就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがくせ毛になる原因は?繊細な髪の毛のケアやカットの方法

赤ちゃんがくせ毛になる原因は?繊細な髪の毛のケアやカットの方法

赤ちゃんのくるくるした柔らかい髪の毛は、見ているだけで愛くるしいものですね。「でも、大きくなったらどうなるのかしら。切ってあげたいけどカットの仕方が分からないわ」とお悩みのママも多いことでしょう。この記事では、赤ちゃんのくせ毛の原因や髪の毛のケア、カット方法などについて詳しくご説明します。

赤ちゃんの髪の毛がくせ毛になる原因

両親からの遺伝によるもの

赤ちゃんがくせ毛になる原因はどこにあるのでしょうか。原因はいくつか考えられますが、よくいわれるのが「親から遺伝する」というものです。

その根拠は、赤ちゃんのくせ毛や天然パーマは「優性遺伝」という点にあります。優性遺伝とは、子どもに引き継がれやすい遺伝子のことを指します。逆に引き継がれにくい遺伝子を「劣性遺伝」といいます。

直毛は劣性遺伝なので、くせ毛と直毛の両親だとくせ毛の赤ちゃんが生まれてくる確率がかなり高いことになるのです。この場合の確率は70%以上ですが、両親ともくせ毛の場合は90%以上の確率で引き継ぐといわれています。ただし、くせの強弱は予測がつかず、パパのくせが強くても赤ちゃんは軽いウェーブで済むかもしれません。

赤ちゃんは寝癖がつきやすい

朝目が覚めて、隣で寝ている赤ちゃんの髪の毛を見て「あら、またくしゃくしゃになっているわ。くせ毛は直らないわね」とお嘆きのママ。しかし、早まらないでくださいね。それは、もしかしたら「寝癖」ではないでしょうか。

赤ちゃんの産毛は柔らかくて繊細です。そのため、お風呂上りに髪の毛を十分乾かさずに寝ると寝癖がついてしまうのです。髪の毛が濡れたまま寝ると大人でも寝癖がついてしまうことがあるのですから、細い髪の毛の赤ちゃんならなおさらですね。

産毛は1~3歳位まで生えますので、その後はしっかりした髪になってきます。それまでの間寝癖を防ぐには、ドライタオルで水分を取ってあげたり、ドライヤーを使って乾かしてあげたりするとよいですよ。

食生活の乱れや毛穴の歪みによるくせ

そのほかにも、たんぱく質やビタミン類などの栄養がしっかり取れずにくせ毛となるケースがあります。母乳で育てている赤ちゃんであれば、ママの食事内容を見直してみましょう。

離乳食や幼児食に移行している赤ちゃんなら、献立を考え直すのがよいでしょう。バランスの取れた食生活を送ることで、赤ちゃんのくせ毛が改善する場合もあるのです。

また、赤ちゃんの毛穴の歪みによりくせ毛となっているケースもあります。髪の毛が生えてからくせがつくと思っているママが多いかもしれませんが、実は毛根を包む「毛包」という部分のゆがみにより髪の毛がうねって出てくるのです。

健康な頭皮になれば、くせ毛が直る可能性もあります。赤ちゃんの頭皮ケアをしっかり行ってあげましょうね。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

くせ毛は直るの?お手入れ方法と扱い方

成長とともに変化する髪質

3歳位までは、産毛が生え変わるたびにくせ毛になったり、直毛になったりと、赤ちゃんの髪質の変化も激しい場合があることでしょう。しかし、3歳を過ぎるころになると髪の生え変りもほぼ終了し髪質が確定します。

その後、思春期を迎えると髪質がまた変わるケースがあります。思春期は、男性ホルモンや女性ホルモンの量が変わってくる時期ですので、そのバランスによりくせ毛や直毛に変わることがあるのです。

男の子が逞しい体つきになったり、女の子が丸みを帯びた体つきになったりするのと同様、髪質にも変化が現れるのですね。ただし、髪の質が硬くなったり、細くなったりするケースもありますので、髪質とホルモンバランスの因果関係については完全に解明されているとはいいがたいようです。

丸坊主にしてもくせ毛は直らない

「くるくるの髪の毛だった赤ちゃんが、坊主にしたらくせ毛が直った!」という話を聞いたことのあるママも多いのではないでしょうか。しかしながら、残念なことにこの話には何の根拠もありません。

丸坊主になった赤ちゃんの髪の毛が生えてくると、毛先の細い髪の毛がびっしり生えそろってくるため、赤ちゃんのくせ毛に悩むママには直毛になったように見えてしまうのでしょう。それどころか、丸坊主にすることによりデリケートな赤ちゃんの頭皮や成長途上の髪の毛を傷つけてしまいかねません。

くせ毛になるのは「毛母細胞」が未発達であることに起因しています。髪の毛をカットしても毛母細胞に直接働きかけている訳ではないため、くせ毛が直ることにはならないのです。

食事やシャンプーを見直してくせ毛改善へ

バランスのよい食事を心掛けていると、体の機能によい影響を与えます。同様に、髪の毛の栄養にもなるため、ふさふさしたよい髪質を保ちやすくなります。

逆に、極端なダイエットや粗末な食事は髪の毛に悪影響を及ぼし、髪の毛が細くなったり、くせ毛になったりするのです。赤ちゃんのくせ毛を防ぐためにも、しっかりとした栄養を摂らせたいものですね。

また、シャンプーを変えることでくせ毛の改善につながることが期待できます。シャンプーにはいくつかの種類がありますが、その中でも「アミノ酸系シャンプー」がおすすめです。

洗浄力は弱いのですが、必要な油分を残したままホコリや汚れを洗い流し、添加物も少ないため毛穴に詰まることもなく、さらなるくせ毛となることを防いでくれます。

お家でできるくせ毛のカット方法とポイント

赤ちゃんのくせ毛カットのポイント

赤ちゃんのヘアカットはいつごろ行えばよいのでしょうか。生まれてきた赤ちゃんがふさふさした髪の毛で、その上くせ毛であったなら早めに切ってあげたいものですね。

ファーストカットの時期としては、赤ちゃんの首が据わってから1歳位までの間が一番多いようです。さらに、髪の毛をカットする頻度としては2~3カ月に一度というのが大半です。半年に一度、一年に一度と続きますので、赤ちゃんの髪の毛はそれほど早く伸びる訳ではないようですね。

自宅でカットするコツとしては、「寝ている間に行う」というのがベストでしょう。また、「テレビをつけてじっとさせる」「スピーディーに行う」など、赤ちゃんが動かない工夫をして手早く済ますことを実践するとよいでしょう。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事