就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ワーキングマザーは休日も大変!働くママのリアルと理想の過ごし方

ワーキングマザーは休日も大変!働くママのリアルと理想の過ごし方

仕事と家事と育児に忙しいワーキングマザーは休日でも完全に休めない場合が多いです。家事と家族との外出で休日が終わり、気づいたら自分だけの時間がまったくなかったという日もありますよね。今回はワーママの休日の様子や働くママが理想とする休日、ワーママが有意義に休日を過ごす方法などについてご紹介します。

ワーママは仕事よりも休日のほうが疲れる?

仕事の疲れを取りたいのに取れない

仕事と家事、育児をこなすワーママの平日は時間に追われています。朝は早くから朝食準備やお皿の片づけ、子どものお世話、自分のしたく、洗濯などやることがたくさんあるためじっくり座っている暇はありません。

仕事はなるべく残業しないように効率的に集中して行い、夕方も保育園にお迎えに行ってから就寝まではノンストップで毎日のタスクをこなします。子どもを寝かしつけた後も残った家事や持ち帰りの仕事をするときもあるため、睡眠不足のママも多いかもしれません。

平日もハードスケジュールですが、休日も家事や子どもとの外出などでゆっくりと休んでいる時間は少ないです。365日ほとんどお休みなしのサイクルを続けていれば、仕事の疲れはいつまでたっても取れないですよね。

休日は溜まった家事を消化する日

休日は溜まった家事をするのに忙しいママも多いです。平日に手が回らなかった掃除、保育園から持ち帰ってくる上履きや布団カバーの洗濯、アイロンがけなどがありますよね。

パパと子どもが外出していればまだよいのですが、家にいると思うように溜まった家事ができませんよね。「お腹空いた」「ジュースちょうだい」などの催促が来るうえ、お菓子のカスを床に落としたりおもちゃを広げたりして、掃除の手間が増えます。

溜まった家事を消化するのも一苦労ですが、子どもの世話も重なると家事に集中できずに一日がかりになる場合もあります。やっと家事を終わらせた後に夕食の準備や片づけまで行うと、平日よりも休日の方が忙しいと思える日もありますよね。

休みたくても育児が待っている

平日ママと離れて過ごしている子どもは、一緒にいられる休日はママと遊びたがります。元気な子どもは早起きなので、休みの日くらいゆっくり寝ていたくてもママも子どもに合わせて起きることになりますよね。

休日は家族のために朝、昼、晩の三食を用意することが多いです。離乳食があればさらに一手間かかる場合もありますし、おむつ替えやトイレの介助など、小さい子がいれば手をかけることが増えます。

平日は仕事で通えない子どもの習い事を土曜日に入れているケースもありますよね。習い事を掛け持ちしていればそれだけで半日潰れるかもしれません。

パパが育児に協力的でない場合は、ママ一人で育児をするようになります。体力だけでなく気持ちのうえでも負担が大きくなりますよね。

働くママの理想的な休日の過ごし方は?

子どもがいても欲しいひとりで過ごす時間

2018年に住環境研究所が2,486人の共働き夫婦を対象に調査を行ったところ、ママの理想とする休日について「自宅で一人でゆっくりしたい」と考えているママが42.8%に及びました。また「外出して一人で過ごしたい」という意見も20.2%ありました。

これはママがいつも家事や育児に追われて自分の時間が持てないからだといえます。常に会社や家で相手のペースに合わせて行動していると疲れます。たまにはひとりになって自分のペースで過ごしたいと思いますよね。

ハーバード大学の研究によると、ひとりの時間を持った人の方が共感力が高いといわれます。他人を一歩引いた視点で客観的に見られるため相手の状態が分かりやすくなるのです。短時間でもひとり時間を持てるとよいですね。

家事だけで終わる休日にしたくない

先ほどの住環境研究所が調べたママの理想とする休日には「一切家事をせずくつろいで過ごしたい」という意見が31.2%ありました。平日に仕事をしているのに休日まで家事という仕事をしたくないというママの気持ちの表れかもしれませんね。

育児を一日中休むのは難しいですが家事は休もうと思えば休めます。食事は宅配がありますし部屋の掃除は必ず必要ではありません。

ただ、たまった洗濯物は片づけておかないと会社や保育園に着ていく服がなくなります。また、平日にまったく掃除ができなければ休日に行うしかありませんし、平日の食事作りを短縮するため休日に作り置きおかずを準備するママもいます。

そうすると休日はほとんど家事だけで終わり、ママはゆっくり休めなくなりますよね。

休日だからこそ朝方生活で一日を長く

休日にママが自分の時間を作るためには早起きするのが最適な方法かもしれません。休日くらい長く寝たいものですが、寝過ぎるとかえって疲れるケースがありますよ。

朝にすっきり目覚めるには夜に熟睡することが大切です。朝起きたらすぐに太陽の光を十分浴びる習慣をつけると、寝つきがよくなり熟睡しやすくなりますよ。寝る前のスマホやテレビもよく眠れなくなる原因なので控えましょう。

個人差はありますが、すっきり寝覚めやすいのは入眠後6時間もしくは7.5時間後です。早起きしたいときは子どもが寝ついた後、別の部屋でこの時間に目覚ましをセットして眠るなどの工夫をするとよいかもしれませんね。

ただ、あまり疲れている場合はゆっくりと休んだ方がよい場合もありますよ。

ワーママが休日を有意義に過ごす方法

休みの日だからといって寝溜めをしない

休日に昼まで寝ているというような寝溜めをすると、体に悪影響が出る可能性があります。私たちの体は24時間と少しという体内時計を刻んでいて、それは朝起きたときに太陽の光を浴びることでリセットされます。

起きる時間が遅くなるとリセット時間も遅れて体内時計が狂い、ホルモン分泌や体温などの調節がうまくいかなくなる場合があります。すると時差ボケのような状態になり、長く寝たのにかえって疲れて体調を崩す可能性もあるのです。

朝寝坊をする場合も2時間を限度にして、睡眠不足を感じるときは90分間の昼寝をおすすめします。人には深い眠りと浅い眠りを1セットとした約90分ごとの睡眠サイクルがあり、1サイクルが終わるときに起きるとすっきり目覚められて疲れが取れるのです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC