就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの自立心を育てよう!幼児教育に役立つ日常生活のポイント

子どもの自立心を育てよう!幼児教育に役立つ日常生活のポイント

子どもには、自立した子に育ってほしい。そう思っているママは多いのではないでしょうか。子どもの自立心を育むには、幼児教育だけではなく、日常生活において意識するとよいことがたくさんあります。ここでは、子どもの自立心を育むポイントについて紹介します。

子どもの自立のために必要なことは?

ママに見守っていてもらえる安心感や信頼感

自立とは、自分のことはなんでも自分でやること、というイメージが強いかもしれません。確かにその意味もありますが、子どもにとっての自立とは「自分で考えて、行動すること」が大切になります。

自分で考えた結果、ママや周りの人の手伝いが必要なのであれば、手助けをお願いしてもよいのです。自立を目指すからといって、一切手助けせずに突き放す必要はありません。

そもそも、生まれたばかりの赤ちゃんはひとりでは何もできません。成長の過程で少しずつひとりでできることが増えていきます。そのとき、根底にあるのは「ママが近くで見守ってくれている」という安心感や信頼感です。乳児期に親子の基本的な信頼関係を築くことが、その後の自立の支えになりますよ。

自分を認めることができる「自己肯定感」

自立のためには「自己肯定感」の高い子どもに育てることが重要です。自己肯定感とは、自分の価値や存在意義を認める前向きな感情のことです。自己肯定感が高い子どもは、自分に自信を持って行動ができるので、積極的に自立した行動ができる傾向にあるといわれています。

自己肯定感は6歳までの幼児期にその土台が形成されるため、この期間の親子の向き合い方に注意をしたいですね。まずは、誰よりもパパとママが自分を認めてくれる、愛されているという実感を持ってもらうことです。そのためにも、できないことばかりを叱るのではなく、できることを褒めることを意識しましょう。

自分以外に絶対的な味方がいると思えることが、自分を認める第一歩になります。

自分でやってみたいという「意欲」

子育てをしていると、どうしても大人の都合で子どもを急かしてしまったり、本当は自分でできるお着替えなどを手伝ってしまったりということもありますよね。しかし、自分でやってみたいと思ったときにその意欲を尊重することが、子どもの自立につながります。

時間に余裕を持って行動することを心掛けることに加え、「何時にはお家を出ないといけないから、それに間に合うように自分でやってみてね」と声掛けをしてみるのもよいでしょう。

どうしても時間がなくて手伝いをしてしまうときも、「次はもう少し早くから準備したら間に合うかもね。こうやってみたら上手にできるよ」などと、サポートしながらあくまでも子ども主体の行動ができるとよいですね。

子どもの自立を妨げかねない親の言動とは

子どもを叱るルールが定まっていない

子どもの自立を促すために、親として注意したいことにはどのようなことがあるのでしょうか。まずは、子どもを「叱る」ルールについて考えてみる必要があります。

最近では「叱らない育児」を薦める育児本も多く出版されています。しかし、ここでいう「叱らない」とは、感情的に怒ったり子どもの人格を否定したりするような言い方をしないことであり、決して好き放題に甘やかすものではありません。

子どもの要求を聞き入れた方が静かになる、という場面もあると思いますが、そこで要求を聞いてしまうと、普段は叱られることも泣けば聞いてもらえると思ってしまいます。また、叱るルールが定まっていないと、子どもが良いことと悪いことの区別がつかずに混乱してしまうので注意が必要です。

子どもの「できないこと」ばかり怒る

自立したよい子に育てたいと強く思うがゆえに、つい子どもに完璧を求めてしまいたくなるママも多いと思います。しかし、誰もが失敗をしながら成長していき、初めから完璧にこなせる子どもはほとんどいないことを理解しましょう。

「できないこと」を怒るのではなく、以前と比べてできるようになったことを褒めるように意識するとよいですよ。成長のスピードは子どもによって差があるものです。「あの子はできるのにどうしてできないの」などと、同じ年齢のほかの子どもと比べることも避けましょう。

これらの行動は、子どもの自信を失わせる原因になります。成長を認めてもらうことで自信をつけ、次のステップに進むために努力をする原動力にもなりますよ。

ヘリコプターペアレントになっている

「ヘリコプターペアレント」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。これは、頭上を旋回するヘリコプターのように子どもを常に監視してしまう、いわゆる「過保護」な親のことを示す言葉です。

子どもを大切に思うがあまり、失敗を経験させたくないと考え、子どもが考えるよりも先に正解を教えてしまうような行動も、ヘリコプターペアレントによく見られる行動です。ほかにも、徹底して危険を避けるあまり、過度に遊び方を制限することもあるようです。

過保護に育てられた子どもは、自分で考えることができなくなってしまう傾向にあります。ときには失敗を繰り返しながら成長すればよいと、おおらかな気持ちで子どもと接するようにできるとよいですね。

子どもの自主性を育む部屋作りをしよう

子ども部屋は入園をめどに用意する

子ども部屋は、単に子どもの居場所としての役割だけでなく、子どもの自立心を養う意味でも重要な意味を持ちます。子ども部屋は「子どもが自分で管理をするスペース」として機能するのです。

子ども部屋を用意するタイミングとしては、大きく二つのタイミングがあります。まずは、幼稚園入園または保育園での年少進級のタイミングです。この時期には身支度がひとりでできるようになります。子どもの洋服を置き、朝身支度をする場所として、また、帰宅後にかばんなどの自分の荷物を片付ける場所として機能します。

次が、小学校入学のタイミングです。小学生になると、教科書などの学用品も増えてきます。ここでは、自分の持ち物を整理整頓し、管理する場所として子ども部屋が機能します。
82 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC