就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの縦抱きはいつから?縦抱きのメリットや注意すること

赤ちゃんの縦抱きはいつから?縦抱きのメリットや注意すること

赤ちゃんをいつも同じ体勢で抱っこしていると肩こりや腰痛など、ママの身体に負担がかかったり、赤ちゃんが嫌がって泣いたりすることもあり「どうすればいいの?」と悩んでいる方も多いでしょう。ここでは、赤ちゃんを縦に抱っこしてもよい月齢や、注意点などをご紹介します。

縦抱きをしてもよい時期とやり方は?

首がすわる前からしても大丈夫

新生児のころは身体が小さいだけでなく、身体が不安定でふにゃふにゃしているため「抱っこするのがなんだか怖いな」と感じるママは多いかもしれませんね。とくに、赤ちゃんの身体を包み込むように横向きに抱きかかえる横抱きは大丈夫でも、縦向きにするのは不安なママもいるでしょう。

「首がすわるまでは、横に抱っこするやり方しかできないんじゃないの」と思っている方は多いですが、新生児のころからでも、赤ちゃんを縦に抱っこすることができます。おっぱいやミルクのあとに赤ちゃんにげっぷをさせるときも、縦向きのほうがげっぷが出やすくてよいですよね。

抱っこが不安な方は、出産入院中に助産師さんや先輩ママに教えてもらっておくとよいでしょう。

首と身体全体を支えるように抱いてみよう

先ほどは、新生児のころからでも縦に抱っこするのは可能だとご紹介しましたが、やり方を間違えると赤ちゃんにとって危険な行為になってしまいます。首がすわっていない時期は、頭の重さでグランと首が揺れることがあるので、ママの両手で赤ちゃんの全身を支えましょう。

縦抱っこの場合は、片方の手を赤ちゃんの頭に、もう片方を赤ちゃんのお尻の下で支えるようにするのがポイントです。赤ちゃんの身体は筋肉が発達しておらず不安定なので、横に抱っこするときよりもしっかり手で支えることが大切ですね。

不安な場合は、慣れるまでソファやイスに座って抱っこをする練習をするとよいでしょう。慣れてくるとスムーズに抱っこできるようになるので、焦らなくて大丈夫ですよ。

抱っこのときに注意すること

出産してからしばらくのあいだは「ちゃんと抱っこできているよね?」「赤ちゃんに何かあったらどうしよう」など、不安を感じながら赤ちゃんと過ごしているママは多いのではないでしょうか。ここでは、ママの不安が少しでも解消できるように、縦に抱っこするときに注意することをまとめてみました。

・首がすわっていないときに縦に長時間抱っこしたままだと、赤ちゃんの身体に負担がかかるので注意する
・抱き上げるときは手だけでなく、ママの身体から迎えに行くと抱っこしやすい
・赤ちゃんの首がガクンとならないように、ベッドに寝かせるときは赤ちゃんの頭をママの手のひらでしっかり支える

毎日の抱っこはママの身体にも負担がかかるので、やりやすい方法を工夫するとよいですよ。

赤ちゃんを縦抱きにするメリットは多い

目線の違いから機嫌がよくなる

「首がすわっていないころは、横抱っこのほうがいいんじゃないの?」「赤ちゃんは縦抱っこも好きなの?」など、抱っこに様々な疑問を持っているママもいますよね。育児本やネットにも縦に抱き上げる方法は載っているため、どんなメリットがあるのか知りたい方は多いでしょう。

抱っこの姿勢を変えると、赤ちゃんの見る景色が変わりますよね。月齢が低い赤ちゃんはまだ視力が弱く、はっきりと景色を見ることは難しいです。しかし、様々なことを敏感に察知するため、いつもと違う抱っこをしてもらうとご機嫌になる赤ちゃんもたくさんいますよ。

いつもぼんやりと見ている景色や感触が違うことで「いつもと違って楽しい」「ママの感触が違う」など、色々な発見をしているのかもしれませんね。

ママとのスキンシップになる

新生児は筋力や身体の様々な機能が未熟なため、できることが限られていますよね。しかし、ママが24時間つき添っておむつ交換やおっぱいを与えるなど、お世話をこなし愛情を注ぐことで赤ちゃんの身体や心は健やかに成長していくのです。

赤ちゃんは「お腹が空いたよ」「うんちが出たよ」など、様々な欲求をママに泣いて訴えますが「ママに抱っこをしてほしい」と泣くことも多いですよね。赤ちゃんを縦に抱っこすると、赤ちゃんとママとの距離が縮まり身体が密着するので、スキンシップになってよいですよ。

言葉で「大好きだよ」と伝えることも大切ですが、スキンシップは言葉のいらない最大の愛情表現です。赤ちゃんとスキンシップをたくさんとって信頼関係を深めてくださいね。

縦抱きで授乳時の負担軽減

母乳で育てているママは、1日に何回も赤ちゃんを抱っこしておっぱいを与えていることでしょう。とくに月齢が低い赤ちゃんは、おっぱいを吸う力が弱くたくさん飲めない、体力がないのですぐに疲れてしまうなどの理由から、2~3時間おきにおっぱいを与えているママも多いですよね。

横向きの赤ちゃんをおっぱいが飲みやすいように支えると、ママはどうしても猫背になりがちです。毎回同じ体勢で授乳をすると肩こりや腰痛の原因にもなるので、たまには縦抱きでおっぱいを与えてみましょう。

縦抱きだと、背筋を伸ばしたままでも赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらえますよね。ママの手だけでなく太ももを使って赤ちゃんを支えられるので、負担が軽くなりますよ。

赤ちゃんが嫌がるときの理由と対処法

泣いたり暴れてしまう理由

赤ちゃんを抱っこしたときに「大泣きして全然泣きやまない」「暴れるので抱っこするのが大変」など、赤ちゃんへの対応に苦労しているママもいるでしょう。赤ちゃんは言葉を話せないため、不快に感じることがあった場合、泣いたり暴れたりして、全身でママに「イヤ」と訴えます。

抱っこの姿勢が気に入らないときも、赤ちゃんが泣く可能性があります。生まれたときから「この抱っこがいい」と好みがある赤ちゃんだと、いつもと違う姿勢になったときに泣くのでしょう。

ほかにも、暑い寒い、おっぱいがほしい、おむつが汚れているなどの不快感から泣いていることも考えられます。赤ちゃんの気持ちに寄り添って、不機嫌な理由を探してみてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC