就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんと快適な夏を過ごそう。夏の服装からお出かけ対策までご紹介

赤ちゃんと快適な夏を過ごそう。夏の服装からお出かけ対策までご紹介

赤ちゃんとのはじめての夏をむかえるにあたり、赤ちゃんが過ごしやすい服装、布団の必要性、お風呂の入り方、エアコンの温度など気になることがたくさんありますよね。赤ちゃんが夏を快適に過ごせるようにするには、どのようなことに注意していけばよいのかご紹介していきます。

月齢別にみる赤ちゃんの夏の服装

1カ月~3カ月の頃の赤ちゃんの夏服

体温調節機能が未熟でとても汗っかきな赤ちゃん。夏の暑い日は肌着だけで過ごしてもいいのか、エアコンのきいた部屋ではなにを着せればよいのかなど、赤ちゃんの服装について頭を悩ませてしまうママは多いことでしょう。

赤ちゃんに適した服装は月齢や過ごす場所によって変わります。生後1カ月検診が終わるまで外出をさけたい新生児であれば、家の中で1日を過ごすことになります。エアコンや扇風機を使って温度や湿度の調整をし、通気性のよい綿100%のコンビ肌着1枚、短肌着を重ねる、ロンパース1枚にするなどして調節しましょう。

生後1カ月〜3カ月の赤ちゃんであれば、室内ではコンビ肌着1枚かロンパース1枚、外出時には薄手の肌着1枚に薄手のロンパースを着せるとよいですよ。

4カ月~8カ月の頃の赤ちゃんの夏服

生後4カ月以降であれば、コンビ肌着よりもボディタイプの肌着のほうが使い勝手がよいことも。上下がつながっているのでお腹がでませんし、股のところのスナップをとめるだけなので、動きが活発な赤ちゃんのオムツ替えが楽になります。

お座り前までは前開きタイプの肌着、お座りができるようになれば上からかぶせるタイプの肌着を1枚着せて過ごし、外出時にはその上に薄手のロンパースや上下セパレートの服を着せるとよいでしょう。

4カ月以降の赤ちゃんは大人より1枚少なめに着せるのが目安とされていますが、寝返りやずりばい、お座りやハイハイができるようになる時期ですので、お子さんの成長に合わせて動きやすい格好にすることにも配慮するとよいでしょう。

9カ月以降の赤ちゃんの夏服

赤ちゃんによって個人差もありますが、つかまり立ちや伝い歩きをして行動範囲が広がり、動きもますます活発になるころ。室内であればボディタイプの肌着1枚でもかまいませんが、外出時には赤ちゃん用の一体型の服よりも、上下セパレートの服のほうが動きやすい場合があります。

デザイン性だけでなく、吸湿性のよい薄手の素材か、着せやすいものか、動きやすいものかなども確認して、お子さんの成長に合わせて服や肌着を選ぶとよいですよ。

外出時にエアコンがきいたところに行く場合には、薄手のはおりものやブランケットを持ち歩いたり、汗をかくたびに着替えさせるのが大変であれば汗取りパッドを活用したりして、赤ちゃんの汗のかき具合を見ながら衣服の調整をするとよいでしょう。

赤ちゃんに靴下や肌着、布団は夏でも必要?

【靴下】足の裏で体温調節をするから不要!

「夏の暑い時期であっても靴下をはかせたほうがよいのだろうか」と悩むことがあるかもしれませんが、冬の寒い時期や体が冷えているときでなければ基本的には必要ありません。

体温調整機能がまだまだ未発達な赤ちゃんは、足の裏から熱を放出することで体温を調整しています。靴下をはかせてしまうと熱がこもり、汗を大量にかいてしまったり体温が上がったりしてしまうのです。室内で靴下をはいていると滑って転ぶ危険性もあるので、はかせないほうがよいでしょう。

エアコンが効いた室内で足が冷えてしまわないか心配であれば、靴下のかわりに薄手のレッグウォーマーを活用してみてはいかがでしょうか。ハイハイのときにひざを守ってくれたり、外出時の紫外線対策としても使えたりするので便利ですよ。

【肌着】赤ちゃんは汗っかきだから必要!

「夏に肌着を着せると、暑くて大量に汗をかいてしまい、汗疹(あせも)になってしまうのではないだろうか」という懸念から、肌着を着せるべきか迷ってしまうママは少なくないでしょう。

肌着は赤ちゃんの汗とりの役目を果たしてくれるとても大切なもの。赤ちゃんは新陳代謝が活発ですぐに汗をかいてしまいますが、肌着があることで大量の汗をすぐに吸収して肌をさらっと快適に保ってくれるので、あせもができにくくなるのです。

ガーゼ、天竺(てんじく)、フライスなどの吸湿性や通気性に優れた「夏素材」でできた綿100%の肌着はとくにおすすめです。汗をすばやく吸収してくれるのでベタつきにくくなり、暑い夏でも快適に過ごせるようになりますよ。

【布団】薄く通気性のよいもので寝冷え防止

とても汗っかきな赤ちゃんは、お昼寝のときや就寝時に大量の汗をかきます。大人より1枚少なめを目安に布団を用意するのがよいとされていますが、夏場であれば布団ではなく、薄手のガーゼケットをお腹にかけるだけで十分寝冷えを予防できます。足の部分をおおうと熱がこもるので、体全体をおおわないよう注意しましょう。

【汗を大量にかく場合】

  • 背中に汗とりパッドをはさみ、汗をかいたら取りはずす
  • ベビー用の冷感マットや寝ゴザを使用する

【エアコンを使用する場合】

  • 夜中にエアコンを使用するときは「おやすみモード」にする
  • 薄手のスリーパーやガーゼケットを使用する
  • 手足が冷えていないか確認する
以上のような点に注意し、赤ちゃんが快適に眠れるように工夫しましょう。

赤ちゃんは夏でもお風呂に入った方がいい?

お風呂はぬるめの温度で短時間で切り上げて

夏の暑い時期には大人でも「シャワーだけで手軽に済ませる」という人は多くいますが、赤ちゃんの場合にはどうすればよいのでしょうか。

新陳代謝が活発な赤ちゃんはよく汗をかき、オムツを替える回数も多いもの。手足の指の間、首まわりのシワや関節部分にはどうしても汚れがたまりがちになりますよね。

汗をかいたときにはシャワーを浴びさせてあげると汗疹(あせも)を防ぐのには効果的ですが、シャワーだけでは汚れを十分に落とすことはできません。1日1回は湯船につかり、手や足、関節にたまった汚れをきれいに取り除くようにしましょう。

夏場のお風呂の温度は38度くらいを目安にし、湯船につかる時間は10分ほどにして、短時間で切り上げるようにするとよいですよ。

お手軽にシャワーで済ませても大丈夫

汗や皮脂で汚れたままにしておくと、すぐに肌トラブルをおこし、脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)や汗疹(あせも)になってしまう赤ちゃん。適度にシャワーを浴びさせて赤ちゃんの肌を清潔に保つことは大切ですが、やりすぎにも注意が必要です。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなため、何度もシャワーを浴びる、石鹸でゴシゴシ洗う、湯船に長時間つかる、といったことでも肌が弱ってしまいます。シャワーを浴びさせるのは多くて1日3回、石鹸を使用するのは1日1回程度がよいでしょう。バスチェアがあるとシャワーをするときに便利ですよ。

湿疹などの肌トラブルがある場合、湯船につかって体が温まることでかゆみが増すことがあります。そのようなときにはシャワーでさっと流す程度で大丈夫ですよ。

赤ちゃんの保湿は夏も忘れずに

体の表面に汗や皮脂汚れが残っていると肌トラブルをおこしてしまうため、どうしても夏場のシャワーの回数は多くなりますが、そのあとの保湿も毎回忘れずにするようにしましょう。

夏のエアコンや紫外線、汗や皮脂汚れなどの刺激によって、赤ちゃんの肌のバリア機能は失われがち。肌の表面に汗を残さないよう、さっとシャワーで流したあとは、早めにローションやクリームなどの保湿剤を使用することで肌を守ってあげることが大切です。

シャワーやお風呂のあとは、体だけでなく、手足の指の間やお股、関節部分などもタオルでしっかり水分をふきとってから保湿しましょう。皮膚が大人より薄く、乾燥しやすい赤ちゃんの肌を、夏場でもきちんとケアしていくようにしましょう。

夏を快適に過ごすために注意したいこと

エアコンの設定温度は赤ちゃん基準で考えて

体温調整が苦手な赤ちゃんは、大量の汗をかくことによって室内でも熱中症になりやすいです。水分補給を十分にしつつ、エアコンを上手に活用して快適に過ごせるようにしましょう。

エアコンの設定温度は26度〜28度が理想的です。寝返りやハイハイをして活発に動いて、おでこや首元にぐっしょり汗をかいてしまう場合にはエアコンの設定温度を少し下げたり、赤ちゃんの手足がひんやり冷たいときには少し上げたりするなど、赤ちゃんの汗のかき具合を見ながら臨機応変に対応していくことが大切です。

夜間の暑さでうまく眠ることができず、夜泣きをしてしまうこともあります。エアコンの「おやすみモード」を活用し、寝苦しさから開放してあげましょう。

お部屋の湿度にも気を配ろう

赤ちゃん、幼児、大人にとって快適な湿度は40%〜60%といわれています。赤ちゃんの皮膚は大人より薄く、乾燥に弱いので、梅雨や台風のジメジメする時期には除湿機やエアコンのドライ機能を利用したり、夏場にエアコンを長時間使用していると空気が乾燥するので加湿をしたりして、湿度を調節することが大切です。

以下の点にも配慮して、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしましょう。
  • エアコン使用時にはときおり換気をする
  • サーキュレーターで風を循環させる
  • エアコンの冷気が赤ちゃんに直接当たらないよう、ベビーベッドや布団の位置を調整する
  • エアコンのフィルター掃除をこまめにする
  • 冷たい空気は下にたまりやすいので赤ちゃんの寝ている場所に温湿度計をおいてチェックする

オムツかぶれや汗疹に気をつけよう

汗をたっぷりかき、オムツの中もむれやすくなる夏には、赤ちゃんに肌トラブルはつきもの。気をつけていても汗疹(あせも)やオムツかぶれになってしまう場合は多々あることでしょう。

・おしっこやウンチが肌に長い時間ふれていると刺激を与えてしまうので、オムツををこまめにかえる
・おしりふきは刺激の少ないものを使用し、ゴシゴシこすらない
・オムツ替えのときにはすぐに次のオムツをつけず、しっかりおしりを乾かす
・汗をかいたとき、ウンチがなかなか落ちないときには、軽くシャワーで洗い流して清潔を保つ

以上のような点に気をつけて汗疹やオムツかぶれを予防しましょう。もしなってしまっても、こまめにシャワーで流したり保湿をしたりして、あわてずに対処していくとよいですよ。

夏のお出掛けはしっかり準備をしよう!

紫外線や熱中症対策に欠かせない帽子

赤ちゃんに適度な刺激を与え、ママの気分転換にもなるお散歩。暑いからといって1日中を家の中で過ごすわけにもいかないので、早朝や夕方の比較的涼しい時間帯を選んでお散歩をするとよいでしょう。

暑さに弱く、肌にダメージを受けやすい赤ちゃんは、お散歩のときに紫外線や熱中症への対策が欠かせません。以下のような対策をしておくと安心してお散歩が楽しめますよ。
  • あごひもや首うしろの日よけがついている、通気性のよい帽子をかぶらせる
  • 通気性や吸湿性のよい薄手の服装にする
  • 保冷剤を入れるポケットつきのベビーカーシート、ベビーカーの幌(ほろ)に取りつけるサンシェード、UVカット機能付きの薄手のブランケットなどを活用する

赤ちゃんのデリケートな肌を守る日焼け止め

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなものです。直射日光が当たることで水ぶくれややけどになってしまったり、紫外線のダメージが蓄積され、シミやシワ、免疫力の低下を将来引き起こしたりしてしまうことも。赤ちゃんの柔らかい肌を外的刺激から守るためには、ベビー用の日焼け止めを使用することも有効ですよ。

・「ベビー用」のもの、水で洗い流せるものを使用する
・日常生活の中でつけるときにはSPF15〜20/PA++程度のもの(レジャーであればSPF20〜40)
・生後半年ごろから使用できますが、使用前にはかならずパッチテストをおこない、赤くなってしまわないか確認する
・日焼け止めを塗ったままにせず、帰宅後にシャワーで流したり、夜にお風呂で洗ったりする

水分は常温のものをこまめに飲むように

赤ちゃんの水分補給は母乳やミルクだけで十分だといわれていますが、夏場のおでかけの際にはそれだけでは足りないこともあります。

赤ちゃんは暑かったりのどがかわいていたりする場合でも、泣くことでしか感情を表現することができません。汗をたっぷりかくと、その分水分が失われ、熱中症になってしまうので、こまめに水分補給をすることが大切です。

生後2カ月以降の赤ちゃんであれば、白湯(さゆ)や麦茶を飲むことが可能です。お風呂あがりなど、のどがかわいたときに普段から与えておくと、嫌がらずに飲んでくれますよ。体が冷えすぎないよう、常温の飲み物を哺乳瓶やマグ、水筒などに入れてお散歩のときに持ち歩き、こまめに水分補給をして熱中症にならないようにしましょう。

まとめ

「暑い、のどがかわいた」などの感情も、泣くことでしか表現することができない赤ちゃんだからこそ、赤ちゃんにとって夏場の快適な服装や部屋の状態について、パパやママが知識を得ておくことはとても大切なことですね。

赤ちゃんの肌トラブルを防ぐためにエアコンやシャワーを利用したり、紫外線や熱中症への対策のために必要なものをそろえたりしましょう。赤ちゃんのために、暑い夏を快適に過ごせるような環境づくりをしてあげてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018