就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

うまく手抜きしながら育児するコツ!全部完璧にこなさなくても大丈夫

うまく手抜きしながら育児するコツ!全部完璧にこなさなくても大丈夫

家事に育児に仕事、すべてに完璧を求めてプレッシャーを抱えてしまうママは少なくありません。プレッシャーはストレスとなり、ママを追い詰めてしまいます。そこで今回は、家族みんなが幸せに過ごせるように、家事や育児の上手な手抜き術をご紹介していきます。肩の力を抜いてみませんか?

理想のママ像に振り回されないために

理想のママをこなすための作業量と現実

「子どもを持つ母親ならこうあるべき」という情報に触れるたびに、自分自身に重いプレッシャーを与えてしまっていませんか?

たとえば、「粉ミルクではなく母乳で育てましょう」「紙おむつよりも布おむつを使いましょう」「育児日記を毎日つけましょう」「毎日絵本の読み聞かせをしましょう」など、育児における理想のあり方はさまざまです。

こうした理想像をすべて完璧にこなしているママはどれだけいるのでしょうか?どれも無理せず取り入れられるのであればよいですが、理想像を追い求めすぎて辛くなってしまうママがほとんどではないでしょうか?

結果的に余裕をなくして「理想的な子育てができない私はダメな母親だ」と自分を責めてつらい状態に陥ってしまいます。

楽をするのは悪いことではない

ママが「手抜きをすること」や「楽をすること」というのは、なんだか「絶対的に悪いこと」のように思えてしまうのはなぜでしょうか?それは、前述のように育児の理想論がママたちにプレッシャーを与えている結果といえるでしょう。

けれど、家事や育児においてママが楽をすることは一概に悪いことではありません。必要なところはしっかりと手をかけて、簡略化できるところは上手に手を抜く。そうすることで、ママの体力や精神的な面で余裕ができますね。

余裕があればイライラすることも少なくなるでしょう。結果的に、子どもやパパにも優しく接することができるようになり、ママも含めて家族みんなにとって嬉しい効果をもたらすというわけです。

肩の力を抜いて笑って育児を

理想のママ像を目指してがんばることは、もちろんとても素敵なことです。「こうありたい」という目標に向かって努力する親の姿を子どもに見せることは子どもにとっても学びになるでしょう。

ですが、理想を追求しすぎて無理をし続けてしまうと、それがストレスとなってママに重くのしかかり、やがて限界を迎えてしまいます。場合によっては育児ノイローゼや児童虐待、育児放棄につながってしまうケースもあるでしょう。

「ママはこうあるべき」という理想像に振り回されては本末転倒です。理想を追い求めすぎずにまずは肩の力を抜いて、笑って育児をしながら元気に過ごす「ママ」や「妻」でいてくれることの方が家族にとって幸せなことではないでしょうか?

がんばりすぎない!手抜き育児のコツ

自分に求めるハードルを下げて

理想のママ像を追及してがんばるママの中には「完璧主義」のママが多いです。けれど、子育てというのは計画通りにはいかないことがほとんどで、この理想通りにいかない現実は完璧主義のママにとって大きなストレスとなってしまいます。

そこで、まずは自分に求めるハードルを下げてみましょう。「今日はこれとこれはやったけれど、あれができなかった」と、できなかった部分に目を向けるのではなく、「これとこれができた!」とできたことに目を向けるのです。

完璧主義のママは自分で自分のハードルを高くしてしまいがちなので、そもそもの家事や育児のハードルを下げることで、「できない」というストレスが減り達成感を感じやすくなります。

省エネ育児で体力の温存を

毎日無理をして完璧なママや妻であろうとするとぐったりと疲れ果ててしまいます。その状態が続くと家事や育児自体が嫌なものに変わって、ママ自身を追い詰めてしまうことに。

そうならないためにも、「省エネ育児」で毎日を乗り切りましょう。省エネ育児というのは、ときには手を抜いてママ自身の体力を温存するための育児法です。

「いつもは全力で子どもの遊びにつきあいつつ、たまにはお医者さんごっこでママは横たわるだけの患者役に徹する」「たまには市販のベビーフードに頼って、離乳食作りにかけていた時間をほかのことに使う」など、省エネ育児のやり方はさまざまです。

子どもの体調不良など、万が一のときには万全に対応できるように体力を温存しておきましょう。

自分のがんばりを認めて休む時間を持とう

ママだって「母親」や「妻」である前に、1人の人間です。つらいときや悲しいときもあるでしょう。ストレスを抱えて負の感情を家族にぶつけたくなってしまうこともあるかもしれません。

そういった場合には、自分ががんばっているということを認めて休む時間を持ってください。パパなどに協力してもらって、自分の趣味に没頭する、たまにはのんびり寝てみる、小一時間でも1人で外出するなど、家事や育児から少し手を離すことができる時間を持つのです。

日頃、ママたちは精一杯働いているのですから、ママが少しくらい休む時間を持つことは決して悪いことではありません。ほんの少し休息できると、「またがんばろう!」ときっと思えるはずですよ。

先輩ママが成功した上手な手抜き術とは

家事を助けてくれる便利な家電の導入

毎日の家事の中でママの負担を軽くするためにおすすめなのが、利便性を求めた家電の導入です。
「ロボット掃除機」「食洗機」「乾燥機付き洗濯機」、この3点はもはや現代の子育てママの三種の神器ともいえます。これらを導入して「本当に助かっている」という先輩ママは多いです。

もちろん、このほかにも便利家電は多数あります。たとえば、掃除機をコードレスにしただけで子どもの食べこぼしに素早く対応できるようになったり、時短調理家電を使えば毎日の食事の支度がグッと楽になったりするでしょう。

ママの助っ人となる便利家電の導入は「手抜き」ではなく、「合理的な家事の効率化」です。空いた時間で子どもともっと遊べるようになりますね。

できることは子どもにやってもらう

ママが上手に手抜きをするためには、子どもにもしっかり協力してもらうことがポイントとなります。そのため、子どもにも自分でできることは自分でやってもらうようにしましょう。

洋服は自分で着替える、脱いだ服は洗濯かごへ入れること、食べ終わったお皿をキッチンへ運ぶことなど成長とともにできることも増えてくるので、子どもに任せられるところは任せてみます。

なんでもママがやってあげる、というスタイルでは自分ではなにもできない子どもになってしまいますし、子どもにとっても「自分でできた」という達成感を味わうことは、自立心を育むことにもつながります。

ママの上手な手抜きと子どもの自立を促す、一石二鳥の方法ですね。

ときには人に頼ることも大切

「母親なのだから」「妻なのだから」と、家事も育児もママが1人で完璧にこなそうとするとやがて無理が生じてしまいます。協力者がいない状況で自分を犠牲にしながら家事や育児を続けるのは辛いことです。

そこで、人に頼れるときには我慢せずに協力をお願いしましょう。パパなど身内なら頼みやすいですが、仕事の都合などで協力体制を整えるのが難しい場合があるかもしれませんね。

そういった場合には近所の人やママ友なども頼ってみましょう。なにかの際にお返しができればよいのです。

また、行政のサポートを積極的に利用するという方法もありますよ。周囲の人を頼ることでママの負担が軽減されればママの笑顔も増え、それが家族の幸せにつながっていくでしょう。

まとめ

「育児も家事も仕事も完璧」という理想のママ像に振り回されて「自分も完璧にこなさなければ」というプレッシャーを抱えるとママ自身がつらくなってしまいます。プレッシャーがストレスとなって、ママから笑顔が消えてしまったら悲しむのは家族です。

まずは自分のがんばりを認めましょう。そして、手をかけられるところは手をかけつつ、手抜きできる部分は手抜きをして、その分を子どもとゆっくり向き合う時間や自分の時間にあてましょう。

ママが余裕を持って笑顔でいられたら、家族も笑顔で過ごせるはずですよ。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR