就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの夜泣きにはハーブティがおすすめ!効果と飲み方について

赤ちゃんの夜泣きにはハーブティがおすすめ!効果と飲み方について

とってもかわいい赤ちゃんですが、夜泣きが続くと睡眠不足になり、体も心もヘトヘト、というママは少なくありません。そこで今回は赤ちゃんの夜泣きに効くハーブティについて、おすすめのハーブティや得られる効果などをわかりやすくご紹介していきたいと思います。

夜泣きにおすすめのハーブティとよい理由

一押しは安眠効果抜群のカモミールティ

カモミールティはリラックス効果があることで有名ですが、実は安眠効果も抜群で、睡眠薬と同じくらい睡眠を促すともいわれています。赤ちゃんが夜泣きをしている状態はとてもリラックスしているとはいい難いため、このリラックス効果が夜泣き対策につながるそうです。

また、カモミールティには消化を促したり、便秘を解消したりといった、胃腸のトラブルを解消にする効果もあります。赤ちゃんは消化があまり上手ではないため、便秘になりやすいですよね。そうするとお腹が苦しくなって夜泣きをしてしまうこともあるのです。

これらのことから、夜泣きにはカモミールティがよいといわれています。もちろんノンカフェインですので、授乳中でも安心して飲むことができますよ。

海外では歴史のある夜泣き対策ハーブティ

カモミールティは海外では夜泣き対策として歴史があり、特にヨーロッパでは赤ちゃんの夜泣きにカモミールを与えるのが常識です。カモミールは、「マザーリーフ(母の薬草)」とも呼ばれていて、赤ちゃんでも安心して飲むことができます。そのため、ドイツでは新生児から、フランスでは生後4カ月から飲ませる習慣があるそうですよ。

また、その安全性や有効性はドイツの厚生労働省にも認められているほどで、ママにとっても赤ちゃんにとっても、優しくて頼もしい存在です。

優しいイメージが強いカモミールですが、実は踏みつけられるほどよく育つ、といわれているほど生命力が強い花です。そのため、「逆境に負けない」という花言葉がついているそうです。

母乳経由でママも赤ちゃんもリラックス

カモミールティのリラックス効果は、ママに効果があるのはもちろん、授乳中であれば母乳をとおして赤ちゃんにも届きます。そのため、赤ちゃんはおっぱいを飲むだけで、直接カモミールティを飲まなくてもリラックス効果を得ることができます。

また、慣れない育児に夜泣きで寝不足が続いてしまうと、気持ちに余裕がなくなってしまったり、落ち込んでしまったりするママは少なくありません。そのため、カモミールティを飲んで気持ちが落ち着くと、その気持ちが赤ちゃんに伝わり、結果的に夜泣きが減った、ということもあるようです。

授乳は赤ちゃんとの大事なスキンシップの時間なので、カモミールティを飲むことでより素敵な時間にしてくださいね。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

赤ちゃんに飲ませるときの注意点

離乳食をしっかり食べる1歳前後から

先ほどドイツでは新生児から、フランスでは生後4カ月から飲ませるとご紹介しましたが、日本ではどうなのでしょうか。

実は日本には明確な基準はありません。しかし、離乳食をしっかり食べる1歳前後から飲ませ始めることが一般的なようです。1歳に満たない場合、まだまだ体の消化機能が完全ではありませんし、カモミール以外のハーブがブレンドされている場合、赤ちゃんにとってよくない影響が出てしまうことがあるため、注意が必要です。夜泣きがひどいからといって赤ちゃんが小さいうちは無理にカモミールティを飲ませる必要はありませんよ。

また、1歳前後になればコップで飲むことができるようになるため、簡単に飲ませることができて、ママの手間が省けますよ。

大人用より少し薄めておくことが大事

カモミールの花の香りはリンゴに似ていて、「カモミール」という名前の語源は「大地のリンゴ」という意味のギリシャ語から来ているそうです。も甘い香りや癖の少なさから比較的飲みやすいのですが、赤ちゃんも1歳前後になると、味の好みが出てきます。

また、濃いカモミールティには苦味があります。そのため、赤ちゃんに飲ませる場合は、大人が飲むときより3倍くらい薄めて与えるようにしましょう。商品によっては赤ちゃんでも飲めるカモミールティもあるため、そのようなものを選ぶとより飲ませやすいかもしれません。

カモミールティをお湯で煎れることが多いと思いますが、赤ちゃんに飲ませるときは、ヤケドをしないよう必ず人肌程度に冷ましてくださいね。

飲むのを嫌がるならミルクを入れてみて

もし赤ちゃんがあまり飲んでくれない場合は、ちょい足ししてあげるとぐっと飲みやすくなります。

特におすすめなものがホットミルクです。飲みやすいのはもちろん、牛乳そのものにも安眠効果があるため、ミルクティにすることで、夜泣きせずぐっすり寝てくれます。

また、牛乳以外にも三温糖やオリゴ糖などの甘みをプラスしたり、りんごジュースやオレンジジュースなど、果汁100%のジュースで割ったりすると、比較的飲みやすくなりますよ。

はちみつはカモミールティと相性がよく、少し足すだけで甘さが引き立ちますが、1歳未満の赤ちゃんに与えると「乳児ボツリヌス症」を発症してしまうことがあります。はちみつを足す場合は、必ず1歳を過ぎてからにしてくださいね。

安眠効果だけでない!万能カモミールの効能

夜泣きだけでなく便秘や風邪予防にも効果的

実はカモミールには「ジャーマンカモミール(一年草)」と「ローマンカモミール(多年草)」の2種類があるのですが、ローマンカモミールには少し苦味があるため、普段飲んでいるカモミールティのほとんどはジャーマンカモミールを使っています。

ジャーマンカモミールの主要成分は「カマズレン(アズレン)」という成分なのですが、カマズレンには胃の粘膜を補修したり、消化を活発にしたりする効果があります。そのため、胃腸の調子を整え、赤ちゃんがなりやすい便秘を解消してくれます。

また、免疫力を高める作用や抗菌作用、抗炎症作用もあるため、風邪をはじめとした感染症を予防する効果や、喉の痛みといった風邪の初期症状を緩和する効果もあります。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事