就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもにも使えるダイソーの踏み台が優秀!評判と使い道について

子どもにも使えるダイソーの踏み台が優秀!評判と使い道について

子ども用の踏み台って実際何に使えるの?

子どもはトイレや洗面所の踏み台として

子どもが大人と同じトイレを使うには、いくつか工夫しなければならない点がありますよね。便座の大きさの問題は子ども用の補助便座を使うことで解消されますが、座ったときに足が宙に浮いている状態では子どもも落ち着かないでしょう。

そこでおすすめなのが踏み台です。ダイソーには様々な大きさの踏み台があるので、子どもの成長に合わせてサイズを選びましょう。足置きにする場合は、高さが足りないこともあるかもしれません。そのようなときは厚い雑誌などで調節するとよいですよ。

また、洗面所で手を洗うときの踏み台としても使えるでしょう。蛇口に手が届きやすい高さに調節して、子どもが積極的に手を洗いに行ってくれるとママも助かりますね。

大人はダイエットやレジャーに使える!

ダイソーの折りたたみ椅子は、大きいほうだと耐荷重量が80kgあるので、これを使って踏み台昇降に挑戦してみてはいかがでしょうか。運動不足の解消やダイエットにもなるでしょう。子どもが小さいと、なかなか外で運動をするのは難しいので、室内で手軽に運動できるアイテムはママにとっても嬉しいですね。

折りたたみ式のものは外出時に便利です。パパが釣り好きという家庭では、釣りをするときの腰掛けとしても使えます。

また、花火大会やスポーツ観戦など、立ったまま参加するイベントではママも子どもも疲れてしまいますよね。そのようなときにも、さっと組み立てて座ることができれば、より楽しくイベントを満喫できるでしょう。

耐荷重をチェックして安全に使用しよう

前述のとおり、ダイソーの子ども用踏み台や小さいほうの折りたたみ椅子は、耐荷重量50kgです。小さな子どもが使うには十分な耐久性ですが、大人が使うときは耐荷重量を超えていないことを確認してから使うようにしましょう。

50kgを少し超えたからといってすぐに壊れるわけではありませんが、ホームセンターなどの商品に比べると、100円ショップのものは安全基準が甘い可能性も考えられます。

また、踏み台の端に偏って体重を掛けると転倒の恐れもあるので、足は天板の中央に乗せるようにしましょう。少しでも破損している場合には、そこから折れることもあります。使用する前にはその都度点検するようにして、安全に使いましょう。

まとめ

ここまで、セリアやキャンドゥの踏み台と比較してダイソーの商品を見てきましたが、ダイソーは種類豊富な点が強みのようですね。価格にも200~400円(税別)と幅があります。ホームセンターや子ども用品店でも、類似商品は販売されていますが、価格を見るとやはりダイソーは安いです。

子どもが大きくなるまでの数年間だけの使用や、レジャーのときだけ使うという場合には、100円ショップの踏み台でも十分活躍するでしょう。使う状況に合わせてアイテムを選び、安全に使いたいですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版