就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2人目の教育費が貯まらない?不安を解消する上手な貯め方や注意点

2人目の教育費が貯まらない?不安を解消する上手な貯め方や注意点

「子どもが1人のときは順調に教育費を貯蓄できていたのに、2人目が生まれてからは、なかなか貯蓄が進まなくなってしまった」と悩む方も多いですよね。ここでは、子どもが2人になるとどのような出費が増えてしまうのかや、上手に2人分の教育費を貯蓄する方法などをご紹介します。

2人目教育費についての心配な点

1人目より教育費が貯まりにくい?

子どもが1人のときは、計画的に教育費を貯蓄できていた家庭でも「2人目を出産したとき、1人目と同じように貯蓄をしたいと思っていたのに全然貯蓄ができない」と悩むママも多いのではないでしょうか。

子どもが1人の家庭よりも2人いる家庭のほうが、やはり教育費は貯まりにくいですよね。子どもが1人増えると、食費や光熱費、日用品など、生活に必要なお金の出費が増えてしまいます。

子どもが1人のときは、収入の中から教育費をいくらか貯蓄できていた家庭でも、2人になると自然と出費が多くなるので毎月の支出が増えて、「教育費が今までのように貯まらない」と悩む方もいます。「子どもが2人ほしい」と思っている方は、子どもが1人のときになるべく多く貯蓄を進めておいたほうが安心ですね。

習い事や学費、出費が沢山かかってしまう

最近では水泳やピアノ、公文など、いくつかの習い事に小さいうちから通っている子も多いですよね。中には「週に3~4日は習い事をしている」という子もいます。また、子どもチャレンジなどのお家でできる教材をとっている家庭もあります。

習い事によって月々にかかるお金は違いますが、一つの習い事の月謝が5,000円の場合、四つ習い事をしていると1カ月に20,000円もかかってしまうことになりますよね。子どもが1人ならまだ出せるお金かもしれませんが、子どもが2人になり上の子と同じ習い事をすると、2人で40,000円の出費になります。

また、子どもが2人だと学費を用意するのも大変ですよね。子どもが1人でも学費は1,000万円以上かかるといわれています。

経済的に既にギリギリ。やっていけるか心配

「子どもが2人になり教育費を貯蓄するどころか、経済的にギリギリでこれからやっていけるのか心配」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。「子どもは2人ほしい」「将来のことを考えると、2人いたほうがいいかな」など、子どもを授かることは素敵なことですが家計が苦しくなることも…。

友人の話では、子どもが1人のときはパパの収入で生活できていて、自分のパートのお金を教育費として貯蓄していたそうです。しかし、2人目が生まれてからはパパの収入だけでは生活が厳しくなり、パートのお金も毎月使わなくてはいけなくなったと話してくれました。

子どもは成長するにつれて教育費などの出費が増えるので、小さいうちから経済的にギリギリだとこの先やっていけるのか心配になりますよね。

2人目の教育費の上手な貯め方について

2人目は1人目ほどはかからない

「子どもが1人でも教育費を貯蓄するのに大変なのに、2人目の教育費を準備できるか不安」と、教育費の貯蓄に悩んでいるママも多いですよね。子どもが1人増えると、さまざまなお金が2倍かかると思っている方もいますが、2人目は1人目よりもお金がかからずに済むこともあります。

1人目のときは育児グッズなどを一からすべて揃える必要があるので、それだけでもかなりの出費ですよね。子どもが大学を卒業するまでにかかる養育費は、約1,500万円といわれています。そこに教育費をプラスすると、3,000万円以上のお金がかかってきます。

2人目の場合は上の子の服やおもちゃなどのお下がりが使えることが多いので、上手に節約すれば養育費が約300万円安く済むともいわれます。

自治体の児童手当を活用する

子どもの教育費は幼稚園~高校までを公立、大学だけ私立に通った場合でも、1,000万円以上のお金がかかるといわれています。貯蓄していくことは簡単なことではありませんが、子育てをしていると国から支給されるお金もあるので、上手に活用するとよいですね。

子どもが15歳になるまで定期的に支給されるお金が、児童手当です。児童手当は所得制限がありますが満額支給される家庭では、0~3歳までが毎月15,000円、3~15歳までが毎月10,000円支給されますよ。

児童手当を教育費としてしっかり貯蓄できれば、子ども1人につき200万円くらいのお金が貯められます。「生活費に使いたい」という家庭も多いかもしれませんが、頑張って使わずにいると教育費として貯蓄ができますよ。

貯めどきは、子どもが大学に通う時期まで

子どもが2人いると、子どもが1人の家庭よりもお金がかかるのは確実ですよね。家計に余裕のある月だけ貯蓄するのではなく、子どもが小さいときから計画的に少しずつ貯蓄していくことが大切ですよ。

子どもがいる家庭にはお金を貯めやすい時期と、出費が多くなりお金を貯めにくい時期があります。幼稚園~高校まで公立の進路を選んだ場合は、大学に通う時期までの間あまり教育費がかからないので、大学に通う時期までがお金を貯めやすい時期といえるでしょう。

大学4年間の費用は、私立の文系でも約300~500万円かかりますし、1人暮らしをしなければならない場合は、仕送りをする可能性も高いですよね。かなり高額な出費になる大学に向けて、時間をかけてコツコツ貯蓄しましょう。

2人目の教育費についての注意点

子どもの教育費については公平に

子どもの教育費は、子どもの選択する進路によってかかるお金に違いがありますよね。しかし、子どもが大学に行くまでに貯蓄したい教育費は「1人につきいくら」と公平に貯めていくようにしましょう。

友人の話では、「子どもが大学入学までに、1人につき300万円の貯蓄をする」と、夫婦で話し合い目標額を決めたそうです。目標額を決めることで、毎月いくら貯蓄すればよいのかがしっかり把握できるので、スムーズに貯蓄が進みやすいと話してくれました。

また、子どもが生まれてからすぐに貯蓄をスタートさせる場合、口座を別々にしたほうが途中経過が分かりやすいですよね。「上の子は教育費が貯蓄できたけれど、下の子には準備できていない」ということにならないように、注意しましょう。

2人目の習い事選びは慎重に

最近では、小さいうちから習い事をいくつもしている子が多いですよね。しかし、習い事は毎月月謝がかかってくるものなので、「なんでもやらせてあげたい」という親心も分かりますが、2人目の習い事は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

先輩ママの話では、1人目のときは「子どものやりたい習い事をさせてあげたい」と常に思っていたそうです。1人目の子は英会話、水泳、ダンスを習っていて毎月の月謝が15,000円ほどかかっていたと話してくれました。

2人目が生まれ幼稚園に入る頃「ピアノとバレエを習いたい」とお願いされたそうですが、ピアノとバレエはどちらも月謝が高額だったので、どちらか一つに絞ってもらったそうですよ。

将来のための貯蓄計画をたてよう

子どもを育てていくのにはお金がかかりますが、「教育費が準備できるか心配」というママも多いのではないでしょうか。教育費は子ども1人に、1,000万円以上かかるといわれているので、計画的に貯蓄することが大切ですよね。

友人の話では、1人目の妊娠中からパパと子どもの教育費の貯蓄について話し合っていたそうです。「将来は子どもは2人ほしいね」と話していたので、妊娠中から教育費をコツコツと貯めていたと話してくれました。

早くから貯蓄をスタートさせていたおかげで、1人目が高校生のときには子ども2人分の教育費の目標金額に達成することができたそうですよ。将来子どもは何人ほしいのかや、教育費をどのくらい貯蓄したいのかを夫婦でしっかり話し合いましょう。

まとめ

「子どもが2人いると、教育費が全然貯まらない」と諦めている方も多いかもしれません。しかし、毎月どのくらいのお金が子どもにかかるのかや習い事の選び方など、お金の流れをしっかり把握し工夫して節約をするだけで、少しずつ貯蓄することができますよ。

お金がかかる大学進学までに教育費を貯蓄できるように、妊娠中や子どもが小さいうちから貯蓄をスタートさせましょう。お金の準備ができていれば、安心して子どもに進路を選ばせてあげられますね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018