就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの命名は誰がする?祖父母や神社に依頼するポイントや手順

赤ちゃんの命名は誰がする?祖父母や神社に依頼するポイントや手順

命名にかかる費用の目安

神社やお寺に命名を依頼した場合、お礼を用意する必要があります。初穂料などと呼ばれているもので、5,000~10,000円が目安の金額です。

名付けで有名な神社やお寺の場合、ホームページ上などに初穂料の金額が掲載されていることもあるので、チェックしておくとよいでしょう。

神社に渡すときは「初穂料」、お寺や教会に渡すときは「御礼」とのし袋に書きます。また、神様に捧げるお金ということになるので、できるだけ新札を用意しておくことがおすすめです。

赤ちゃんの祈祷も一緒に行う場合は、初穂料と祈祷料を合わせて10,000~30,000円程度を包むのが相場です。あくまで、感謝やお礼の気持ち程度を包むと捉えておくとよいでしょう。

命名をお願いする場合の注意点

神社やお寺に名付けの依頼をする場合、出産後になることが多いので注意しましょう。これは、出生した日時や時間が名付けに影響してくることが要因といわれています。

赤ちゃんの顔を見てから名付けをする神社やお寺もあるため、納得のいく命名をしてもらうためにも、赤ちゃんが生まれたあとに家族揃って出向くようにしましょう。

また、依頼の相談をしに行く前に、パパとママで名前の候補を挙げておいたり、要望を明確にして伝えるとよいですよ。

その上で、両親ともに気に入らない名前が候補に挙がってきた場合は、断っても失礼にあたることはありません。自分たちで考えた名前で命名できるようにしておくなど、しっかりとした事前の準備が重要です。

まとめ

赤ちゃんの名前を考えることは、楽しいこともでもあり、親としての責任を重く感じることでもあります。パパとママが赤ちゃんに贈る最初のプレゼントなので、慎重にじっくりと考えましょう。

命名で祖父母などとトラブルにならないためにも、名前に対する思いや赤ちゃんへの思いなど、夫婦間で足並みを揃えておくことも大切です。

使いたい漢字や音の響き、画数などさまざまな視点から、納得のいく命名ができるよう時間をかけて考えるとよいですよ。出産後14日以内には出生届けを提出し、正式な手続きを済ませましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版