就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳の息子がママにべったり!ママっ子対策に効果的な方法とは

3歳の息子がママにべったり!ママっ子対策に効果的な方法とは

3歳ごろの男の子はいつもママにべったりで、ママの服をつかんで離さない子も多いものです。「息子が離れてくれないので、家事がはかどらない」と悩み、イライラしてしまうママもいるでしょう。この記事では、3歳の男の子に自立を促す方法や自立を促すときに注意したい点などを紹介します。

いつまでもママっ子な息子が不安で心配

小さいうちはママっ子になりやすい

3歳は食事や着替えなど自分でできることが増えてくる年齢です。そのため赤ちゃんのときはママにべったりでも、3歳になると、そろそろママから離れてほしいと思うこともあるでしょう。

子どもに「掃除機をかけるから、1人で遊んでいてね」といっても、エプロンの裾を握って離してくれなければ、掃除にも時間がかかってしまいます。また家事が思うように進まなければ、ストレスがたまってイライラしてしまうものです。

個人差はありますが、4歳ごろまではママに依存する子が多く、とくに男の子は甘えん坊です。ママのことが大好きなので、不安がる子を無理に離さないようにしましょう。

甘えたいときにしっかりと甘えることができたという安心感が、自立につながっていくのです。

ママの愛情が子どもの自信につながる

子どもが気が進まないことでも、「応援しているからね!」とママが子どもに声をかけると、はりきって頑張ることもあるでしょう。男の子の多くが、「大好きなママが見守ってくれるなら、苦手なこともチャレンジしてみようかな」という前向きな気持ちになるようです。

そのため男の子に自信を付けさせるためには、ママが子どもにたくさんの愛情を注ぐことが大切といえるでしょう。ただし子どもが自分でできることまで、ママがやってしまわないように気を付けてくださいね。

ママが子どもに寄り添い、応援しながら成長を見守っていくことが大事ですよ。「いつでもママが見ていてくれる」という安心感が、子どもの自信につながっていくでしょう。

成長すれば自然と親離れをする

3歳の自立を始める時期に、いろいろなことを1人でやってくれると、ママは楽かもしれませんが、身の回りのことがすべて自分できるようになるには時間がかかります。

子どもが足にまとわりついて、ママのペースでいかないときは「早く自立してほしい…」と思ってしまうことでしょう。子どもが本格的に自立し始めるのは、小学校4年生くらいといわれていますよ。

4年生ごろになると「友だちと遊びに行くから、ママは来なくても大丈夫だよ」などといわれることもあるでしょう。まだ先のことにはなりますが、子どもが自立して手が離れると、ママは寂しく感じてしまうものです。

子どもは成長すれば自然に親から離れてゆくので、一緒に過ごせる幼少期を楽しみましょう。

息子の自立を促すためのママっ子対策三つ

子どものペースで甘えさせることが大切

自立を始める3歳ごろに甘えすぎるとよくないのでは?と思ってしまうママもいるかもしれませんね。いつまでも、「ママがやって!」といわれると困ってしまうものです。

しかし小さいときに甘えることのできた子のほうが、大人になって自立するといわれていますよ。ママが自分の気持ちを受け止めてくれた安心感は大人になっても覚えているものです。

生活の中で寂しいことがあったときは、精神的に不安定になり、いつも以上にママにべったりになるかもしれません。子どもが不安な気持ちのときはしっかり甘えさせてあげましょう。

子どもが「ママに甘えたい」と思うタイミングで十分甘えることができれば、子どもの自立にもよい影響を与えるといわれていますよ。

息子がやる気を出す言葉を選ぼう

子どもが3歳になると、できることが増えるので「自分のことは自分でしてほしい」という、ママが思う気持ちも強くなりますよね。しかし先ほどもお伝えしたように、まだママに甘えたい気持ちがあるので「ママがやって!」といわれることも多いものです。

男の子はママに対して「かっこいいところを見せたい」と思っていますよ。そのため、例えば「パジャマのボタン、小さくて留めづらいけどできる?」と聞いてみましょう。

「自分でパジャマ、着られるでしょう。自分でやりなさい」という声かけではなく、男の子がやる気の出る言葉をかけると、チャレンジする気持ちになるかもしれませんよ。

自分でできたときは「すごいね!」「さすが3歳だね!」など大げさに褒めるようにしましょう!

ママと離れる時間を作ろう

ママが専業主婦などで、いつも子どもと一緒にいられる場合は、子どもがママにべったりでも問題ないかもしれませんね。しかし、これから保育園や幼稚園に入園する予定がある場合は、少しずつママと離れる時間を作る方がよいでしょう。

休日にパパに子どもを預けてみるのもよい方法だと思います。パパなら、子どもの気持ちをわかっているので、不安や寂しい気持ちを受け止めてくれるでしょう。

また短時間の習い事もママと離れる練習になりますよ。ピアノや水泳、ダンスなどは先生と話したり友だちと体を動かしたりしているうちに時間が過ぎていきます。

少しの時間でもママと離れることができたという自信が、子どもの自立につながっていくでしょう。

ママっ子対策を行う上で注意すべきこと

甘えさせるのと甘やかすのは別

子どもが甘えてくるときは、甘えの種類を見極めることが大切です。子どもを「甘えさせる」ことは大事ですが、「甘やかす」のはいけません。

ママの膝の上に乗ってきたり、「パジャマ、着させて!」といってきたりしたときは甘えさせるように心がけましょう。子どもは甘えることによって、ママの愛情を確認したいと思っていますよ。

「今日はママが着させてあげるけど、明日はがんばってやってみようね」と伝えると、子どもは精神面が落ち着き自立しやすいでしょう。

一方、「お菓子、欲しい!買って!」とワガママをいわれ、すぐに要求を聞き入れるのは「甘やかし」です。子どもは「機嫌を悪くすると、ママがいうことを聞いてくれる」と考えてしまうので気を付けましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC