就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

小学校入学前に身につけたい生活習慣。必要な力や今すぐ始めたいこと

小学校入学前に身につけたい生活習慣。必要な力や今すぐ始めたいこと

小学校入学を控えて、徐々にひらがなや数字の勉強をし始めている、というご家庭も多いと思います。もちろん勉強も大切なことですが、入学前に身につけておきたい生活習慣もたくさんあります。そこで今回は、交通ルールやマナー、基本的な生活習慣など、就学前に身につけておきたい、今すぐに始めたいことを紹介していきます。

小学校入学前に身を守るすべを身につけよう

交通ルールを覚え、守ることの大切さを知る

幼児期までは、子どもだけで出かけるということは、ほとんどなかったと思います。しかし小学校に入ると子どもだけで登下校する必要があるため、入学前に交通ルールを身につけておくことが、命を守ることにつながります。

【身につけたい交通ルール】
・信号の見方
・道路の歩き方
・横断歩道の渡り方
・信号のない交差点の渡り方
・踏切での注意点

交通ルールはすぐに覚えられるものではありません。普段からママが率先してルールを守り、子どもに教えていきましょう。また、実際の通学路を何度か親子で歩いてみて、危険なポイントを確認しておくとよいですね。

子どもが事故にあうのは自宅の近くが多いといわれています。帰宅するまで気を抜かないよういい聞かせましょう。

身に危険が迫ったときにするべきことを知る

子どもをを狙った恐ろしい事件を知るたび、ママとしてはわが子のことが心配になりますよね。親ができること、子ども自身ができることを知って、防犯意識を高めておきたいですね。

昔からよく、「知らない人について行ってはいけない」といいますが、最近は「知っている人が怖い人だった」という事件も発生しています。「家族以外の人について行くときは、事前にママやパパがついて行っていいといった人だけ」など、家族でルールを確認しておきましょう。

また、通学路やよく遊ぶ場所に人目の少ない危険な場所はないか、周辺に助けを求められる場所(子ども110番の家、コンビニなど)がどこにあるかを、子どもと一緒に確認しておくことをおすすめします。

大切なことは自分から発言できる力をつける

幼稚園や保育園では、先生たちが子ども一人ひとりの様子を丁寧に見てくれます。しかし小学校では1クラスの人数も増え、学業中心の時間になるので、子どもが自分から訴えないと、大切なことでも気づいてもらいにくくなります。

とくに、体調の悪いとき、友達同士のトラブルが起きたとき、忘れ物や無くし物があるときなど、困ったことになったら、先生や両親にしっかりと自分で伝える必要があります。

また、防犯の観点からも、怖いこと、嫌なことがあったときに自分から発言できる力をつけておくことはとても大切です。簡単なことのようにも思えますが、子どもの性格によっては難しいことでもあるので、就学前から練習しておくとよいでしょう。

小学校入学前にできないと困る生活習慣

和式トイレで用を足せるようになろう

小学校では和式トイレが多いというのが実情のようです。しかし、和式トイレで用を足したことがないという子どもは多いのではないでしょうか。入学してから困ることのないように、早めに和式トイレトレーニングを始めておくことをおすすめします。

公園の公衆トイレなどに抵抗がある場合は、デパートなどのきれいそうな和式トイレを探して練習するとよいですね。

【練習時のポイント】
・かかとを付けてしゃがむ
・便器の前方にしゃがむ
・服を汚さないようにおさえる

ちなみに、学校のトイレでうんちをすることに苦手意識をもってしまうと、便意を我慢してしまい、気分が悪くなったり、便秘になってしまったりする危険性があります。おしっこだけでなく、うんちも和式でできるとなおよいでしょう。

準備や着替えをスムーズにしよう

幼稚園や保育園に行く準備や、帰宅後の身支度はどうされていますか?朝は忙しいですし、ついつい手伝ってしまっている、というママも多いと思います。

小学校に入ると、体操服に着替えたり、水着に着替えたりするときに先生が手伝ってくれるということはほとんどないでしょう。身支度は自分でするという習慣を早いうちにつけておいた方が安心です。

幼稚園や保育園では毎日の持ち物がほとんど決まっていると思います。ハンカチや連絡ノート、コップなど、数もさほど多くないので、ぜひ自分で準備させてみてください。帰宅後も、カバンを所定の場所に戻したり、洗濯物をかごに入れたり、できるだけ子ども自身にやらせましょう。幼児期に習慣化させる方が、大きくなってからしつけるよりも比較的楽ですよ。

整理整頓、自分のものは自分で管理しよう

整理整頓ができている子どもは、勉強が得意な子どもになりやすいといいます。身の回りを整理するには、取捨選択したり、使いやすいように工夫したり、勉強にも役立つ脳をたくさん使うからといえそうです。

散らかった部屋、散らかった机では、必要なものが見つからなくなることもあるでしょう。自分のものは自分で管理できるようにしておくことは、将来、大人になってからもスムーズな社会生活を送るための基盤となるはずです。

必ずしも就学前に完璧にできる必要はありません。まずはママが整理整頓を実践することが一番の近道です。きれいになっているときと、散らかっているとき、どちらが過ごしやすいか、子どもに声をかけてみてもよいですね。

小学校入学前の今、すぐにでも始めたいこと

時計を見て行動できるようになろう

算数の勉強という面からも必要ですが、時計が読めるということは、自分で時間の管理ができるということにつながります。漠然と「早くしなさい!」と注意されても、なぜ早くしないといけないのか、根本的に理解できていないので、ママは毎日繰り返し怒ることになるでしょう。

時計を見て行動できるようになれば、「8:00までに朝食を食べ終われば幼稚園バスに間に合う」など、早くするべき具体的な理由が見えてくるので、ママの注意も減ってくるでしょう。

小学校に入ると45分の授業と10分の休み時間を、自分で管理する必要があります。幼児期に時計を読むことは少々難しいので、まだ読めないという場合、今すぐにでも学習を始めることをおすすめします。

挨拶や返事、ごめんをいえるようになろう

社会に出ると、挨拶や返事ができない大人もたくさんいます。しかし挨拶はコミュニケーションの基本です。大人になってからでは手遅れともいえますので、幼児期にしっかりと習慣化させたいですね。

挨拶は生活リズムを作るためにも重要な役割があります。朝起きて、「おはよう!」と言葉を発することで目が覚めますし、友達や先生に挨拶することで「今日も一日楽しく過ごそう!」と思うスイッチになります。

また、「ごめんなさい」や「ありがとう」と恥ずかしがらずにいえるようにしておくと、学校生活がスムーズに送れる手助けになるでしょう。子どもの性格もありますから、無理に大きな声で挨拶することを強要しなくても大丈夫です。まずはパパとママがお手本になるような挨拶をするとよいですね。

人の話を落ち着いて聞けるようになろう

小学校に入ると、1コマ45分の授業が始まります。6歳児にとって、45分間じっとイスに座っているのはとても難しいことです。しかし先生の話を聞き逃してしまうと、授業内容についていけなかったり、忘れ物をしてしまったりと、学校生活に支障が出ることもあります。

お友達の話を聞かずに、自分のことばかり話していると、コミュニケーションをとることがうまくできないかもしれません。好奇心旺盛な子どもは、興味の対象が次々に変わっていきます。もちろん長所でもありますが、学校生活を送る中では、落ち着いて人の話を聞くべきときも出てきます。

また、聞く力を身につけることで、忍耐力や思いやりの心、創造力やコミュニケーション能力などが伸びていくというメリットもあります。

まとめ

子どもが小学校に入ると、身の回りのお世話が大変だった幼児期が終わり、ママの育児もひと段落つくでしょう。子どもが一人でできることが年々増え、徐々に自立し始めます。それは嬉しくもあり、ちょっぴりさみしくもありますね。

勉強や、生活習慣の準備とともに、ママやパパと過ごす時間を大切にすることも、ぜひしてほしいと思います。幼児期に愛情をたっぷり受けることで、これから迎える小学校生活に自信が持てるようになるでしょう。家族みんなで入学準備を楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018