就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夫婦で魅力あふれる長崎旅行へ。すてきな思い出になる旅にしよう

夫婦で魅力あふれる長崎旅行へ。すてきな思い出になる旅にしよう

長崎といえば歴史ある観光地としても人気のエリアですよね。豊かな自然や美味しい名産品にも恵まれ、夫婦水入らずの旅行を思い出に残るものにしてくれるでしょう。この記事では、夫婦で訪れたいおすすめのスポットを歴史、自然景観、ご当地グルメのジャンルに分けてご紹介します。

奥深い長崎の歴史を探索してみよう

幕末に思いを馳せる「亀山社中」周辺

長崎には幕末の偉人・坂本龍馬ゆかりの地がたくさんあります。その中の一つ、日本最初の貿易商社ともいわれる「亀山社中」周辺を散策してみてはいかがでしょうか。坂本龍馬が志士たちとともに駆け抜けたであろう場所を歩いていると、不思議と当時の情景が目に浮かぶかもしれません。

まずは、龍馬像でもおなじみの風頭公園へ行ってみましょう。標高151.9mの高台にあるこちらの公園は、ハタ揚げの名所としても知られています。龍馬像のあるところは展望台になっているので、長崎市内や港を一望できるでしょう。

ほかにも、様々な展示品が並ぶ亀山社中記念館に立ち寄ったり、「龍馬のぶーつ像」に足を入れて記念撮影したりしてもよい思い出になりますね。

鎖国時代の窓口となった「出島」

出島は、鎖国をしていた江戸時代、海外貿易において唯一の窓口として栄えてきました。一時は埋め立てによって姿を消した出島ですが、現在は長崎市のサポートで復元しつつあります。江戸から幕末の時代に思いを馳せて、夫婦で当時の出島を体感してみてはいかがでしょうか。

中島川に架かる「出島表門橋」を渡ると、一気に江戸時代にタイムスリップしたかのような街並みが広がっています。さらに場内に進むと、オランダ商館員の住居や貿易品を保管する蔵など、復元された建物が並んでおり、当時のヨーロッパ貿易がいかに栄えていたかが窺えるでしょう。

中に入ることのできる建物も多く、当時の道具や世界とのつながりを学べたり、遊びを体験したりと充実した時間を過ごせそうですね。

人々の願いが込められた「平和公園」

長崎の歴史を振り返る上で忘れてはならないのは、やはり第二次世界大戦中の原爆投下ではないでしょうか。「平和公園」は修学旅行などで訪れたことのあるママやパパもいるかもしれませんが、大人になってから訪れてみるとまた違った見方ができたり、改めて平和について考えるきっかけになったりするでしょう。

園内を歩いていると、まず目に留まるのが中央に置かれている平和祈念像です。実物は高さ約9.7mもあるので、その迫力に圧倒される人もいるでしょう。

ほかにも、折鶴の塔や長崎の鐘など、恒久平和や冥福を祈って建てられたものがたくさんあります。戦争や原爆について考える機会を持つことで、平和な現代世界に生きていることに感謝をするきっかけとなるのではないでしょうか。

長崎が誇る美しい景色を堪能しよう

縁結びのシンボル「夫婦岩」

車で国道499号線を走っていると、岩と岩の間に綱をかけたひときわ目を引く岩石が見えてきます。長崎市以下宿町にあるこちらの「夫婦岩」は、約4億8000万年前に生成した「野母変はんれい岩複合岩体」といわれています。

海に向かって左が男岩、右が女岩で、男岩と女岩の間からは離島の軍艦島を見ることができます。時間帯によっては岩の間から夕日が海に沈む幻想的な風景も楽しめますよ。縁結びのシンボルとされていることもあり、ぜひ夫婦で訪れたいスポットですね。

近くには、雄大な海を一望できる「権現山展望公園」や、白い砂浜と良質な海水が魅力の「脇岬海水浴場」などの人気スポットもあります。長崎の南端、野母半島を巡るドライブコースで美しい景色を堪能しましょう。

竜宮伝説の残る「和多都美神社」

北方領土と沖縄本島を除いて、日本で3番目に大きい離島「対馬」は、絶景を楽しめる場所として多くの観光客が訪れています。その一つに古くから竜宮伝説が残される「和多都美神社」があります。彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と豊玉姫命(とよたまひめのみこと)が祀られているこちらの神社は、パワースポットとしても人気なので夫婦で訪れてみてはいかがでしょうか。

特徴的なのは、本殿正面の5基の鳥居のうち2基が海中にそびえ立っている点です。干潮時には海の中の鳥居が浮かび上がり、歩いてすべての鳥居を間近で見ることができるでしょう。

本殿への参拝を終えたら、社殿の裏にある遊歩道を散歩してみるのもよいですね。立派な木々に囲まれて森林浴を楽しめるでしょう。

世界三大夜景の輝き「稲佐山」

長崎の夜景は世界三大夜景の一つに選ばれていることをご存知でしょうか?中でも長崎市の「稲佐山」は、「1,000万ドルの夜景」ともいわれるほど美しく魅力的です。子どもがいると夜の外出は難しくなるので、ぜひこの機会に夫婦で夜景を楽しみましょう。

夜景スポットでもある展望台までは、ロープウェイを使って登ることができます。ガラス張りのロープウェイからの絶景も楽しみながら山頂を目指しましょう。展望台からは光り輝く長崎の市街地を望めるほか、角度によって違った魅力を持つ夜景が広がっています。

稲佐山中腹には公園もあり、自然や動物と触れ合えるでしょう。時間があるときはお昼ごろから訪れて、昼と夜の景色の変化を楽しんでもよいですね。
30 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事