就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どものお遊戯会に行こう!気になる衣装や髪型、撮影方法を紹介

子どものお遊戯会に行こう!気になる衣装や髪型、撮影方法を紹介

前方席を確保することが撮影成功のカギ

お遊戯会での撮影を成功させるためには、前方席を確保することがカギとなります。真正面であれば顔をきちんとカメラにおさめられるため無難ではありますが、横顔などはなかなか撮ることができません。そのため、横顔や演技の動きなど、さまざまな表情や動きを撮ることができる舞台端がおすすめですよ。

一度席を決めてしまえばもうそこから動くことはできません。最前列であれば床に直接座りながら撮影しなければなりませんし、最後列であれば立ち見ですが、ビデオカメラを回すこともできます。そのため、あらかじめどんな写真を撮りたいかなどを考えたうえで席を確保するとよいでしょう。また、限られた場所に多くの保護者たちが集まりますので、動き回りながらの撮影は控えましょう。

お遊戯会までの過程も撮影する

お遊戯会の撮影、と聞くと舞台の上で繰り広げられる出し物を撮るイメージが強いですが、お遊戯会までの過程も大切な思い出です。そのため、舞台以外の様子もしっかり撮影しておくことをおすすめします。

例えば、ママが衣装や小物を作っている姿や、子どもが衣装を家で試着している姿、子どもが家で出し物の練習をしている姿、家族みんなでお遊戯会に向かう道中、お遊戯会当日の朝の様子などを写真におさめておきましょう。そうすることで、将来子どもと一緒にアルバムを見返した際に、さまざまな思い出話を子どもに聞かせてあげることができます。

また、お遊戯会の看板や飾りつけも、できれば子どもと一緒に写真におさめておくと、より思い出深くなりますよ。

まとめ

いかがでしたか?衣装作りのポイントや写真撮影のコツなどがわかり、少し安心していただけたのではないでしょうか。

お遊戯会は子どものために衣装を作ったり、いつもと違うヘアアレンジをしなければならなかったりするため、ママの苦労がとにかく多いイベントですよね。しかし、その分思い出深いイベントともいうことができます。

そのため、子どものかわいい姿を上手にカメラに撮り納めることで、後から大切な思い出として家族みんなで振り返ることができるといいですね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND