就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬のパジャマで赤ちゃん快眠!快適アイテムと着せるときのポイント

冬のパジャマで赤ちゃん快眠!快適アイテムと着せるときのポイント

室内でも冷え込む冬の夜、赤ちゃんにどんな格好をさせたらよいか悩みますよね。暖かい布団や毛布を掛けていても、気が付くと蹴飛ばしていて寒そうな姿になっていることも…。この記事では、赤ちゃんが冬に快適に過ごせるおすすめのパジャマや、冬のパジャマを着せるときのポイントなどを紹介します。

赤ちゃんにパジャマを着せるのはいつから?

生後3~4カ月が一つの目安

パジャマについて紹介する前に。そもそも赤ちゃんにはパジャマは必要なのか、いつからパジャマを着せるべきか疑問に思っているママも多いと思います。

新生児期からねんね期にかけては、昼も夜も同じ格好で過ごすことが多いのではないでしょうか。いつからパジャマに着替えさせるか悩むところですが、決まりはありませんので、パパやママが、「そろそろ夜はパジャマに着替えさせようかな」と思ったタイミングで着替えさせてあげてくださいね。

一つの目安といわれているのが、生後3~4カ月頃です。この頃になると、そろそろ生活リズムがつき始めることが多いでしょう。朝起きたら着替えたり、夜お風呂に入って着替えたりすることで、赤ちゃんも生活リズムを認識しやすくなるそうですよ。

外出する機会が増えたら

外出する機会が増えてくる頃も、パジャマを取り入れる一つの目安になります。外に出かける服で寝床に入ることに、なんとなく抵抗を感じることもありますよね。

このころから、出かけるときに着る服と、寝るときに着る服が自然に区別されるようになっていき、パジャマに着替える習慣がついた、というママも多いようですよ。

また、離乳食がスタートすると、食べこぼしなどで服が汚れることが増えてきます。汚してもよいパジャマで離乳食を食べさせてから、外出できる服に着替えさせるようにしているママもいます。

お風呂上りにパジャマに着替えさせて寝る・朝はそのままパジャマを着せておき、午前中の離乳食を食べさせてから服を着替える、というリズムのようですよ。

首がすわって着替えがしやすくなったら

首がすわると、ぐんと着替えがしやすくなりますよね。この頃も、パジャマに着替えて眠る一つの目安といえるでしょう。

新生児の頃から着られる50~60サイズの服は、ほとんどがカバーオールのようなタイプの機能的なものになっていますよね。一方、首がすわる頃に着られるようになる70~80サイズの服になると、上下セパレートのものや、可愛いワンピースなど、おしゃれを楽しめるデザインのものが増えてきます。

ハリのある素材だったり、飾りボタンやフリルなどがついていたりすると、おしゃれな反面、眠るときに着るのには不向きなことがありますよね。おしゃれを楽しむ外出着と、着心地のよい部屋着やパジャマとの区別が自然とついてくることも多いようですよ。

赤ちゃんに快適な冬のパジャマ3選

暖かい「ニットキルト腹巻付きパジャマ」

子どもは、寝ている間に布団を蹴飛ばしてしまうことが多いですよね。睡眠中でも動き回ることも多く、上下セパレートのタイプだとお腹が出てしまうことも。

お腹が冷えないか心配になってしまうときに安心なのが、腹巻付きのパジャマです。脱ぎ着させやすいセパレートのタイプなのですが、ズボンのウエスト部分が腹巻のように長くなっており、お腹をすっぽりと包みこむように履くことができます。

冬には、柔らかく保温性の高いニットキルト地のものを選ぶと、ぽかぽかと暖かくおすすめですよ。通気性もよいので、暖かくしすぎて寝汗をかいてしまったときにも蒸れにくいです。腹巻付きなら、寝相の悪い赤ちゃんでもお腹が出にくいので安心ですね。

小さめサイズもある「キルトカバーオール」

パジャマにおすすめなのが、身体をすっぽりと覆ってくれるカバーオールです。小さめのサイズから売られているので、ねんねの赤ちゃんの部屋着としても大活躍です。

様々な素材のものが販売されており、季節に合わせて選べるのですが、冬場には中綿の入った薄手のキルト生地のものがおすすめです。ユニクロの「キルトカバーオール」は、肌ざわりがよく保温性も高いため、寒い冬のパジャマにぴったりですよ。

動き回るようになり、昼間はセパレートの服を着ている子でも、寝るときには身体全体を包んでくれるカバーオールが活躍してくれます。ねんね期を過ぎても、パジャマとして案外長い間使えるので、カバーオールを購入するときには少し大きめのサイズを選んでもよいかもしれません。

「オーガニックコットンのベビーパジャマ」

デリケートな赤ちゃんの肌にやさしく、ママたちの間で不動の人気を誇るのが、オーガニックコットンのベビーパジャマです。ふんわりとして優しい肌触りのオーガニックコットン100%のパジャマは、季節を問わず使用できるものが多いです。

なかでも、ふっくらとした厚みのある生地のものを選べば、冬でもぽかぽかと暖かく快適に着ることができます。贈り物などでも喜んでもらえそうですね。

冬には空気が乾燥し、皮膚がカサカサとして敏感になってしまい、少しの刺激でもかゆみが出てしまうこともあります。そんなとき、化学物質を使用していない安心素材で、優しい肌触りのオーガニックコットンは、デリケートなお肌にも安心して着せることができますね。

冬のパジャマを着せるときのポイント

冬用肌着と組み合わせて着せてあげよう

どの季節でも、基本的には、肌着+パジャマの組み合わせで着せてあげるとよいでしょう。季節に応じた肌着が販売されていますので、店頭で確認してみてください。冬用であれば、少し厚手で保温性のある肌着が並んでいると思います。

冬であっても、寝ている間は汗をかきます。とくに新陳代謝のよい赤ちゃんは、大人以上に汗っかき。汗をしっかり吸い取ってくれる肌着を選ぶようにしましょう。

綿100%などの肌触りのよい冬用肌着を着せ、その上に、保温性の高いパジャマを着せてあげれば快適に眠ってくれることでしょう。寒いからとあまり重ね着させすぎると、体温調節がうまくできず、よくないといわれていますので気を付けてあげてくださいね。

腹巻付きパジャマは寝冷え防止によい

冬にとくに心配なのが、寝冷えですよね。

暖かくして寝かせたつもりでも、気が付いたら布団を蹴っていたり、暑くなってきて自分で布団をはいでしまっていたりすることもあります。寝相が悪く、部屋の端から端までゴロゴロと移動してしまう子もいますよね。

寝冷え対策に効果的なのは、とにかくお腹を冷やさないことです。パパやママも、布団を掛けると暑いなと感じるときでもお腹だけは布団やタオルケットを掛けている、ということが多いのではないでしょうか。

赤ちゃんは、お腹だけ掛けるといった器用なことがなかなかできません。そのため、腹巻付きのパジャマなどでお腹を冷やさないようにしてあげましょう。もちろん、昔ながらの腹巻をパジャマに重ねるのでも充分です。

スリーパーなどのアイテムも取り入れてみて

真冬の本格的な寒さになってくると、肌着+パジャマだけでは寒そうと感じてきますよね。そんなときは、スリーパーなどを重ね着するというのも一つの手です。

スリーパーというのは、足首くらいまでの丈があるベストのようなもので、手足での体温調節を妨げることなく、体幹部分を温かくしてくれるという優れものです。布団からはみ出してしまっても、身体はスリーパーで暖かく保温されているので安心です。

厚みで背中がモコモコして寝づらいのでは?寝汗がたまるのでは?といった心配に備えて、背中がメッシュになったタイプもあります。ふんわりと暖かい多重ガーゼ素材や、フリースの素材なども人気です。お子さんに合うものをチェックしてみてくださいね。

まとめ

赤ちゃんが冬に快適に眠れるためのパジャマの選び方を紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか。

大人よりも体温が高く、新陳代謝のよい赤ちゃん。大人と同じように着せて同じように布団を掛けていると、汗をたっぷりかいてしまうこともあります。とはいえ、薄着にしていて手足がひんやり冷たくなっていると、寒くないかと心配になってしまいますよね。

赤ちゃんの様子を見ながら、着せ方や布団のかけ方を調節し、快適に眠れるようにいろいろと工夫してみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018