就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳の女の子が好きな遊びはどんなもの?オススメの室内遊びと外遊び

4歳の女の子が好きな遊びはどんなもの?オススメの室内遊びと外遊び

4歳児って、何をして遊ぶの?女の子同士だと、どういう遊びが好きなんだろう? 集団生活で遊びを通じて育つ社会性や、手先を使って集中力を養う遊びなど、4歳児ってこんなこともできるんだ!と驚くかもしれません。 お友達と遊ぶのが楽しい時期ならではの、喧嘩やいざこざに対する親の見守り方などもご紹介します。

4歳になると、どんな成長がみられるのか

4歳児に見られる特徴

幼稚園や保育園だと年中さんになるのが4歳児ですよね。
園での集団生活の中で、よく一緒に遊ぶ子・ほとんど遊ばない子・本人は苦手なのかな?と思う子など、子どもたちにも様々な人間関係ができてくるのが特徴です。

友達同士のトラブルがあったときも、少しずつ自分の気持ちや相手の気持ちに気づくようになっていくので、思った通りにならないと泣いて友達を叩いてしまうことも多かった年少さんと比べ、言葉を口に出して解決することが出来ます。

遊びにおいては、鬼ごっこやかくれんぼなどルールのある遊びや、勝ち負けのある競いあう遊びが多くなってきます。また、男の子は○○レンジャーごっこ、女の子はおままごとなど、男女で遊び方に違いが出てくるのも特徴のひとつです。

4歳児が遊ぶ時の注意点

4歳児は男の子も女の子も全体的に動きが活発になってくる頃です。
友達同士で遊ぶときなど、楽しさで周りが見えなくなり、思わぬ怪我をすることもあります。

子どもが友達同士で遊ぶ際、ママは少し離れたところから見守ることも増えてくる頃だと思いますが、怪我をしそうな行動をしているときは、しっかりと注意することが大切です。

また、友達と一緒に遊んでいると、どうしても喧嘩が起こりますよね。お互い手が出て怪我をさせてしまったりする場合は止める必要がありますが、すべて親が立ち入って仲裁してしまうのでは、子ども同士が「仲直り」するきっかけを奪ってしまうかもしれません。

そのときの状況を受け止めたうえで、子どもたちが自分で解決するのを見守ることも大切にしたいですよね。

大人は静かに見守ろう

一緒に遊んでいた友達と喧嘩をしてしまい、どう見てもうちの子は悪くないし、意地悪とも言えることをされている…。こんなとき、すぐにでも子どもたちの間に立ち入ってしまいたくなりますよね。

でも、少しだけ見守ってみませんか。大人は即座に反論することができますし、相手は子どもです。立ち入ったことで自分の子どもを守れるし、大人から見て喧嘩は解決したと思いがちです。

しかし、子どもにとってはどうでしょうか。
もしかしたら、自分は悪くない。○○ちゃんがいけない。こうして欲しいから、ちゃんと伝えてみよう。としっかり考えていたかもしれません。

こうした喧嘩も、自分の気持ちを相手に伝える。相手から伝えられた気持ちを考えられる。といった大切な役割だと思います。

4歳の女の子にオススメの室内遊び

集中力を養う手を使った遊び

ママが家事の最中、やけに静かだな?と子どもを見ると、何かにすごく集中して遊んでいるときありませんか。4歳児は手先がとても器用になる頃です。手先を使った遊びをさせることによって集中力が養えます。

ブロック遊びは、カラフルな色や様々な形のブロックで色んなものを作ることができるので、子どもの想像力や創造力を伸ばせるおもちゃですよね。

折り紙も、3~4回程折るだけでも可愛い動物や乗り物が作れるので、一人ですべて作った達成感も得られると思います。

また、塗り絵やお絵描きも、上達ぶりにびっくりするのもこの時期ではないでしょうか。
塗り絵も少し細かい箇所も塗るものを選んだり、クレヨンも色の種類を増やしてあげたり、遊び道具も子どもの成長に合わせてあげたいですね。

想像力を広げるごっこ遊び

女の子のごっこ遊びと聞くと、真っ先に思い浮かぶのが「おままごと」という方も多いのではないでしょうか。おままごとから派生して、お料理ごっこ、お買い物ごっこなど、みんなママの行動をよくみているんだなと感じますよね。

おままごとを例にとりますが、4歳児はごっこ遊びに出てくる役や、台詞、ストーリーなど、結構細かく設定して遊べます。会社へ行くパパや、お料理を作るママ、お世話しなくてはいけない自分より小さい赤ちゃんなど…

実際自分はママではないけど、役になって演じて、合った台詞を言うことは想像力をとても使う遊びだと思います。おままごと以外でも、よく観るアニメのキャラクターになりきってお友達と遊ぶのも大切なごっこ遊びのひとつですよね。

脳の発達を刺激する遊び

子どもは遊びの中で沢山の良い刺激を受けて脳がフル回転します。沢山の良い刺激を与えてあげたいですよね。外遊びでは鬼ごっこや、こおり鬼など、ルールのある遊びを楽しめるようになってきます。

公園にある遊具のほとんどを遊べるようになってくるので、アスレチックなど少し難しいかな?と思うような遊具もチャレンジさせてみましょう。
その際は近くに付き添い、危険ではないかをチェックしましょうね。

またボール遊びも上手くボールを掴めるようになってきます。ボール蹴りなど予測ができないボールを追いかけるのも脳や身体に良い刺激になりそうですね。

室内遊びでは、だるまさんがころんだや、フルーツバスケットなど、ルールを理解してお友達と一緒に遊んでみましょう。

4歳の女の子にオススメの外遊び

達成感を持てる遊具を使った遊び

歩き始めた1歳過ぎ頃から少しずつ遊具のある公園へ出かける方も多いと思います。
その頃にはできなかった、高い位置からのローラー滑り台や、手が届かず登れなかったジャングルジムなど、どんどんできるようになるのが4歳児。

子ども自身も遊具で楽しみながら「こんなこともできたよ!」と誇らしげに言われると、ママも嬉しくなりますよね。この時期は、今までできなかった遊具に挑戦してみましょう!

例えばアスレチックにあるターザンロープなど、まだ一人でできるようになるにはロープに飛び乗るタイミングや勇気が必要ですよね。

無理強いはせず、興味がありそうならママやパパが支えてあげるなどして「こわかったけどできた!楽しい!」と達成感に繋げられるとよいですよね。

お友達と一緒に出来る遊び

女の子同士で遊ぶときよく見られるのは、やはりおままごとが多いのですが、お人形遊びなども見ていて楽しいですよね。既存のお人形でごっこ遊びをするのもよいですが、折り紙や廃材で自分だけのオリジナルな動物やロボットなども作って遊ぶのもおすすめです。

セロハンテープやのりを使ったり、クレヨンで顔を書いたり色を塗ったり…お友達の作品を見ることもきっと楽しいでしょう。外遊びの砂場では泥だんごを器用に作り「お団子屋さん」を開いたりして、いつの間にか店員さんやお客さんといった配役が決まり、ごっこ遊びを楽しみます。

鬼ごっこでも、単に「鬼」ではなく、アニメの敵キャラクターになって追いかけると盛り上がります。お友達と共有できる楽しみが沢山増えるとよいですよね。

五感に触れる自然遊び

五感に心地よい刺激があると、とても良い気持ちになりますよね。自然遊びと聞いて何を思い浮かべますか?潮干狩り、山登り、川遊び…どれも気軽に毎日という感じではないですよね。身近な遊びで取り入れてみましょう。

おすすめは探検ごっこです。自然の多い大きな公園があればぜひ行ってみましょう。
変わった声で鳴く鳥や綺麗な蝶々など、子どもと一緒に「あれは何だろう?」と興味を引き出しましょう。

お家に図鑑があれば帰ってから、今日見た生き物や植物などを調べてみても楽しいでしょう。近くに自然の多い公園がなければ近所の神社やお寺など、遊具のあるいつもの公園とは少し違うところを探検してみましょう。

子ども目線の新しい発見にママもびっくりするかもしれませんよ。

まとめ

無限の可能性がある4歳児。特に女の子は言葉も達者な子が多いので、ママと同等にお話したり、時には口喧嘩をしたりもするでしょう。

赤ちゃんのときと違って、今ではお友達と小さないざこざを経験して、口で仲直りすることができるんです。遊びの中で、ついつい口をはさみたくなるときや、手を差し伸べたくなるときがあるかと思いますが、4歳児の可能性を信じてみませんか。見守る間に子どもたちで解決しているかもしれません。

他者との関わり方を学ぶ大切な時期です。成長を楽しみつつ、大らかに見守っていけたらよいですよね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018