就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが寝る前に泣くのはなぜ?困ったら試してほしいコツと対策

赤ちゃんが寝る前に泣くのはなぜ?困ったら試してほしいコツと対策

毎日の赤ちゃんの寝かしつけのときに、泣いてしまって寝てくれない…なんてことはありませんか?赤ちゃんの寝かしつけ中にぐずりが始まってしまうと、なかなか寝てくれないのでママも困ってしまいますよね。今回は、赤ちゃんの泣く原因や寝かしつけのコツ、寝る前のぐずりの対策などをご紹介していきます。

赤ちゃんが寝る前に泣く原因は?

眠いけど眠れない、まだ遊びたい

赤ちゃんは、寝る前に遊び足りないと急に泣きだしてしまうことがあります。寝る時間だからといって遊びたい赤ちゃんを無理やり寝かせるのはとても大変です。

赤ちゃんの寝かしつけの前に音のなるおもちゃで遊んだり、興奮した遊びをしたりすることは避けましょう。遊ぶことが楽しくなってしまうと、赤ちゃんはなかなか眠れなくなってしまいます。

寝る前は、赤ちゃんを興奮させないようにするのをおすすめします。絵本を読んであげたり、お話をしてあげたりと赤ちゃんとママが一緒にリラックスする時間を作ることで赤ちゃんも安心しますよ。

赤ちゃんとママが寝る前に落ち着いて過ごすことで、赤ちゃんのぐずりも少なくなるはずです。まずは、落ち着いた環境を作りましょう。

光や音などの刺激になるものがある

家の中の光や音も、赤ちゃんの寝かしつけに影響があることはご存知ですか?赤ちゃんは、デリケートなので、光や音にとても敏感です。

寝かしつけのときに音や光があると、赤ちゃんを刺激してしまい、寝ぐずりが始まる原因となります。赤ちゃんを寝かせようとするときは、部屋の明かりやテレビを消して、静かな環境にすることをおすすめします。

カーテンのすき間から差し込むちょっとした光や、家の外から聞こえる車のエンジン音などにも反応してしまうこともあるので、赤ちゃんを寝かしつける部屋は、なるべく外からの光が入らない、音が聞こえない部屋で寝かせてあげましょう。

音や光などの刺激をなくすことで、赤ちゃんのぐずりも少なくなりますよ。

ママのイライラが伝わってしまう

赤ちゃんの寝ぐずりには、ママのイライラも関係していることがあります。赤ちゃんを早く寝かしつけたい気持ちや、ほかにやることがたくさんあってイライラしてしまうと、赤ちゃんにイライラが伝わって、寝る前のぐずりの元になることもあります。

ママがゆったりとした気持ちで赤ちゃんをお世話することが、赤ちゃんの安心にもつながりますよ。ママも一日のどこかで息抜きする時間を作るようにし、イライラを解消するようにしましょう。

ママが楽しみながら赤ちゃんのお世話をすると、赤ちゃんも安心して寝ることができますよ。育児はひとりで抱え込まずに、家族や周りに頼って、ママが赤ちゃんのお世話を楽しくできる環境を作っていきましょう。

赤ちゃんが気持ちよく寝るためにできること

おっぱいやミルクは足りているか確認

赤ちゃんが気持ちよく寝られるように、赤ちゃんのお腹が満たされているか確認しましょう。赤ちゃんは、お腹が空いていると安心して寝ることができません。

寝る前のミルクや授乳を忘れずにしましょう。寝る前のミルクが足りないと、赤ちゃんはぐずりだすかもしれません。

赤ちゃんが満足するくらいのおっぱいやミルクをあげることをおすすめします。赤ちゃんのお腹が満たされると赤ちゃんも安心して寝ることができますよ。

ミルクの場合は、赤ちゃんの飲んだミルクの量が分かりますが、母乳の場合は満足のいくミルクの量か分からないときもありますよね。赤ちゃんが寝る前のぐずりがあるときは、赤ちゃんのお腹が空いている可能性もあることを頭に入れてお世話をしましょう。

おむつは快適な状態になっているか

赤ちゃんのおむつの状態も確認してあげましょう。赤ちゃんのおむつが濡れていて気持ち悪い状態だと、赤ちゃんは安心して寝ることができません。

赤ちゃんが寝るときは、おむつはきれいで快適な状態にしましょう。おむつをそのまま放っておくと、おむつがおしっこでパンパンになってしまい、赤ちゃんもおむつをしていることを不快に感じてぐずりだしてしまいます。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、汚れたおむつをそのままにしておくと肌荒れしてしまいます。赤ちゃんが快適に過ごせるように、おむつは常に清潔な状態にしてあげましょう。

また、赤ちゃんのおむつは、汚れたらこまめに替えるのをおすすめします。おむつが快適だと赤ちゃんも気持ちよく眠れますよ。

ねんねのサインを見逃さない

赤ちゃんには寝るときのサインがあるのはご存知ですか?赤ちゃんは眠くなってくると、あくびをしたり口の周りに手をあてたり、手足がいつもより温かくなって、頭を反らせる体制をしたりします。これがねんねのサインです。

最初は、うとうとと目をとじ始め、ときどき、からだがびくっとしたりしますが、だんだんと深い眠りになるはずです。

しかし、始めは眠りが浅いので、少しの振動でも起きてしまう場合があります。寝息が深く一定になってから、ベットに優しく寝かせるようにしてあげましょう。

赤ちゃんが出しているねんねのサインを見逃さないようにすると、夜の寝かしつけのときにも赤ちゃんが泣くことなく、スムーズに寝かしつけることができますよ。

今夜から試せる!寝かしつけのコツ

寝る前は静かな環境を整え落ち着けよう

赤ちゃんの寝かしつけをする前に、寝る場所を静かで落ち着ける環境に整えるようにしましょう。

寝る場所に赤ちゃんのおもちゃがたくさんあると、赤ちゃんは気になってしまい寝ることができません。寝かしつけは寝室でするようにしましょう。遊ぶ場所と寝る場所の区別をすることで、赤ちゃんは「今は寝る時間なんだな」とだんだん理解することができるようになるはずです。

寝室では、音も光も消しましょう。静かな環境で赤ちゃんを落ち着かせることによって、赤ちゃんも安心して寝ることができますよ。

赤ちゃん自身が寝る準備が整うと、今まで寝る前に泣いていた赤ちゃんもだんだんと泣くことが少なくなり、自然と眠りに落ちていくはずですよ。

ねんねトレーニングを始めてみる

寝かしつけのときに赤ちゃんがぐずってしまって寝てくれない…。そんなときは、赤ちゃんのねんねトレーニングを始めてみましょう。ねんねトレーニングの目標は、赤ちゃんがひとりで寝ることです。

赤ちゃんの夜の授乳が少なくなったころ始めるのがおすすめですよ。初めは赤ちゃんが泣くと、抱っこしたくなりますが、赤ちゃんが眠りにつくまで、泣いてもすぐには抱っこしないで肩をたたいてあげたり、背中をさすってあげたりしましょう。

寝入る前に布団に寝かせてひとりで寝る習慣をつけていきます。繰り返し毎日、ねんねトレーニングをすることで赤ちゃんはだんだんとひとりで眠るようになっていきますよ。

焦らないでゆっくりとトレーニングは進めましょう。

日中の過ごし方を見直してみる

寝る前に赤ちゃんがぐずってしまうのは、日中の過ごし方が原因かもしれません。人のからだには、眠るリズムや体温をコントロールする体内時計があります。

赤ちゃんにも体内時計はありますが、コントロールする力は未熟で定まっていません。朝遅くまで寝ていたり、夜寝る時間が日によって違ったり、明るい部屋でテレビの音があるなかでつねに過ごしていたりすると、赤ちゃんの体内時計はくるってしまいます。

しかも、赤ちゃんの眠りは大人よりも浅いので、寝たくても寝られないとぐずぐずと泣き出してしまうことになりかねません。

まずは、赤ちゃんの日中の生活の見直しから始めましょう。早寝早起きから試していくのをおすすめします。

まとめ

赤ちゃんが寝る前に泣くとママは毎日大変ですよね。寝かしつけのぐずりを解消するためにも、赤ちゃんの生活リズムを整えることから始めましょう。

早寝早起きの生活のリズムと、昼間と夜の区別ができるようになれば、赤ちゃんの寝る前のぐずりが減るはずです。赤ちゃんがぐずることなくスムーズに寝ることができるようになると、赤ちゃんの寝かしつけが楽になりますよ。

赤ちゃんのお世話の負担が少しでも軽くなるように、今回の記事が悩めるママの参考になれば嬉しいです。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018