えや寝かしつけなど分担してくれていたそうです。

しかしある日、保育園から戻った子どもがパパに「ママと一緒にいたいのに、さみしい」とこぼしたそうです。子どもが、がんばっているママには面と向かっていえなかったその言葉をパパから聞き、Sさんはすぐに退職を決意したそうです。

このように退職を決意する瞬間はいつやってくるかわかりません。

子育てとの両立が難しいと感じたとき

仕事と子育ての両立に悩むママは決して少なくありません。子どものことを気にしながらも職場で任された仕事をやり遂げたい、ベストを尽くしたいという思いから、仕事に対して前向きに取り組んでいるママも多いことでしょう。

たとえば、仕事後、夜20時に子どもを保育園に迎えに行き、それから一緒に夕食を食べてから寝かしつけるとなると、子どもの寝る時間が22時以降になってしまうこともあるでしょう。子どもの成長には早寝早起きの生活リズムを整えることが大切だと分かっていても、実際難しいですよね。

あるママは、そんな生活に気をかけながらも毎日を一生懸命過ごしていました。ある日、2人目の妊娠がわかり、それを機に退職する決意を固め、離職したそうです。

ワーママへの周囲の理解がない

働きながら子育てをしていると、職場での理解が得られないとワーママの立場は辛いものになってしまいます。会社の制度に育児休暇や時短勤務があっても、それを利用しづらい社風の会社というのもあるのが現実です。

あるママは近くに頼れる実家もなく、パパも仕事で忙しく育児サポートができないため、産後のフルタイム勤務を諦め、時短勤務で働いていました。2年の時短勤務ののち、やはりもう1年延長しようと人事に相談したところ、「いつ手が離れるかわからない子どもの世話に忙しい人が、あと1年時短勤務したところで、その後フルタイムに戻れるとは限らない」と時短勤務延長を却下されたということです。

このように周囲からの理解がないと育児と仕事の両立は厳しいものになります。

仕事を退職してよかった?後悔した?

【よかった】子どもとの時間が増えた

仕事を退職するか迷っているワーママにとって、退職するとどんなことがよかったのか気になりますよね。退職すると、多くのママが「子どもとの時間が増えた」と実感するようです。

今まで保育園へ子どもを迎えに行き、お風呂や夕食、寝かしつけなど流れ作業のようにこなしていたママも多いと思います。しかし仕事を辞めたことによって子どもが保育園を退園したり、延長保育に預けたりする必要がなくなったりすると必然的に子どもと一緒に過ごす時間は増えますよね。

子どもと一緒に公園で遊んだり、じっくりと相手をしたりすることによってママと子どものコミュニケーションも深まります。さらにママに時間の余裕ができたことにより、習い事などをさせることもできますよ。

【後悔】収入のよい職につくのが難しい

退職して得られるメリットも大きいですが、後悔をしてしまうママもいるようです。後悔する原因の大きな理由の一つは、自分自身の収入がなくなったために、ママが自由に使えるお金がなくなることです。

今まではママも自由にお金を使えていたのに、パパ1人の収入ですべてをまかなわなければならなくなってしまったため、家計はより一層節約しなければならなくなります。子育てが落ち着き、いざ再就職しようとしても前職からの空白期間が長いため、収入のよい職につくのが難しいようです。

仕事は一度やめてしまうと、いずれ再就職したとき以前と同じ給与をもらえるとは限らないので、しっかりと冷静に考えたいですね。金銭面は子どもの教育環境にも大きな影響を及ぼすのでパパと話し合いましょう。

勢いで辞めずに冷静に今後のことを考えよう

ふとした瞬間に「仕事辞めたい!」と思うこともありますが、勢いで辞めずに冷静に今後のことを考えてみましょう。仕事を辞めると、子どもと一緒に過ごす時間は増え、寂しい思いをさせることはないでしょう。しかしその反面、経済的には厳しくなり、子どもの教育費はもちろん、老後のお金についても真剣に考えなくてはいけません。

一方、仕事を続ければ、子どもと一緒に過ごす時間は少なく寂しい思いをさせてしまうことはあることでしょう。しかし学費についての不安も少なく、老後に備えしっかりと貯金することができます。

このようにその場の感情で決めるのではなく長い目で将来を考えたとき、どちらの選択が自分や家族にとって一番なのかを吟味するようにしたいですね。

ワーママが知りたい!子育てとの両立のコツ

育児と仕事の完璧な両立を求めない

仕事と育児の両立は難しく、どうしたら両方とも完璧にできるのか悩んでいるママも多いことでしょう。ときには子どもに対して罪悪感を持ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、育児と仕事の完璧な両立を求めないことが大切です。すべてを完璧にこなそうとすると、苛立ちを感じママのストレスも溜まってしまいます。そうなるとちょっとしたことで家族に当たってしまい、家庭内の空気も悪くなってしまうので注意したいですね。

育児と仕事を両立させようとがんばりすぎず、最初から「どっちも完璧にするなんて無理」と開き直ると、少し気持ちが楽になりますよ。仕事面では、ときには同僚にフォローしてもらってもよいですし、育児も気持ちにゆとりを持って子どもと接するようにしたいですね。

工夫して家事労働を減らす

家事をすべてママが1人でこなしていると、時間がいくらあっても足りません。仕事や育児で手が抜けない分、工夫して家事労働を減らし、ママの負担を少なくするように心がけたいですね。

たとえば食洗器を買って食器はまとめて機械で洗えば、食後の時間を節約することができます。その分の時間で、子どもと一緒に遊んだり、絵本を読み聞かせしたりする時間ができますよ。

ロボット掃除機があれば、ママが子どもとお風呂に入っている間に床掃除をすることができます。さらに食品や日用品の買い出しは週末にまとめてする、もしくは宅配を利用すれば買い物の時間や労働も減らすことが可能です。

どうしてもしなければならない家事は朝早く起きて出勤前に済ませると、帰宅後の負担が減りますね。

周りの理解や助けを得る

ワーママが育児しながら仕事を続けるには、周りの理解や助けを得ることが大切です。仕事面においては、短期間正社員という働き方も可能です。昔は、短時間で仕事というとパートが主流でしたが、最近では正社員のままで短時間勤務ができる制度があるので、身分が安定しており安心です。

職種によっては在宅勤務が可能なケースもあります。子どもが急病になり出勤できない日は在宅勤務にしてもらうなど、職場の理解を得られると仕事も続けやすくなりますね。

育児面では、保育園の送迎をパパと分担する、もしくはどうしてもお迎えに困る日は実家の両親にお願いするなど、周囲の助けを得るようにしましょう。実家が頼れない場合は、地域のファミリーサポートを利用してもよいですね。

まとめ

今回は、ワーママが退職したいと思ったきっかけや退職した場合のよい面と後悔したこと、そして仕事と育児の両立のコツについてお話ししましたが、いかがでしたか?育児と仕事を両立するには、ママの大きながんばりと努力が必要です。ママだって人間ですから、ときには「仕事辞めたい」と心が揺らぐこともあるでしょう。

そこでどうするかは、パパとしっかり将来のことも考えながら決めたいですね。一番大切なのは、ママが笑顔でいられる生き方を見つけることです。ママが生き生きとしているのが、家族にとっても一番重要ですよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018