就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

断乳後のセルフケアで乳腺炎予防!事前準備と正しい対処法を知ろう

断乳後のセルフケアで乳腺炎予防!事前準備と正しい対処法を知ろう

断乳をしようと考えたとき、何からどう始めて、どんなことに気をつけたらよいのでしょうか?断乳することで避けたいのは乳腺炎ですね。計画的に断乳をすすめることができ、断乳後におっぱいのトラブルが少なくなるように、注意点やセルフケア方法を含めてご説明します。

断乳を考えたら少しずつ準備を始めよう

ママたちが断乳を決めたきっかけは?

ママが決意してから母乳育児を終える断乳は、子どもがまだおっぱいを飲みたいと思っている状況にもかかわらず諦めさせなければならないので、やめるきっかけを作るのがとても重要です。

断乳を決めた理由として、子どもがしっかりご飯を食べるようになったからというママの意見があります。子どもの食事の量が増えると、頻繁にお腹が空かなくなりますね。

おっぱいの出が悪くなって断乳をするママもいます。また夜中の授乳がつらく、ママの腰や身体に影響が出てきたなど、ママの体調を理由に断乳を決めることもあるようです。

次の子の妊娠を考えたから、保育園に行くことになったから、◯歳のタイミングでなどママの理由はそれぞれのようです。

段階的に断乳を進めることのメリット

断乳を進めるためには、事前の準備が大切です。突然断乳を始めると、乳腺炎などのおっぱいのトラブルが発生したり、おっぱいが欲しくて泣く赤ちゃんを見てママの気持ちが揺らいでしまったりします。まずは、ママが断乳を固く決意し、しっかり準備をして臨みましょう。

断乳決行日を決めたら、1日の授乳回数を少しずつ減らしていきましょう。急に授乳回数を減らすとおっぱいの張りが強くなります。離乳食後の授乳や日中の遊び飲みの授乳から段階的に減らしていくのがおすすめです。

また、赤ちゃんにも「この日におっぱいバイバイしようね」と伝え始めましょう。言葉で伝えて、断乳に向けてのムードを作ることで、赤ちゃんも意識することができるでしょう。

赤ちゃんとママに合ったスケジュールを組む

断乳を決めたら、短期で断乳するのか長期で1カ月くらいかけて徐々に断乳をするのか決めましょう。

短期の場合は3日程度で断乳が完了するようにもっていくのがおすすめです。親子ともに体調を整えて、できればパパの休日など協力してくれる日を含めるとよいでしょう。前日から「おっぱいはバイバイだよ」と優しく伝えておいてくださいね。最後の授乳を終えると、それ以降はどんなに赤ちゃんが泣いても授乳はせず過ごします。

長期の場合は少しずつ離乳食の量を増やしていき、授乳の間隔をあけていきましょう。泣いたら外に遊びに出て気を紛らわせたり、あやしながら寝かしつけてみたりを試しながら、断乳するタイミングを掴んでいくとよいでしょう。

断乳したら適切なケアを行うことが大切

母乳が出やすいママは適度に圧抜きを

断乳をすると、これまで赤ちゃんが飲んでいた分量の母乳がおっぱいに溜まります。最初、しこりができ始め、そのうちカチコチになるでしょう。

しかし母乳を絞りすぎるとまた新しい母乳が作られるので、おっぱいが張ってきます。しばらくは我慢ですが、どうしても我慢ができないときは、適度な圧抜きがおすすめです。

両方の手のひらでおっぱいを包み込んで、上下左右にゆっくりほぐしてください。わきの下からおっぱいを優しくマッサージし、親指と人差し指を使って乳輪から乳首の先に向かって絞りましょう。硬くなっている部分やしこりのある部分を軽く押すようにしてあげると、詰まったような感覚が取れますよ。

白い母乳から透明な汁が出るようになるまで続けましょう。

分泌を抑えるために冷やすのも有効

おっぱいのトラブルを回避するには、まず母乳の分泌を抑えることが大切です。

濡れタオルや保冷剤などを利用しておっぱいを冷やし、母乳の分泌の抑制を促すことをおすすめします。冷やすことはおっぱいの張りによる痛みを和らげる効果もあります。乳房や脇の下を冷やすと痛みや熱が緩和されますよ。

発熱したときなどに利用する冷却シートは、手軽に手に入れることができ、貼るだけで冷やすことができるので、家事や仕事を進めやすいですね。ママが「気持ちよい」と思える程度に冷やしましょう。

身体が温まると母乳が分泌されやすいので、断乳開始後はできるだけお風呂の湯船に浸からずに、さっとシャワーで済ませるか半身浴程度にするのがよいですよ。

締めつけの強い下着を避ける

断乳後もしばらく母乳は出続けます。断乳時には乳房内に乳汁がたまるため、普段よりもバストのサイズが大きくなる傾向にあります。

断乳してすぐに、まだおっぱいが張った状態の時期に通常のワイヤー入りのブラジャーに戻すと、乳腺炎を引き起こしてしまうので、おっぱいが張った状態で通常のブラジャーに戻すのは避けましょう。とくにワイヤー入りは胸を締めつけるので、血液循環不良となる恐れがあります。

断乳してしばらくは授乳ブラをつけるか、サイズ大きめのブラジャーを着用するのがよいでしょう。通常のブラジャーに戻すのは、おっぱいの分泌がまったくなくなるころが目安。断乳後も妊娠期と同じように体が変化する時期なので、身体を労いながらゆっくり移行しましょう。

母乳の分泌が落ち着きにくい場合は

水分を摂りすぎていないか気にかけよう

母乳を作るには水分が必須となり、摂取する水分量が多ければ多いほど、作られる母乳の量が多くなるといわれています。つい授乳中の癖で水分を大量に摂取しがちになってしまうでしょう。断乳中にたくさん水分をとると、余分な母乳が作られやすくなります。

のどが渇いたときに我慢することはありませんが、断乳中は母乳の分泌を減らすために、いつもより控えめにすることを意識してくださいね。分泌が終わるといつもどおりの水分量に戻していくとよいでしょう。

夏場は汗となって水分が出ていってしまい、どうしても水分摂取量が多くなります。夏場の水分制限は熱中症の危険もあるため、夏でなければならないという場合を除き、暑い時期の断乳は避けた方がよいかもしれませんね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj