就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児期の赤ちゃんを安心させる抱き方は?コツや注意点をご紹介

新生児期の赤ちゃんを安心させる抱き方は?コツや注意点をご紹介

はじめて子育てをするママにとって赤ちゃんを抱っこするだけでも、「怖い」「不安」「どうしていいかわからない」と悩んでしまうこともあるでしょう。赤ちゃんを安心させられる抱っこのコツを知りたいと思いませんか。ここでは、基本の抱き方やコツ、注意点なども含めてご紹介します。

目次

新生児の抱き方を覚えよう!基本は2種類

首がすわるまでの「横抱き」

赤ちゃんの首がすわるまでのあいだ、基本的には横抱きをすることが多くなるでしょう。正しく抱っこすることでママの手首や腕への負担、赤ちゃんの首や体への不安を少なくしてくださいね。ここで、横抱きの方法をご紹介します。

1.赤ちゃんの頭と首の下に片手を入れ、手のひら全体で頭と首を支えます。
2.股のあいだから、おしりの下にもう片方の手を入れ、背中とおしりを支えます。
3.首がグラグラしないようにしっかりと支えて、ゆっくりと抱き上げます。
4.頭と首を支えている手をずらして、赤ちゃんの頭と首をママの腕で支えます。
5.おしりを支えているほうの手で赤ちゃんをしっかりと支えて、ママの体に引き寄せて密着させます。

主にゲップをさせるときの「縦抱き」

母乳やミルクを飲んだあと、赤ちゃんがスムーズにゲップができるようによくやる抱っこの方法が縦抱きです。また、ゲップのとき以外でも、ときどき縦抱きをして、首がすわってからの縦抱きに慣れさせておきましょう。ここで、縦抱きの方法をご紹介します。

1.赤ちゃんの両脇から下に手を入れます。親指は上に出し、ほかの指は背中側に入れてください。
2.頭と首を支えて抱き上げます。ママから体が離れないように引き寄せてください。
3.片手をずらして、腕全体で赤ちゃんの背中とおしりを支えます。
4.3でずらした手をさらにずらして、片腕に赤ちゃんを座らせるように支えましょう。
5.ママの肩に赤ちゃんの顔を乗せるような感じで抱き寄せて、頭と首を支えます。

赤ちゃんをいっぱい抱いてあげましょう

生まれたばかりの赤ちゃんは自分で思うように動けず、寝返りもできないので、いっぱい抱いてあげましょう。とくに、ママの抱っこは、お腹のなかにいたときのような心拍を感じて心地よいかもしれません。

抱っこは、赤ちゃんとママがコミュニケーションをとるための一つの方法でもあります。赤ちゃんは、泣くことでママに「おしっこで濡れたおむつが気持ち悪い」「お腹がすいた」などの意思を伝えようとしていますので、泣いているときはあまり長い時間放っておかずに、抱っこして気持ちを汲み取ってあげてください。

また、抱っこしながら起きているときは、たくさん話しかけて、赤ちゃんとの時間を楽しみましょう。いっぱい抱くためには、ママの腕や腰に負担のかからない抱き方をすることが大切です。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

新生児を抱くときに気を付けることとは?

約40週お腹にいた赤ちゃんの気持ち

新生児は生まれたばかりで、外の環境にまだまだ慣れていない時期です。そのため、さまざまなことを理由に泣いてしまうことも多いでしょう。約40週もの長い間、ママのお腹のなかにいた赤ちゃんの気持ちを考えて、泣いている原因に気づいてあげてください。

たとえば、ミルクをあげても、おむつを替えても、抱っこしても泣きやまないときには、赤ちゃんがママのお腹のなかにいたときのような環境に近づけてみるのはいかがでしょうか。

抱っこでママの体に近づけて心音を聴かせてあげたり、ゆっくり揺らしてあげたりと、お腹のなかで過ごしていたときのような環境にしてあげることで、泣きやんでくれることもありますよ。

言葉で伝えられないので、いろいろ試して赤ちゃんの気持ちに寄り添いましょう。

赤ちゃんの頭蓋骨はくっついていない

生まれたばかりの赤ちゃんは、頭蓋骨が完全にくっついていないのをご存知でしょうか。赤ちゃんの頭蓋骨は、産道を通るときには重なって縮まり、その後脳の成長に合わせて大きくなれるように、いくつかの骨で形成されているからです。

とくに、おでこの上のほうには大泉門といわれる骨と骨の隙間があり、押さえると少しへこみますので、すぐに気づくことができますよ。また、後頭部にも隙間があり小泉門といわれています。

脈に合わせて頭皮がペコペコと動く子もいます。はじめて見るママはびっくりするかもしれませんが、健康な証なので安心してください。多くの赤ちゃんは、生後10カ月頃から小さくなりはじめ、2歳頃には塞がって分からなくなります。

抱き上げるときおろすときのスピードに注意

赤ちゃんを抱き上げるときや、おろすときはスピードに注意してください。とくに、新生児はまだ視力がはっきりとしていませんので、外からの刺激に敏感で、すぐに起きてしまいます。

ベッドから抱き上げるときは、手だけで持ち上げずに、できれば赤ちゃんにママの体を密着させながら、ゆっくりと抱き上げましょう。

おろすときも、ママの体に密着させながら、ゆっくりとベッドにおろし、おろしたあともしばらくは赤ちゃんから離れないようにしてください。

抱き上げるときより、おろすときのほうが、起きて泣いてしまう赤ちゃんが多いですが、しばらくママが近くにいることが分かると落ち着きますので、完全に落ち着いてから離れるようにしてください。

新生児を抱く前にしておくこととは?

赤ちゃんの様子を観察する

赤ちゃんが泣いているときは、だいたいお腹がすいているか、おむつが気持ち悪いか、眠たいかなどのときが多く、それらを解消することで泣きやんでくれますよね。それでも、泣きやまないときがあります。また、泣いていないのに、ときどき足を激しく動かしたり、手を動かしたり、表情を変えたりしているときなどは、どのように対処すればよいのでしょうか。

これは起きているときに限らず、寝ているときでもあることで、はじめての子育てだと「なにか苦しいのかな」「なんだか不機嫌だな」など、どうしてほしいのか分かってあげることがむずかしいかもしれません。

赤ちゃんが手や足を動かしたり、なにかを嫌がったり怒ったりしているような表情をしたりしているときは、下記のようなことも理由ではないか考えてみてください。

・ゲップが出にくい
・うんちをしようともがいている
・抱っこしてほしい
・眠たくなってきた
・体が勝手に動いているだけ

ほかにも、さまざまな理由があるかもしれませんので、赤ちゃんの様子をしっかりと観察して、なにをしてほしいのか察してあげましょう。
64 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC